八丈島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八丈島
Landsat Hachijojima Island.jpg
衛星写真(左は八丈小島)
座標 北緯33度06分34秒
東経139度47分29秒
面積 69.52 km²
海岸線長 58.91 km
最高標高 854.3 m
所在海域 太平洋フィリピン海
所属国・地域 日本の旗 日本東京都
テンプレートを表示

八丈島(はちじょうじま)は、伊豆諸島。行政区分は東京都八丈町。隣の八丈小島と区別するため、八丈本島もしくは八丈大島と呼ばれることもある。日本の気象庁によると火山活動度ランクCの活火山である。1964年富士箱根伊豆国立公園に指定された。

地理[編集]

位置
八丈島
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
190
 
13
8
 
 
203
 
13
8
 
 
309
 
16
9
 
 
227
 
19
13
 
 
251
 
21
16
 
 
381
 
23
19
 
 
225
 
27
23
 
 
179
 
29
24
 
 
339
 
28
22
 
 
466
 
24
18
 
 
251
 
20
14
 
 
183
 
16
10
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁

東京の南方海上287キロメートル、御蔵島の南南東方約75キロメートルにあり、東山(別名:三原山・標高701メートル)と西山(別名:八丈富士・標高854メートル)のふたつの火山が接合した北西-南東14キロメートル、北東-南西7.5キロメートルのひょうたん型をした島。面積は山手線の内側とほぼ同じ。(面積の比較

富士火山帯に属する火山島で、東山は約10万年前から約3700年前まで活動し、カルデラを形成したと考えられている。最終噴火は有史以前であり歴史記録上の噴火はない。西山は数千年前から活動を始めた新しい火山で、山頂に直径約500メートルの火口がある。1487年12月、1518年2月、1522年 - 1523年1605年10月、1606年1月に噴火が記録されており、特に1606年の記録には、海底噴火によって火山島ができたとされる。

東山と西山の間にある低地には、20以上の側火山(寄生火山)があり、海岸近くには神止山などのマグマ水蒸気爆発による火砕丘がある。17世紀までに数回活動した記録があるが、規模は大きくなかったと考えられている。

気候は、暖流である黒潮の影響を受け、海洋性気候となっている。年平均気温は17.8℃となっており、高温多湿。年間を通してが強く、が多いのが特徴。そのため、「常春の島」とも言われている。

八丈島(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 20.7
(69.3)
21.9
(71.4)
22.4
(72.3)
26.3
(79.3)
27.4
(81.3)
30.4
(86.7)
31.9
(89.4)
33.5
(92.3)
33.2
(91.8)
29.8
(85.6)
26.3
(79.3)
22.8
(73)
33.5
(92.3)
平均最高気温 °C (°F) 12.7
(54.9)
13.3
(55.9)
15.5
(59.9)
18.7
(65.7)
21.2
(70.2)
23.4
(74.1)
27.2
(81)
29.3
(84.7)
27.5
(81.5)
23.6
(74.5)
19.7
(67.5)
15.7
(60.3)
20.7
(69.3)
日平均気温 °C (°F) 10.1
(50.2)
10.2
(50.4)
12.2
(54)
15.6
(60.1)
18.3
(64.9)
20.9
(69.6)
24.9
(76.8)
26.3
(79.3)
24.5
(76.1)
20.7
(69.3)
16.7
(62.1)
12.7
(54.9)
17.8
(64)
平均最低気温 °C (°F) 7.5
(45.5)
7.5
(45.5)
9.0
(48.2)
12.9
(55.2)
16.0
(60.8)
19.0
(66.2)
22.9
(73.2)
23.9
(75)
22.2
(72)
18.3
(64.9)
13.9
(57)
9.7
(49.5)
15.2
(59.4)
最低気温記録 °C (°F) −1.8
(28.8)
−2
(28)
1.5
(34.7)
4.5
(40.1)
8.7
(47.7)
14.1
(57.4)
16.6
(61.9)
19.8
(67.6)
15.1
(59.2)
12.0
(53.6)
7.0
(44.6)
1.4
(34.5)
−2
(28)
降水量 mm (inch) 190.0
(7.48)
202.9
(7.988)
308.6
(12.15)
226.8
(8.929)
251.2
(9.89)
380.5
(14.98)
224.6
(8.843)
179.3
(7.059)
338.9
(13.343)
465.9
(18.343)
250.7
(9.87)
182.9
(7.201)
3,202.4
(126.079)
平均降水日数 (≥ 0.5 mm) 15.8 15.0 18.3 13.8 14.5 15.6 12.5 12.4 15.6 17.4 14.3 14.8 180
 % 湿度 71 68 69 80 86 96 92 86 86 82 73 70 80
平均月間日照時間 85.7 83.8 122.3 133.5 135.6 91.8 118.5 170.0 134.2 106.8 108.1 108.2 1,398.5
出典 1: 気象庁
出典 2: 年ごとの値


