小笠原諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小笠原諸島の位置
父島列島と母島列島(ランドサット衛星写真)
父島列島
母島列島

小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京都特別区の南南東約1,000km太平洋上にある30余の島々である。日本の国土で、東京都小笠原村の区域と完全に一致する。総面積は104km²南鳥島沖ノ鳥島を除いて伊豆・小笠原・マリアナ島弧(伊豆・小笠原弧)の一部をなす。

概要[編集]

父島母島硫黄島、南鳥島以外の島は無人島である。ただし、一般住民が居住しているのは父島と母島のみであり、硫黄島には海上自衛隊の硫黄島航空基地隊等と、航空自衛隊の硫黄島基地隊が所在し、父島には海上自衛隊横須賀地方隊父島基地分遣隊が、南鳥島には海上自衛隊硫黄島航空基地隊の南鳥島航空派遣隊が常駐して飛行場施設などを管理しているほか、気象庁関東地方整備局なども施設を設け、その職員等のみが業務目的で常駐している。(現在[いつ?]住民登録ができるのは父島と母島のみ。しかし、硫黄島と南鳥島に常駐している者の住民税にあっては「居所」として東京都小笠原村に納付している[1]。選挙の際は住民登録されている自治体(神奈川県綾瀬市及び埼玉県狭山市)からの職員及び補助要員として小笠原村職員が訪島し期日前投票等を行う。)

小笠原群島は小笠原諸島の一部の名称であるが時折混同され、小笠原群島の意味で小笠原諸島と言うことがある。英語では小笠原諸島はOgasawara Islands、小笠原群島はBonin Islands(ボニン・アイランズ)である。「ボニン」は江戸時代の「無人島」(ぶにんしま、ぶにんじま)という呼び名に由来する。

小笠原諸島は以下の島々からなる。

自然[編集]

気候[編集]

父島
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
65
 
21
16
 
 
58
 
20
15
 
 
77
 
22
17
 
 
118
 
23
19
 
 
145
 
25
21
 
 
135
 
28
24
 
 
81
 
30
25
 
 
113
 
30
26
 
 
131
 
30
26
 
 
132
 
28
24
 
 
128
 
26
21
 
 
109
 
22
18
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁
南鳥島
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
72
 
25
20
 
 
43
 
24
19
 
 
43
 
25
20
 
 
72
 
27
22
 
 
90
 
29
24
 
 
61
 
31
26
 
 
153
 
31
26
 
 
167
 
31
26
 
 
100
 
31
26
 
 
80
 
30
26
 
 
70
 
29
25
 
 
97
 
27
22
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁

日本の気候区分では「南日本気候」、ケッペンの気候区分では、聟島(むこじま)列島・父島列島・母島列島・西之島が温帯に、火山列島・南鳥島・沖ノ鳥島が熱帯に属するが、温帯に属する地域は一般的に亜熱帯とされる。それに併せて海洋性気候にも属する。年間を通じて暖かく、夏と冬の気温差は少ない。春 - 初冬にかけて台風の接近・影響を受けることが多い。梅雨前線はこの地の北に現れ、太平洋高気圧の支配下となるため、北海道と同様に梅雨が無いとされる[2]

気象庁による有人観測施設は、父島気象観測所・南鳥島気象観測所(2か所とも高層気象観測も実施)、アメダスが母島(雨量のみ観測)に設置されている。なお、小笠原諸島には気象レーダーが設置されておらず、気象レーダーによる観測が行われていない[3]。また、2008年3月26日まで、日本全国で唯一気象に関する注意報警報が発表されていなかった[4]。ただし、小笠原諸島周辺海域は現在でも地方海上予報区[5]の区域外であり、海上警報も発表されない。

自然[編集]

1972年(昭和47年)10月16日に一部の島や地域を除き小笠原国立公園として、国立公園に指定された。小笠原諸島は形成以来ずっと大陸から隔絶していたため、島の生物は独自の進化を遂げており、「東洋ガラパゴス」とも呼ばれるほど、貴重な動植物が多い。しかし、人間が持ち込んだ生物や島の開発などが原因でオガサワラオオコウモリオガサワラノスリアカガシラカラスバトハハジマメグロなどの動物やムニンツツジムニンノボタンといった植物など、いくつかの固有種は絶滅の危機に瀕している。1980年(昭和55年)3月31日に国指定小笠原諸島鳥獣保護区(希少鳥獣生息地)に指定された(面積5,899ha、うち特別保護地区1,331ha)。周辺の海域ではイルカが生息しており、それらを見るために島を訪れる人も多い。また陸上では、人間が持ち込み野生化したヤギも生息している。

