焼岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
焼岳
Yakedake01s2010.jpg
大正池と焼岳
標高 2,455[1] m
所在地 日本の旗 日本
長野県松本市
岐阜県高山市
位置 北緯36度13分37秒
東経137度35分13秒
座標: 北緯36度13分37秒 東経137度35分13秒[1]
山系 飛騨山脈
種類 成層火山活火山ランクB)
噴火警戒レベル 1(平常)[2]
焼岳の位置
テンプレートを表示

焼岳(やけだけ)は飛騨山脈の主稜線上にあり、長野県岐阜県にまたがる標高2,455 m活火山で、別名は硫黄岳[3]。常時観測対象の火山[4]に指定され、日本百名山に選定されている[5]

概要[編集]

焼岳は隣接する白谷山、アカンダナ山、割谷山と共に焼岳火山群を構成する。この火山群中で現在も活動をしているのが焼岳である。有史後の噴火活動は水蒸気爆発がほとんどで泥流を生じやすい。焼岳は飛騨山脈の中では最も活動の激しい活火山で、約2000年前には最新のマグマ噴火を起こしている。焼岳の溶岩は、粘性が強い安山岩からデイサイト質の溶岩ドームおよび溶岩流とそれに伴う火山灰と火山岩の堆積物で構成される。水蒸気噴火に伴い泥流として土砂を流すことがある。付近では1968年[6]、1990年[7]、1998年[8]、2011年[9]、2014年などたびたび地震群発を観測している。

山域は1934年(昭和9年)12月4日に、中部山岳国立公園の特別保護区に指定された[10]。なお、火山群のうちアカンダナ山は2003年平成15年)気象庁活火山見直し作業において、焼岳とは別に単独で活火山に指定された。

北峰、南峰、標高について[編集]

山頂付近にはいくつかの火山火口が残り、火口湖の正賀池を挟んで北峰と南峰に区別される。南峰は正賀池の真南に位置する岩峰で、山頂には国土地理院一等三角点がおかれており(2,455.4m)、これが焼岳の最高点(ただし登攀禁止)である。北峰は正賀池の北東に位置し、山腹に硫黄の噴出を伴う噴気口が現在も活動中である。北峰には標高点は置かれていないが、北峰の西側に爆裂火口があり、その北縁に2,393mの標高点が置かれている。

ほとんどの山岳ガイド地図や文献、焼岳北峰頂上に立つ指導標においても2,393mが記されているが、実はこの標高点の標高であり、北峰山頂からは北西に約200m離れている。国土地理院が刊行している火山基本図では、北峰の標高は2,444.3 mとされており、これが焼岳北峰の実際の標高で指導標よりも50mほど高い。北峰山頂に立つと南峰との標高差がそれほどではないことが実感できる。

火山活動の歴史[編集]

明治以前の噴火については、信頼性の高い資料が不足しており活動史の解明は不十分である。1907年から1939年にかけてと、1962年から1963年にかけては水蒸気爆発や泥流の噴出を伴う活発な活動をしている。また、現在までに降下軽石やスコリアを噴出するような爆発的な噴火は行わなかったと考えられている[11]

  • 1万5千年前頃から、焼岳の形成が始まり黒谷付近に溶岩や火砕流を噴出した[12]

主な活動は、

観測態勢[編集]

周辺には気象庁、防災科学技術研究所、国土交通省、京都大学防災研究所、名古屋大学[16]などの観測点が配置され、高感度地震計、空振計、傾斜計、監視カメラなどにより24時間体制で観測が行われている[17][18]

登山[編集]

登山規制[編集]

