国道158号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道158号
一般国道

国道158号標識

国道158号
総距離 307.7 km(総延長)[注釈 1]
276.7 km(実延長)[注釈 1]
248.4 km(現道)[注釈 1]
制定年 1953年指定
起点 福井県福井市
主な
経由都市
福井県大野市
岐阜県郡上市高山市
終点 長野県松本市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0008.svg国道8号
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
Japanese National Route Sign 0156.svg国道156号
Japanese National Route Sign 0041.svg国道41号
Japanese National Route Sign 0019.svg国道19号
Japanese National Route Sign 0143.svg国道143号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
福井県福井市、国道158号と計石駅
岐阜長野県境、安房峠旧区間(現在は安房峠道路がバイパスとして機能している)
長野県松本市奈川渡ダム上を走る国道158号
松本市安曇付近
松本市安曇における国道158号とオーバーハングした歩道

国道158号(こくどう158ごう)は、福井県福井市から岐阜県高山市を経由して長野県松本市に至る一般国道である。

概要[編集]

油坂峠・新軽岡峠・安房峠の3つの急峻なを越える険しい道路(いわゆる「酷道」)であったが、現在はトンネルが開通し、比較的容易に抜けることができる。特に安房トンネルの開通で、岐阜県と長野県の間が年中通行できるようになり(旧道は、概ね11月中旬から翌年季まで期通行止めとなる)、飛騨地方ではトンネルの開通を「第二の夜明け」と喜んだ(「第一の夜明け」は高山本線の開通)。現在、この道に並走(福井県内の一部は国道416号等と並走)する形で中部縦貫自動車道が整備中で、油坂峠・安房峠のトンネルは先行して建設され、現在供用中である。

長野県松本市安曇区間は梓川沿いを走り、ダム建設時の道路がそのまま国道となっているため狭小トンネルやロックシェッドが連続し、奈川渡ダムではダム本体の上を国道が走る全国でも珍しい現象が起きている。この区間の整備を求める声は多く[誰?]、整備に向けての具体的な話も出ている。1991年7月に安曇村で大規模な崩落が発生し国道が通行止めになったが[注釈 2]、事前から兆候があり、その翌日には梓川沿いに仮設道路が造られ、1993年にはトンネルが開通した。1995年2月には、安房峠道路工事現場で水蒸気爆発事故が発生し4名の犠牲者が出ている[1][出典無効]。 また、2005年7月1日に松本市安曇の沢渡において道路が崩落したが、同年7月28日午前10時に仮道が開通し、さらに2008年4月20日には崩落現場を迂回する全長約290mのうすゆき橋バイパスが開通した。また、松本市の道路整備5箇年計画で鵬雲崎の事業着手を決定した。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 3]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

中部縦貫自動車道については当該記事を参照。

道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された路線のひとつである。国道指定当初は、福井県大野郡大野町[注釈 8]から岐阜県郡上郡白鳥町[注釈 5]まで二級国道157号金沢岐阜線(後の一般国道157号)と重用区間として指定されていた[5]が、1975年(昭和50年)に国道157号の経路が変更され[6]、大野市で交差する路線になった。

年表[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

有料道路[編集]

別名[編集]

  • 美濃街道
  • 越前街道
  • 飛騨街道
  • 白川街道
  • 野麦街道
  • 木曽街道

高山市内の通称名

  • 八軒町通り
  • 国分寺通り
  • 安川通り

重複区間[編集]

  • 国道364号:福井県福井市(高田交差点) - 福井県大野市(明治交差点)
  • 国道156号:岐阜県郡上市白鳥町向小駄良 - 岐阜県高山市荘川町牧戸(牧戸交差点)
  • 国道157号:福井県大野市
  • 国道472号:岐阜県高山市荘川町三尾河 - 岐阜県高山市上岡本町(上岡本町交差点)

道の駅[編集]

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 大野市犬山:11,555
  • 大野市東市布:1,772
  • 高山市朝日町:10,010
  • 高山市丹生川町久手349:5,094
  • 高山市奥飛騨平湯85-10:1,537
  • 松本市中の湯:2,461

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

中部縦貫自動車道については当該記事を参照。

(右の「表示」を押す)

主な峠[編集]

  • 油坂峠標高750m):福井県大野市 - 岐阜県郡上市
  • 新軽岡峠(標高1,150m):岐阜県高山市
  • 松ノ木峠(標高1,086m):岐阜県高山市
  • 小鳥峠(標高1,002m):岐阜県高山市
  • 平湯峠(標高1,684m):岐阜県高山市
  • 安房峠(標高1,790m):岐阜県高山市 - 長野県松本市

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 並行する中部縦貫自動車道43.4kmを含む。
  2. ^ 当時の安曇村役場職員が土砂崩落を録画している。
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  4. ^ 2006年2月1日に福井市へ編入。
  5. ^ a b c 2004年3月1日に2町4村が合併して郡上市発足。
  6. ^ a b 2005年2月1日に高山市ほか2町7村が合併して高山市発足。
  7. ^ 2011年4月1日現在
  8. ^ 1954年7月1日に大野郡大野町ほか1町6村が合併して大野市発足。

出典[編集]

  1. ^ 安房峠道路より
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月17日閲覧。
  3. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 8. 2013年2月17日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年10月17日閲覧。
  5. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  6. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令”. 法庫. 2013年1月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]