2011年には世界遺産に登録された。その範囲は小笠原諸島の自然#世界遺産を参照のこと。

歴史[編集]

年表[編集]

  • 古第三紀 - 凝灰質砂岩・泥岩・石灰岩などの海底噴出物より形成される[6]
  • 北硫黄島には先史時代のものとみられる石野遺跡がある[7]。父島でも石器が発見されているが詳細な時代は不明[7]
  • 1543年 - スペイン人によって母島が発見されたと見られる[8]
  • 1593年天正20年) - 信濃小笠原氏信濃国深志城城主の小笠原貞頼が発見したという説があるが、貞頼という人物の実在自体が現在[いつ?]では否定されている。
  • 江戸初期、松浦党島谷市左衛門尉が探検。 
  • 1670年寛文10年)2月20日 - 紀州を出港した蜜柑船(長右衛門ら7人)が母島に漂着し八丈島経由で伊豆下田に生還、島の存在が下田奉行所経由で幕府に報告された。現在[いつ?]ではこの報告例が最初の発見報告と考えられている。
  • 1675年延宝3年) - 江戸幕府が漂流民の報告を元に調査船富国寿丸を派遣し島々の調査を行い「此島大日本之内也」というを設置する。当時は無人島(ブニンジマ)と呼ばれた。調査結果は将軍はじめ幕府上層部に披露された[8]
  • 1727年享保12年) - 貞頼の子孫と称する浪人者の小笠原貞任が貞頼の探検事実の確認と島の領有権を求めて幕府に訴え出る。小笠原島と呼ばれるのはこれ以降のことである。最終的に貞任の訴えは却下され探検の事実どころか先祖である貞頼の実在も否定された。このため、貞任は1735年に詐欺の罪に問われ、財産没収の上、重追放の処分を受けた。
  • 1785年 - 林子平の『三国通覧図説』に「小笠原島」という名称が現れる。ただし林子平は小笠原諸島を訪れていない。
  • 1817年 - フランス人アベル・レミューザが、『三国通覧図説』から無人島に関する地図を添えてBonin諸島をフランスのアカデミー誌に紹介。
  • 19世紀になると欧米捕鯨船が寄港するようになる。
  • 1827年 - イギリスが領有を宣言。
  • 1830年天保元年) - ラセニエル・セボレーら白人5人とハワイ人25人がハワイオアフ島から父島(奥村)に入植し、初めての移住民となる。
  • 1847年 - ジョン万次郎が米捕鯨船に乗って小笠原に来航。後年、今度は日本側官吏として小笠原にやってくることになる。
  • 1853年嘉永6年) - アメリカ東インド艦隊司令官ペリーが日本へ行く途中、沖縄を経て父島二見港に寄港。島民のために牛、羊、山羊や野菜の種子を与え、石炭補給所用の敷地を購入。
  • 1857年安政4年) - モットレー一家が母島(沖村)に居住。
  • 1857年(安政4年) - ペリーが寄港してハワイからの移民を首長に任命した。
  • 1862年文久元年) - 幕府は外国奉行水野忠徳らに命じアメリカから帰還したばかりの咸臨丸(艦長は小野友五郎)で小笠原に佐々倉桐太郎ら官吏を派遣[9]、測量を行う。また、居住者に日本領土であること、先住者を保護することを呼びかけ同意を得る。同年6月(文久2年5月)駐日本の各国代表に小笠原諸島の領有権を通告[9]。一行が小笠原諸島を巡視した際作成した小笠原島視察復命書に「島々の配置は、南北に連なり、あたかも家族のように並んでいるので、中央を父島群島、南を母島群島とし、北を聟島群島とする。」と記載され、これが父島、母島、聟島の由来にもなった(文久2年[10])。 - 八丈島から38名の入植が開始される。
  • 1866年慶応2年) - フレデリック・ロース、母島(沖村)に居住。
  • 1876年明治9年)3月 - 小笠原島の日本統治を各国に通告(日本の領有が確定)。小笠原諸島が内務省の管轄となる。日本人37名が父島に定住。内務省出張所設置。
  • 1877年(明治10年) - 帆船による年3回の定期航路開設。
  • 1878年(明治11年) - 父島北袋沢に内務省勤農局出張所設置。
  • 1879年(明治12年) - 日本人6名が母島に定住。
  • 1880年(明治13年)10月8日 - 東京府へ移管する[11]
  • 1880年(明治13年)10月28日 - 父島に、東京府小笠原出張所を設置。