  • 1962年の大爆発以降、全面登山禁止となる。
  • 1965年(昭和40年)に、山頂から半径1km以内への登山禁止と規制が緩められる。
  • 1992年(平成3年)に北峰への立ち入りが許可された[19]
  • 2010年(平成22年)1月1日現在、北峰は登頂可能で南峰は崩落等で危険なため立ち入り禁止となっている[15]。北峰周辺では有毒ガスが発生しており注意が必要[20]。こういった規制が敷かれているものの、南峰には崩落具合からして物理的に登れないわけではないため、時折登山する者もみられるが、火山ガスや滑落事故のリスクを考えると非常に危険な行為である。
  • 2011年(平成23年)3月31日気象庁は、焼岳、新潟焼山(新潟県)及び伊豆東部火山群(静岡県)に噴火警戒レベルを導入した。

登山ルート[編集]

北峰方面から見下ろす展望台と焼岳小屋
右中央が上高地へ向かう登山道

北峰と南峰(主峰)の2峰があり、北峰と南峰の間には火山湖がある。各方面からの登山道があり、穂高岳からの主稜線上に北アルプス縦走路がある[20][21]

  • 北アルプス縦走路 - 西穂高岳から西穂山荘、割谷山、新中尾峠、展望台、旧中尾峠を経て肩から北峰に至る北アルプス主稜線のルート。
  • 中の湯ルート - 釜トンネル入口の中の湯バス停付近からリンドウ平を経て、山腹の東側を巻いて肩で旧中尾峠からのルートに合流する。
  • 新中の湯ルート - 国道158号中の湯温泉上部の登山口から南南東の尾根に沿い、標高2,060 m付近(下掘出合)で中の湯ルートに合流する。
  • 上高地からのルート - 上高地から田代橋を経て峠沢の北側に沿い、焼岳小屋のある新中尾峠で西穂高岳からの主稜線に合流する。
  • 中尾温泉からのルート - 岐阜県側の中尾温泉から新中尾峠または旧中尾峠に至るルート。北アルプス主稜線合流部の少し手前で、両峠に向かう分岐がある。

周辺の山小屋[編集]

焼岳小屋

1928年(昭和3年)に旧中尾峠に旧焼岳小屋が建設された焼岳小屋は、1962年の大噴火で倒壊した。1968年(昭和43年)秋に、新中尾峠に焼岳小屋が新築され翌年から営業を開始した[19]。最寄りの山小屋は焼岳小屋である。上高地周辺には、ホテル旅館などの宿泊施設がある。夏山診療所が、西穂山荘、上高地バスターミナルなどにある。

名称 所在地 焼岳からの
方角と距離(km)
標高
(m)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
焼岳小屋 新中尾峠
割谷山と焼岳との鞍部
16 cardinal points NE.png北東 1.3 2,070 25 なし 上高地や中尾温泉からの登山道の合流点
西穂山荘 西穂高岳南西
西穂高口への分岐点
16 cardinal points NE.png北東 4.1 2,385 300 30張 通年営業、1966年(昭和41年)開業
東邦大学医学部夏山診療所

地理[編集]

飛騨山脈上空からの焼岳と周辺の山
奥穂高岳から望む焼岳と乗鞍岳

周辺の山[編集]

飛騨山脈(北アルプス)主稜線の南部の山で、北側には旧中尾峠及び新中尾峠があり、南側には安房峠がある。

山容 山名 標高
(m)
三角点等級
基準点名[22]
焼岳からの
方角と距離(km)
備考
焼岳から望む笠ヶ岳から槍ヶ岳へと連なる山並み(2011年7月6日) 笠ヶ岳 2,897.47 二等
「笠ケ岳」
16 cardinal points NNW.png北北西 10.4 日本百名山
焼岳から望む穂高岳(2002年8月6日) 奥穂高岳 3,190 16 cardinal points NE.png北東 8.8 日本百名山
丸山から望む西穂高岳(2001年9月5日) 西穂高岳 2,908.59 三等
「前穂高」
16 cardinal points NNE.png北北東 6.9 西穂山荘
中尾峠から望む焼岳北峰(2002年8月6日) 北峰 2,444.3 16 cardinal points NE.png北東 0.3 登山可能
西穂高岳から望む焼岳(1995年4月2日) 焼岳 2,455.37 二等
「焼岳」
16 cardinal points O.png 0 南峰・立入禁止
日本百名山
平湯温泉から望むアカンダナ山(2010年8月20日) アカンダナ山 2,109.35 三等
「赤棚」
16 cardinal points SSW.png南南西 3.2 焼岳火山群
焼岳から望む霞沢岳と上高地(2002年8月6日) 霞沢岳 2,645.60 二等
「霞沢岳」
16 cardinal points E.png東 4.9 日本二百名山
焼岳から望む乗鞍岳(2011年7月6日) 乗鞍岳 3,025.64 一等
「乗鞍岳」
16 cardinal points SSW.png南南西 13.7 日本百名山