歴史[編集]

考古学的には縄文時代から人が住んでいて、勾玉が出土している[要出典]

律令制度においては東海道駿河国を派遣している。

平安時代伊豆大島流罪となった源為朝が渡来し、八丈小島で自害した伝説が残っている[要出典]が、八丈島の公式な流人第一号は、慶長5年関ヶ原の戦いに西軍石田三成方に属した宇喜多秀家である。

秀家の子孫は、秀家の正室であった豪姫の実家である加賀藩前田氏の援助を受けながら数家に分かれて存続し、明治維新後の1869年に至ってようやく赦免された。赦免と同時に直系の者は島を離れて板橋宿の加賀藩下屋敷跡に土地を与えられて移住したが、数年後に島へ戻った子孫の家系が現在も秀家の墓を守っている。

最後の流人(最後まで流刑状態にあった人物)は北方探検で知られる旗本近藤重蔵の嫡男、近藤富蔵である。1826年文政9年)に殺人を犯して八丈島に遠島となり50年以上もの間、島で流人としての日々を送った。1880年明治13年)にようやく明治政府により赦免。彼が流人生活の間に記した『八丈実記』は島の研究の資料として高く評価されている。[独自研究?]

また、吉村昭の『漂流』は、野村長平鳥島への漂着者を題材にした小説だが、彼らが青ヶ島を経由して生還した地が八丈島であり、五ヶ村四千戸が地役人を中心に統治され本土との連絡も緊密な様子が終盤に描写されている。

靖国神社の軍事博物館「遊就館」の回天一型

太平洋戦争の際には、連合軍の南方からの侵攻に備えるべく、小笠原諸島が陥落した際の次なる防衛拠点とされていた。1945年春時点では民間人口を大きく上回る陸軍・海軍の守備隊が配置されていた[1]。東日本では唯一の回天基地も造られた。1944年7月以降に島民の本土疎開が進められて人口の7割にあたる5853人が軽井沢などに避難したが、その途中で疎開船「東光丸」がアメリカ軍に撃沈されて島民約60人を含む149人が死亡する事件も起きた。島は空襲にもしばしばさらされ、民間人の人的犠牲として11人が死傷した[2]。結局八丈島での地上戦闘は起こらなかったものの、「防衛道路」や「鉄壁山」などに防衛拠点化の跡が残っている。

戦後の八丈島は観光産業が発達し、1960年代にはその温和な気候から日本のハワイとの異名をとり、首都圏からの新婚旅行先としても人気が高かったが、海外旅行の制限が廃止され、本物のハワイが身近になった1970年代以降観光客の入込数は減少傾向にある。ただし現在でも観光が島にとって重要産業であることに変わりない。

方言[編集]

上代東国方言の名残を残している独自の八丈方言を使用している。八丈島の方言は流人によって伝えられたものも多くあるが、くに(内地)から来た殿上人、宇喜多秀家ら主従の影響も強く残る。その多くは公家言葉を偲ばせるが、旧所領であった岡山の方言に通ずるものも少なくない。2009年国際連合教育科学文化機関から消滅危機言語と指定された。

交通[編集]

空港[編集]

航空路[編集]

全日本空輸が1日3便すべてをエアバスA320型機で運航。大島空港経由便は利用低迷を理由に2009年9月末で廃止され、羽田との便は1便減便された形となった。

2011年7月現在、運行機材はボーイング737-500、737-700、エアバスA320が使用されるようになっている。便と機材は固定されているわけではなく、時期により異なる。ただし、最終便にはA320が使用されることが多いようである。