  • 1882年(明治15年) - 東京府出張所の行う行政に協議権をもつ会議所を設置し、議員15人を公選した。欧米系住民が全て日本に帰化した。
  • 1886年(明治19年)11月4日 - 小笠原出張所を小笠原島庁へ改称。
  • 1891年(明治24年)5月 - 東京府が、小笠原島各村に世話掛を公選させる。
  • 1891年(明治24年) - 火山列島を小笠原島庁の所管にいれ、硫黄島を正式に日本領とした。
  • 1893年(明治26年)11月 - 小笠原諸島の警察が、警視庁の管轄となる。
  • 1898年(明治31年) - 南鳥島が小笠原島庁の所管となる。
  • 1911年(明治44年)6月 - 父島に、府立小笠原修斉学園を開設。
  • 1920年大正9年)8月 - 陸軍築城部が父島支部設置。以降、砲台などの陸軍施設が建設されていく。
  • 1925年(大正14年)3月15日 - 府立小笠原修斉学園廃止。
  • 1926年(大正15年) - 小笠原島庁は、郡制の廃止とともに、東京府小笠原支庁に改称(北硫黄島ほか数島は小笠原支庁の直轄として残る)。
  • 1927年昭和2年) - 昭和天皇戦艦山城」で父島・母島を行幸し、母島の御幸之浜で海洋生物の調査を行う。
  • 1928年(昭和3年) - 東京府東京市下谷区上野で「東京大正博覧会」開催。『小笠原館』で小笠原住民が"陳列"される。
  • 1931年(昭和6年) - 沖ノ鳥島が小笠原支庁の所管となる。
    戦前トラック諸島サイパンなどの南洋に向かう船が、半月に一度寄港していた。1936年(昭和11年)当時、父島までの2等料金が37[8]
    現在のようなビニールハウスがなかった時代、小笠原では季節外れの果物や野菜を栽培して本土に送っており、本土でもてはやされた[8]ため、住民は豊かな生活を送っていた[8]といわれている。
  • 1940年(昭和15年) - 大村、扇村袋澤村、沖村、北村、硫黄島村の5か所に村制が施行される(ほか数島は小笠原支庁の直轄として残る)。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 東京都制施行(東京府廃止)。
  • 第二次世界大戦時に硫黄島は激戦地となり、父島なども日本軍により要塞化(父島要塞)。
  • 1944年(昭和19年) - 住民6,886人(残留者 825人)は本土へ強制疎開(ただし、そのうち20余人が引揚のとき事故で死亡)。
  • 1944年(昭和19年)9月2日 - アメリカ軍による日本軍の父島無電塔爆撃の際、ジョージ・H・W・ブッシュ中尉らの搭乗した雷撃機が日本軍により撃墜される。ブッシュは友軍部隊により救助され、後の1989年にアメリカ合衆国大統領になる。
  • 1945年(昭和20年) - 父島の日本軍守備隊によるアメリカ軍捕虜の処刑(人肉食については意見の相違あり)が発生(小笠原事件)。
  • 1945年(昭和20年)9月3日 - アメリカ軍駆逐艦ダンラップ号にて、小笠原の日本軍降伏を調印。
  • 1946年(昭和21年)1月26日 - 連合軍総司令部と覚書を交わす。
    覚書により、日本の小笠原諸島への施政権が停止された。
  • 戦後 - サンフランシスコ講和条約によりアメリカ海軍の占領下に置かれた。
  • 1946年(昭和21年)10月 - 連合軍総司令部が欧米系の旧島民とその家族135人のみに帰島を許可。うち129人が帰島する。
  • 1946年(昭和21年) - 小笠原支庁・村役場が東京都下谷区下谷小学校に移転する。
  • 1948年(昭和23年) - 小笠原支庁・村役場が港区に移転する。
  • 1952年(昭和27年) - 対日講和条約の発効により、小笠原の各村役場が廃止され、役場の一般事務は東京都総務局行政部地方課分室で行われる。
  • 1953年(昭和28年)4月28日 - 小笠原支庁廃止
  • 1965年(昭和40年) 5月 - 第1回墓参団が渡島する。
  • 1967年(昭和42年)11月16日 - 小笠原諸島の日本への返還が決まる。
  • 1967年(昭和42年)12月 - 日本政府に小笠原復帰準備対策本部を設置。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 日米間で小笠原復帰協定が締結された。