源流の河川[編集]

山腹の東側には大正池があり、以下の源流となる河川日本海へ流れる。

焼岳の風景[編集]

Yakedake from Kamikochi 1999-5-22.jpg Yakedake-01.jpg Volcanic craters from Mount Yake North peak 2002-6-5.jpg Mount Yake North peak 2011-07-06.jpg
梓川と焼岳 山頂部 南峰と火口湖 北峰付近の噴気口

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の主な山岳標高(岐阜県の山)”. 国土地理院. 2011年1月26日閲覧。
  2. ^ 焼岳の火山活動解説資料(平成26年9月) (PDF)”. 気象庁地震火山部火山監視・情報センター (2014年9月). 2014年10月10日閲覧。
  3. ^ 加藤鉄之助:硫黄岳 (燒岳) 火山 地學雜誌 Vol.25 (1913) No.11 P755-768_1
  4. ^ 活火山とは 気象庁
  5. ^ 深田久弥 『日本百名山』 朝日新聞社1982年、220-223頁。ISBN 4-02-260871-4
  6. ^ 1968年11月8日焼岳に発生した群発地震の発震機構について 京都大学防災研究所年報, 1-Mar-1970, 13巻, A, p.133-140
  7. ^ 焼岳火山付近の群発地震観測 京都大学防災研究所年報 1-Apr-1993, 36巻, B-1, p.291-303
  8. ^ 1998年飛騨山脈群発地震後の深部低周波地震群発活動 地震 第2輯 Vol.54 (2001-2002) No.3 P415-420
  9. ^ 飛騨山脈焼岳火山周辺における東北地方太平洋沖地震後の群発地震活動 地震 第2輯 Vol.65 (2012) No.1 p.85-94
  10. ^ 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2011年1月26日閲覧。
  11. ^ 及川輝樹:焼岳火山群の地質 : 火山発達史と噴火様式の特徴 地質学雑誌 Vol.108 (2002) No.10 P615-632
  12. ^ a b c 焼岳”. 気象庁. 2011年1月26日閲覧。
  13. ^ a b 及川輝樹、奥野充、中村俊夫:北アルプス南部, 焼岳火山の最近約3000年間の噴火史 地質学雑誌 Vol.108 (2002) No.2 P88-102
  14. ^ a b c 『日本の山1000』 山と溪谷社1992年、431頁。ISBN 4-635-09025-6
  15. ^ a b 『改訂新版 岐阜県の山』 山と溪谷社、2010年、74-75頁。ISBN 978-4-635-02370-2
  16. ^ 名古屋大学 施設報告 (PDF)
  17. ^ 焼岳 観測点配置図 気象庁
  18. ^ 防災研究所地震予知研究センター・上宝観測所 京都大学防災研究所
  19. ^ a b 『北アルプス山小屋物語』 東京新聞出版局、1996年、16-20頁。ISBN 4-8083-0374-7
  20. ^ a b c 『槍ヶ岳・穂高岳 上高地』 昭文社山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757777
  21. ^ 『ヤマケイアルペンガイド 上高地・槍・穂高』 山と溪谷社、2000年、74-75頁。ISBN 4-635-01319-7
  22. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]