御蔵島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御蔵島
Whole view of Mikurajima.jpg
御蔵島南西からの全景(かめりあ丸船上から)
座標 北緯33度52分27秒
東経139度36分07秒
面積 20.55 km²
海岸線長 16.92 km
最高標高 851 m
所在海域 太平洋フィリピン海
所属国・地域 日本の旗 日本 東京都御蔵島村
テンプレートを表示
位置
神津島から見た御蔵島
御蔵島港付近(2008年4月)
ランドサット衛星写真

御蔵島(みくらじま)は、伊豆諸島に属する日本の東京都御蔵島村に属する。なお、御蔵島村には本島の南西部にある藺灘波島も含まれる。周辺海域に野生のミナミハンドウイルカが生息していることでエコツーリズムの拠点として発展、全国に名前が知れ渡った。ほかに全国有数の巨樹の森、オオミズナギドリの繁殖地としても有名。富士箱根伊豆国立公園に指定されているほか、日本の気象庁によって火山活動度ランクCの活火山に指定されている。

地理[編集]

東京都心の南約200km、三宅島の南南東19kmの太平洋上に位置する。島はほぼ円形をしており、中央に御山(851m)を擁する。島全体が豊かな原生林で覆われているため、島としては珍しく水に恵まれている。

火山としては、伊豆諸島の中では比較的古い時代に活動を停止しており、御蔵島火山の本体部分の活動は7,000年前よりも古い時代、そして島南東部に噴出した溶岩ドームは約5,000年前に活動を終了していると考えられている。この長期間で山体の海面付近は波による浸食を受け、島の海岸周辺は最大500mにもなる絶壁で囲まれている。

島北部には、唯一のである御蔵島港と空の玄関である御蔵島ヘリポートの他に、小中学校、郵便局駐在所警視庁三宅島警察署)、産業センターなどがそれぞれ1ヵ所ずつある。

南東部にはかつて南郷と呼ばれる集落が存在し、小中学校の分校まであったが、今は衰退し集落としての姿は留めていない。

暮らしは定期船の入港に左右され、悪天候が続けば食料やその他物資などが不足することもある。そうした場合、東京から八丈島経由でヘリコミューターを使った輸送を行うこともある。

2013年5月1日時点の人口は341人。

産業[編集]

主な産業は、林業、漁業、農業、観光。また豊富な水資源を生かした水力発電ミネラルウォーターの採取も行われている。

また、南郷地区には山階鳥類研究所南郷分室が設置されている。

交通[編集]

陸運[編集]

村内に公共交通機関やタクシー、レンタカーなどはない。旅行者は徒歩、もしくは宿泊施設の車両を利用することになる。

集落のある島北部を起点に、島の東部に都道、西部を村道がそれぞれ南に向かって走っている。どちらも人家に辿り着くことを目的とするものではなく、主に観光や住民の仕事(発電や林業など)のために利用されている。

海運[編集]

島外とは、東海汽船貨客船によって運航される定期船によって東京港竹芝桟橋)、三宅島八丈島と結ばれているが、島には入江がなく、港湾施設も防波堤がないなど貧弱なため欠航も少なくない。海況の安定する夏場を除けば多くが「条件付き出港(接岸できない場合を承知の上での乗船)」となり、御蔵島港に接岸できなかった場合は、(八丈島で下船しなければ)復路での寄港時に下船することができる。復路も接岸に失敗した場合は、そのまま東京港まで戻れば運賃は全額払い戻される。

2003年 - 2006年の月毎の実績就航率はこのサイト[1]に掲載されている。

なお、かつては東京からの直行便が限られ、三宅島から伊豆諸島開発の「えびね丸」(または黒潮丸)に乗り継ぐ形が主流であったが、三宅島の噴火以降東京からの直行便が毎日就航するように変更された(ただし上記の通り就航率は低い)。

空運[編集]

ヘリコプターによる路線。運航率は高いが定員は少なく、運賃も高い。

大島・八丈島において羽田空港発着のANA便等との乗継が可能。

御蔵島を舞台とした作品[編集]

  • Toshiba Web Street「Dolphin swims」(インターネットドラマ・映画)
イルカを中心に、島の生活を家族ドラマにして描いた作品。余貴美子小川範子が出演。
射爆場問題に揺れた昭和の御蔵島が舞台。1人の老婆を中心に、島の生活が細かく描写されている。
御蔵島をモデルにした架空の島で、イルカと人間が織り成す物語。
主人公の学校の担任教師が御蔵島出身で、荒天の中で島に渡ろうとするエピソードがある(アニメ版第8話『近くて遠いふるさと』)。
御蔵島で戦時中に隠されたガソリンを探す、という話が登場する(単行本第1巻の第8話『とざされた記憶』)。
御蔵島をモデルにした架空の島で若者が嫁探しに奔走する話。御蔵島の風景が随所に登場する。
 必殺シリーズの中で御蔵島が舞台になった作品。高樹蓉子が島娘で出演した。
御蔵島をモデルにした架空の島にあるホテルが舞台となっている。御蔵島との表記は劇中に出てこないが、オープニング映像で御蔵島の全景が映る。
主人公の女性パイロット「御蔵みくら」は中学生の頃に御蔵島に住んでいたことがあり、成長した後に出身校である御蔵島小中学校を訪れるシーンがある。
主人公が御蔵島固有種のミクラミヤマクワガタに興味を持ち、御蔵島に訪れるシーンが有る。

その他[編集]

  • 古来より伊豆諸島は島流しの流刑地となっており、御蔵島もその対象になっていたが、あまりにも過酷な環境のため中止された。
  • この島と神津島のみに生息する生物としてミクラミヤマクワガタがいる。
  • 御蔵島への観光での来島は宿泊施設の予約(もしくは村営バンガローの予約)が必要とされ、これらの予約がない観光客は上陸できない場合がある。元々宿泊施設が少ないことに加え近年のイルカウォッチング人気により、各宿泊施設では夏場を中心に抽選予約となるケースが多い。野宿やキャンプは全域で禁止されている。
  • 島内には自然保護の観点から「ガイド同伴でなければ立ち入れないエリア」「ガイドがいても立ち入れないエリア」が設けられている(多くの宿泊施設でガイドを斡旋してくれる)。
  • 島内は急な坂が多いため、事故防止の観点から自転車の使用が禁止されている。観光協会のサイトでも「御蔵島からのお願い」として自転車の禁止が書かれている。
  • NHK和田光太郎アナウンサーが、高校時代の2001年に応募した国税庁主催の「税の作文」で、「離島に住む親戚がいる」と記している。東京からの船が週1便、ヘリコミューターが就航など、内容が当時の島の状況と合致し、他に同様の島は見当たらないことから、その離島は御蔵島であると推察される(当該作品は東京国税局長賞、東京都租税教育推進協議会会長賞を受賞し、東京都のホームページに全文掲載されている)。
  • 御蔵島は地形上の問題で住宅地、農地に使用できる土地が限られ、自給自足で生活する上で人口増加に対する危機があったため寛政8年(1796年)ごろに「二十八軒衆」という制度が創設される。これは当時御蔵島に居住していた28戸以外の人の転入を厳しく制限し、土地の相続に関しても長男以外には認めないという制度で、現在でも島外からの転入者は戸建ては持てず、村営住宅へ入居する形で残っている。

関連項目[編集]

  • 鵜渡根島 - 御蔵島同様、野生のイルカが生息する伊豆諸島の島。
  • クロヒカゲ - 蝶の一種。本土産と特徴の異なる御蔵島固有の亜種が存在する。

外部リンク[編集]