  • 1968年(昭和43年)4月16日 - 南方諸島及びその他の諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について国会の承認を求めるの件につき、閣議決定。
  • 1968年(昭和43年)5月22日 - 協定締結につき、国会で承認される。
  • 1968年(昭和43年)5月27日 - アメリカ合衆国へ協定を通告。協定第6条により、アメリカ合衆国政府が日本国政府から受領した日の後30日目の日(同年6月26日)に協定は効力を生ずる。
  • 1968年(昭和43年)6月12日 - 協定を公布(昭和43年条約第8号)。
  • 1968年(昭和43年)6月26日 - 協定が発効し、日本に返還。東京都小笠原支庁設置。東京都小笠原村に属する。
    戦前の旧大村、旧扇村、袋沢村、旧北村、旧沖村および旧硫黄島村は、小笠原村となる。かつて小笠原支庁直轄だった北硫黄島、南鳥島、沖ノ鳥島および西之島も小笠原村の区域となる。
  • 1969年(昭和44年) - 本土と小笠原を結ぶ無線電話回線が開通した。
  • 1970年(昭和45年) - 小笠原復興計画が閣議決定。
  • 1972年(昭和47年) - 東京電力が小笠原父島内燃力発電所の操業を開始(120V/60Hzから100V/50Hzへ)。
  • 1972年(昭和47年) 10月16日 - 小笠原諸島を国立公園に指定。小笠原支庁母島出張所および小笠原村役場母島支所の設置
  • 1974年(昭和49年) - 父島および母島の全域を都市計画区域に指定。小笠原復興計画(改定10箇年計画)が閣議決定。
  • 1976年(昭和51年) - 時雨ダムが完成。父島ケーブルテレビが開局。
  • 1979年(昭和54年) 3月31日 - 小笠原諸島復興特別措置法が、小笠原諸島振興特別措置法と改正される。
  • 1979年(昭和54年) 4月22日 - 村議会議員および村長の設置選挙。
  • 1979年(昭和54年) 4月23日 - 小笠原村が真の自治体として発足し、村政が確立する(それまでは東京都小笠原支庁長が村長職務執行者であった)。
  • 1981年(昭和56年) 12月24日 - 小笠原村基本構想を議決。
  • 1983年(昭和58年) 6月21日 - 通信衛星による電話のダイヤル即時通話開始。
  • 1984年(昭和59年) - 小笠原諸島振興特別措置法延長・改正。
  • 1984年(昭和59年) 10月1日 - 小笠原諸島周辺海域の海難救難・外国漁船密漁取締りなどの目的で、全国52番目の海上保安署として小笠原海上保安署が開設。
  • 1989年平成元年) - 小笠原諸島振興特別措置法が小笠原諸島振興開発特別措置法と改正。村政確立10周年。父島と母島から考古学調査始まる。
  • 1990年(平成2年) - 国土利用計画法の監視区域(200m²以上)に指定。北硫黄島の考古学調査。
  • 1991年(平成3年) - 7月前半、北硫黄島で本島諸島にはみられない文化をもつ人たちの遺跡が見つかった。調査団は石野遺跡と名付けた。
  • 1994年(平成6年) - 天皇皇后が小笠原諸島を行幸啓する。小笠原諸島振興開発特別措置法の一部改正。
  • 1995年(平成7年) - 国土利用計画法の監視区域 (500m²) に再指定。
  • 1996年(平成8年) - テレビ地上波放送開始。
  • 2002年(平成14年) - アメリカ大統領退任後のブッシュが父島を訪問し、自らの乗機撃墜時に戦死した同僚を悼み、記念植樹を行う「小笠原村民だより」No.457 2002年7月1日号 (PDF)
  • 2011年(平成23年) - 小笠原諸島がユネスコ世界遺産自然遺産)に登録される。日本国内の自然遺産は白神山地青森県秋田県)、屋久島鹿児島県)、知床北海道)に続く4か所目。
  • 2011年(平成23年) 7月2日 - インターネット接続用の通信回線を、通信衛星経由による接続から海底光ケーブルを利用した接続へ切替工事を実施。同日の午前5時より高速インターネット接続サービスの提供を開始。
  • 2013年(平成25年)3月31日 -父島・母島に、 NHKラジオ第1ラジオ第2FM放送の3波の中継局が設置され[12]、漸く小笠原での放送を開始する。[13]