かつては、エアーニッポンYS-11ボーイング737-200, 400, 500型機を運航していた。なお、ボーイング737-400型機の愛称はアイランドドルフィンで、八丈島路線のためにリース導入された機体であった。機体側面にイルカが描かれているのが特徴で、現在はスカイネットアジア航空にサブリース中である。

また、2005年10月から2006年3月までは前年度実績より10%(1万人)上回ることを条件に当時の運賃据え置きとする「プラス1万人プロジェクト」が行われ、2006年3月27日に目標を達成した。これ以降、大館能代能登などANAが同型機材を単独で運航している路線が値上げた場合でも、八丈島路線については大幅な値上げは行われていない。

海路[編集]

底土港と八丈富士(西山)
(かめりあ丸船上より)

東海汽船貨客船かめりあ丸橘丸を、伊豆七島海運貨物船を定期運航している。主に島北東部の底土港へ着岸するが、時化で使用できない時は南西部の八重根港へ着岸する事もある[3][4]

竹芝桟橋小笠原諸島父島間にテクノスーパーライナーが就航した場合におがさわら丸を竹芝 - 八丈島航路向けに転用する、という計画があった。しかし、2005年、小笠原航路へのテクノスーパーライナー導入計画そのものが、折からの燃料費高騰等を理由に暗礁に乗り上げてしまった。更に、これを受けて東京都が代替策として小笠原での空港建設の検討を進めており、おがさわら丸の八丈島航路転用計画は実質、頓挫した状態になっている。

温泉[編集]

温泉施設も多く入浴料も安いため、温泉目的で訪れる旅行客も多い。

  • ふれあいの湯
  • やすらぎの湯
  • 裏見ヶ滝温泉
  • ブルーポート・スパ・ザ・BOON
  • みはらしの湯
  • 洞輪沢温泉
  • 足湯きらめき

海水浴場[編集]

荒々しい岩場の海岸が多く、砂浜の海岸は少ない。

  • 底土海水浴場 - 島内で唯一の広い砂浜の海水浴場。透明度が高くダイビングスポットとしても人気
  • 八重根港 - 入り江の入り口に消波ブロックを設置したタイドプール型の海水浴場
  • 神湊海水浴場 - 神湊漁港の隣にある小さな砂場と磯の海水浴場
  • 乙千代ヶ浜 - 2つの入り江と人工タイドプールがある海水浴場。 潮流の速い外洋との境界が無いため注意が必要
  • 藍ヶ江漁港 - 漁港の堤防内が夏季に海水浴場として開放される

特産品[編集]

その他[編集]

離島が舞台になっている映画やドラマのロケ地として使われることがたびたびあり、主な作品に『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』、『バトル・ロワイアル』、『トリック劇場版2』などがある。

また、島に関する書籍としては、浅沼良次『流人の島―八丈風土記』(1959年、日本週報社)がある。

作曲家の團伊玖磨は、この島の風土を気に入り、1963年に別荘(一度倒壊しており、現存するものは2度目に建てられたものである)を建設し、毎年長期間に渡り滞在していた。八丈島での出来事は連載随筆『パイプのけむり』などで記され広く知られている。没後も團の名を被せたコンサートが開かれるなど、八丈島との縁は深い。

出身者[編集]

八丈島を題材とした作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八丈町教育委員会(編著) 『八丈町誌』 八丈町、1993年、改訂増補版、257頁。
  2. ^ 前掲八丈町教育委員会(1993年)、262-263頁。
  3. ^ 八丈島・青ヶ島へのアクセス,東京都総務局
  4. ^ 八丈島観光協会
  5. ^ 八丈島と、魔女の夏☆八丈島聖地巡礼においで!(1) 八丈島観光協会ブログ 2012年6月2日 2012年9月閲覧
  6. ^ 夏色キセキ☆八丈島聖地巡礼においで!(2) 八丈島観光協会ブログ 2012年6月11日 2012年9月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政機関[編集]

観光[編集]

地理[編集]