白川村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しらかわむら
白川村
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
大野郡
団体コード 21604-6
面積 356.55 km²
総人口 1,660
推計人口、2014年1月1日)
人口密度 4.66人/km²
隣接自治体 高山市飛騨市
富山県南砺市
石川県白山市
村の木 ブナ
村の花 白山シャクナゲ
白川村役場
所在地 501-5692
岐阜県大野郡白川村鳩谷517番地
北緯36度16分15.4秒東経136度53分54.8秒
白川村役場
外部リンク 白川村

白川村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
白川郷(荻町)全景
冬の白川郷合掌集落

白川村(しらかわむら)は、岐阜県北西部の大野郡にある。北は富山県、西は石川県に接する山村である。

地理[編集]

白川村は、白山を主峰とする両白山地により石川県と区切られ、北を人形山によって富山県五箇山と区切られている山村である。村の面積の95.7%を山林が占めており、それも急峻なところが多いことが特徴である。山々の間を縫うように庄川が流れ、北に隣接する富山県南砺市へと続いている。庄川沿いのわずかな平坦地に集落が散らばっている。

白川村は日本海側気候で「特別豪雪地帯」であり、このような風土から合掌造りという独特な家屋が生み出された。合掌造り集落は世界遺産に登録されている。白山国立公園の山並みを背景としたその姿は観光資源としても重要である。また庄川の上流には白水湖御母衣湖といったダム湖がある。

岐阜県内にあるが、同じ飛騨地域の高山市へは自動車で往復3時間ほどかかるため、1時間ほどで行ける富山県南砺市との結びつきが強い(現在は東海北陸道の開通により片道50分程度)。1999年には、富山県城端町平村上平村福光町(いずれも現在は南砺市)とともに「南砺広域連合」を結成している。

歴史[編集]

1875年(明治8年)の町村制施行の際に、芦倉村、有家ヶ原村、飯島村、牛首村、内ヶ戸村、大窪村、大牧村、尾神村、荻町村、加須良村、小白川村、木谷村、島村、椿原村、野谷村、鳩谷村、平瀬村、福島村、馬狩村、牧村及び御母衣村が合併してできた。以前より飛騨国の庄川流域は白川郷と呼ばれており、その内「下白川郷」と呼ばれる川下側(北側)が白川村、「上白川郷」と呼ばれる川上側(南側)が荘川村(現:高山市)となった。

飛騨地域の全ての市町村で結成した「飛騨地域合併推進協議会」にも参加していたが、南砺市との結びつきや世界遺産でもある白川郷のイメージを損ねてほしくない、という内外の声もあり2003年に離脱し、単独村制を維持することにした。現在、岐阜県北部の飛騨地域で唯一の町村となっている(その他の町村は合併により高山市・飛騨市下呂市)。

これは合掌造り集落がもたらす観光関連収入により、財政状態が良好であることが大きい。以前から合掌造り集落は観光地として有名であったが、世界遺産登録以降はさらに多くの観光客が訪れるようになった。この盛況ぶりが観光関連収入を生む反面、観光客が合掌造りの家に(中は普通に生活している家にも関わらず)勝手に上がりこみ写真を撮る等のマナーの悪さによる被害が発生したり、合掌集落の住民が勝手に自宅内などでみやげ物屋や駐車場を開設するため、世界遺産登録がいずれ取り消されることになるのではないか(世界遺産はあくまで「保護・保存」が目的であり、「観光地化」はその趣旨に反しうる)、また観光地化により素朴さ・日本の原風景であることが損なわれ魅力が低下しているのではないかという危惧を生んでいる[要出典]

2008年(平成20年)7月、東海北陸自動車道全線開通により、高校生が下宿通学から解放され自宅通学可能になるなど以前に比べてアクセスが容易になった。

気候[編集]

白川村(1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2.9
(37.2)
3.5
(38.3)
7.8
(46)
15.6
(60.1)
21.4
(70.5)
24.7
(76.5)
27.9
(82.2)
29.6
(85.3)
24.8
(76.6)
18.9
(66)
12.7
(54.9)
6.0
(42.8)
16.3
(61.3)
平均最低気温 °C (°F) −4.7
(23.5)
−5.2
(22.6)
−2.5
(27.5)
2.7
(36.9)
8.3
(46.9)
13.8
(56.8)
18.1
(64.6)
19.0
(66.2)
15.0
(59)
8.2
(46.8)
2.3
(36.1)
−2.0
(28.4)
6.1
(43)
降水量 mm (inch) 275.1
(10.831)
213.3
(8.398)
195.0
(7.677)
143.1
(5.634)
139.9
(5.508)
203.5
(8.012)
280.4
(11.039)
165.1
(6.5)
223.1
(8.783)
148.3
(5.839)
200.5
(7.894)
249.8
(9.835)
2,437.1
(95.95)
降雪量 cm (inch) 356
(140.2)
271
(106.7)
162
(63.8)
23
(9.1)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
23
(9.1)
212
(83.5)
1,055
(415.4)
平均月間日照時間 54.7 76.2 116.0 163.3 177.8 145.6 148.3 171.6 118.0 112.9 83.4 61.6 1,426.7
出典: 気象庁[1]

人口[編集]

Demography21604.svg
白川村と全国の年齢別人口分布(2005年) 白川村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 白川村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
白川村(に該当する地域)の人口の推移
1970年 2,525人
1975年 2,265人
1980年 2,132人
1985年 2,001人
1990年 1,892人
1995年 1,893人
2000年 2,151人
2005年 1,983人
2010年 1,733人
総務省統計局 国勢調査より

村長[編集]

  • 成原茂 (2011年 -)
  • 谷口尚(1999年4月26日 - 2011年)

姉妹都市[編集]

友好都市[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

  • 白川中学校

小学校[編集]

  • 白川小学校
  • 平瀬小学校

交通[編集]

交通は道路のみ。下記のバス会社の運行する路線バスが村へのアクセス手段であり、村民の足となっている。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

白川村が舞台となっている作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2013年10月28日閲覧。
  2. ^ 旧遠山家住宅(岐阜県大野郡白川村)”. 文化庁. 2012年4月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]