米軍施政下の小笠原[編集]

米軍政時代にはアメリカ海軍の基地が設置され、物資の輸送は1か月に1回グアム島からの軍用船によって行われた。欧米系住民は戦前の土地区画に関係なく決められた区画に集められ、その多くは米軍施設で働いた。島民の自治組織として五人委員会が設けられた。島の子供たちは、軍の子弟のために1956年に設立されたラドフォード提督初等学校で軍の子弟と一緒に学び、高等教育はグアム島で行われた。米軍によって戦前の土地区画に関係なく決められた区画に集められたことは、日本返還後も効率的な開発の都合から踏襲され、戦前の土地所有者との補償交渉で揉める[8]こととなった。後に、日本政府の意向を無視して父島に核兵器の貯蔵施設が作られていたことがアメリカの情報公開によって知れ渡った[8]。軍政時代に数基の核弾頭が保管されていた[8]という。1950年代にも国務省が小笠原の日本返還を検討したが、アメリカ海軍を始めとする国防総省が反対したため、頓挫[8]した。その理由は核兵器の保管が理由[8]だったという。返還後、欧米系住民の子弟は、日本語教育の困難な問題により米国に移住した者もいた。

入植の歴史[編集]

19世紀初頭林子平の『三国通覧図説』から小笠原諸島がボニン・アイランズ(Bonin Islands)としてヨーロッパへ紹介されると、各国の船舶が小笠原諸島へと寄港するようになる。

1827年イギリス海軍のブロッサム号を率いるフレデリック・ウィリアム・ビーチーが現在[いつ?]の父島二見港から上陸すると、前年行方不明となったイギリスの捕鯨船ウィリアム号の乗組員2人と遭遇し、他国の船も来航していることを知る。ビーチーは島の領有宣言板を島内の木に打ち付け島を離れる。ビーチーより小笠原諸島の存在の報告を受けた在ホノルルイギリス領事は、ボニン・アイランズへの入植計画を進め、1830年欧米人とハワイ人による入植団をつくり現在[いつ?]の父島へ入植を果たす。この後も各国の船舶は、水や食料を確保したり病人を下船させるなど、様々な目的で頻繁に小笠原諸島に寄港する。

小笠原に漂着し外国船に助けられた日本人から伝わる情報や、ペリーの「小笠原諸島に関する覚書」におけるこの地への評価から、小笠原諸島は幕府首脳の関心を引く。1861年江戸幕府は列国公使に小笠原の開拓を通告する。1862年1月(文久元年12月)外国奉行水野忠徳の一行が咸臨丸で小笠原に赴き、外国人島民に日本が管理することを告げる。その後八丈島から日本人の入植者が送りこまれ開拓が始まる[14]

外国人の入植については「欧米系島民」を参照

文化[編集]

島寿司
亀の煮物

言語[編集]

欧米系住民が話していた英語の語彙と日本語八丈方言(八丈語)、日本語共通語が混合された独特の言語(「小笠原方言」などと呼ばれるピジン言語クレオール言語[15][8])が存在する。島内多数派の言語は日本語共通語に近い言葉になっている。-->

民謡[編集]

伊豆諸島の系統を引く大和民族的なものと、南洋諸島に移住した島民などから伝えられたミクロネシア系民族の影響を受けたものが共存する。後者の民謡は『南洋踊り』と呼ばれ、2000年に東京都指定無形民俗文化財となった。

[編集]

固有の植物や海産物が多く採れ、ボニンコーヒー海亀肉、島魚を使った焼き物・煮物・島寿司味噌汁・ピーマカ(魚の漬け、ビネガーの転訛)、パッションフルーツマンゴーパパイヤグァバなどを用いたデザートリキュール、ダンプレン(ダンプリング、欧米系住民の食文化)などがある。

産業[編集]

小笠原の就業者のうち公務員が3割を占め[8]、観光業や飲食業などを加えて第三次産業従事者が7割超である。以下第一次産業が1割、第二次産業が2割[8]となっている。

パッションフルーツ、レモン、マンゴー、コーヒー(日本では沖縄諸島と小笠原のみ)の栽培のほか、はちみつラム酒の製造も行い、土産のほか本土にも出荷される。サツマイモアサガオなど一部の農産物や植物は本土には存在しない害虫の移出を防ぐため、諸島外への持ち出しに厳しい制限があり、消毒などの手続きを要する。

教育[編集]

父島に小笠原村立小笠原小中学校と東京都立小笠原高等学校、母島に小笠原村立母島小中学校があり、初等教育および中等教育の教育機関は揃っているが、高等教育を受けるために島を離れる子供は多い。孤島ゆえに教員の数も不足しがちと記載されている書物もあるが[8]現在[いつ?]のところ定員確保はされている。NHK学園放送大学などの通信教育を積極的に活用するなど質の高い教育を維持するための模索が続いている。最近[いつ?]、小笠原でも生涯学習機関設置の要望が高まってきており[8]、どのようにすべきか検討している。

ショッピング[編集]

本土からの物資輸送は定期船「おがさわら丸」入港日に商店に品物が入荷されるため、その直前は販売品が少ない。小笠原諸島では曜日に関係なく船の入港日に合わせた活動が行われている事例があり、船が島に停泊していない(船が東京に戻り、観光客も大半がいない)日は閉まっている店舗も少なくない。都では生活必需品に限り運送費を補助し、価格の安定化を図っている。

物流面の制約からファーストフード店やコンビニエンスストアといったチェーン店は存在しないが、個人経営の食堂や商店などはあり、食料品や日用品も販売している。書店はなく、購入できるのは商店で売っているごく限られた雑誌のみである。新聞の宅配もなく、おがさわら丸の入港時に一週間分の新聞をまとめて商店に並べる。

父島[編集]

スーパーマーケット(レジ袋は有料)、レストラン薬局などは揃っている。父島の農協(JA)直売所では諸島内で収穫される亜熱帯果物が手に入る。現金自動預け払い機(ATM)は東京島しょ農業協同組合(JA東京島しょ)小笠原父島支店と小笠原郵便局銀行系カードは七島信用組合小笠原支店で利用可能。かつては富士銀行が存在した(東京都小笠原出納事務所があったころ(1987年 - 2000年)、それに付随する東京都公金取扱金融機関として富士銀行本店公務部小笠原出張所が存在し公金の出納業務のみ扱った)。クレジットカードなどによる現金引き出しはゆうちょ銀行ATMでのみ利用可能。

母島[編集]

飲食店、商店がJA・漁協売店を含めて数軒、鮮魚店とガソリンスタンドが各1軒存在する。「飲み屋」を除いては概ね午後6時までの営業である。定休日は農協売店がおがさわら丸出港日翌日、漁協売店が日曜日、個人経営の商店も日曜日、ただしおがさわら丸入港中は日曜日も営業となっている。鮮魚店は平日午前8時から2時間の営業。理髪店は無い。

ATMはJA東京島しょ小笠原父島支店母島店(2006年10月までは「小笠原母島支店」があったが統廃合により「小笠原父島支店」に統合された。しかし諸般の事情により店舗を閉鎖できないために現在[いつ?]も「母島店」として残してあると思われる)にあり、外国の金融機関を除く金融機関のキャッシュカードやクレジットカードは使用できる(稼動時間:平日午前8時30分から午後4時まで)。郵便局のキャッシュカードは農協に併設されている簡易郵便局窓口を使用すれば手数料は無料で利用できる(窓口開設時間:平日午前9時から午後2時30分まで)。

通信など[編集]

郵便局は小笠原では数少ない金融機関通信手段であった(小笠原郵便局)(現在[いつ?]金融機関は郵便局のほかに東京島しょ農業協同組合が父島と母島に、七島信用組合が父島にある)

郵便[編集]

父島と母島に1局ずつ設置されている。2局とも風景印が配備されている。

  • 小笠原郵便局 - かつては、小笠原村全域を郵便区とする集配普通郵便局であった。営業時間は特定郵便局と同じ扱いであり、他の普通局より短い。ゆうちょ銀行ATMは小笠原局と二見港の船客待合所内に設置されている。2007年(平成19年)3月5日付けで無集配局化され、これまで行ってきた集配業務は新東京郵便局(民営化後は郵便事業新東京支店)に継承された。
  • 母島簡易郵便局 - JA東京島しょ小笠原母島店が簡易郵便局業務を受託している。かつては局内の私書箱へ住民が取りに来る方式だったが、1997年(平成9年)からはJAが配達業務も受託している[16](以前は年内に年賀状を受け取ることができたが、現在[いつ?]は内地同様1月1日に配達される)。また、ATMが設置されているが、本土に比べ稼働時間が短い(平日午前8時30分から午後4時までのみ)。

宅配便[編集]

自社による宅配便事業を行っているのは、日本郵便ゆうパック)の1社のみである。他の宅配便業者は基本的に小笠原海運を通して、地元にある運送会社に連絡運輸(他業者差込)という形をとっている。なお、「おがさわら丸」が宅配便を扱う事実上唯一の交通手段になるため配達には相応の時間を要する。また、期日指定が出来ないほか、各社ともクール便の取り扱いはしていない。

上記の理由により通信販売は制約が生じる場合がある。ニッセンなど小笠原諸島への取り扱いを行っていない業者もあるほか、特に依頼すれば不可能ではないものの通常の配送体系ではなく島内の運送会社への連絡運輸になるため高額な別料金(離島料金)が発生するケースや、別料金になることを断わった上で通常の契約業者ではなくゆうパックで発送するケースもある[要出典]。また、商品の発送については代金引換の対応を行わなかったり銀行振込による代金先払いを要請する業者もあるという[17]。それでも、小笠原諸島の住民にとって通信販売は日用品を得る貴重な手段である。

小笠原諸島は、ヤマト運輸宅急便のサービスが日本で最後(1997年11月)に営業を開始した地域である。同社はサービス開始当初、新聞の1ページ全面広告で最後の営業開始地域が東京都である旨を見出しにして、全国100%がサービスエリアであることをPRした。なお、父島にあった宅急便センターは後に撤退している[18]が、運賃体系は引き続き通常のものが適用している。

電話[編集]

小笠原の電話は、戦前に本土 - 小笠原 - グアム間の海底ケーブルがあり、1905年(明治38年)に本土との公衆電話が開通している。戦後は1969年(昭和44年)に父島から銚子無線電報局を相手に短波回線により運用を開始したことに始まり、1983年(昭和58年)まで短波帯多重無線による電話が行われていた。当時は回線が数回線しかなく、オペレーターに通話を申し込む方式で電話が殺到すると待たされることも多かったようである。電波障害により雑音が交じり、通信が困難になることも多かった。1983年(昭和58年)からは通信衛星を利用した本土とのダイヤル即時通話が始まった。しかし衛星を利用しているため音声が若干遅れる。

母島において戦後、一般加入電話は1983年(昭和58年)まで小笠原村役場母島支所、小笠原島農業協同組合母島支店(当時)、小笠原母島漁業協同組合の3回線のみであった(東京都小笠原支庁母島出張所は行政無線、五洋建設は独自に短波帯に無線回線を持っていた)。

携帯電話1999年(平成11年)から父島と母島の一部でNTTドコモの音声通話のみ使えるようになったが、当初はi-modeが使えなかった。FOMA2006年(平成18年)6月8日よりFOMAプラスエリアとして父島と母島の一部地域で使えるようになり、movaでは利用出来なかったi-modeとデータ通信も含め、FOMAの全サービスを利用出来るようになった。利用可能機種はFOMAプラスエリア対応機種に限られる(iPhone3G、3GS、4のSIMフリー版は、正式には対応していないが、FOMAプラスエリア周波数帯を受信出来るため、利用可能である)。

KDDIau2007年(平成19年)3月末までに父島の一部地域からサービスを開始し、EZwebも利用可能。母島は2012年(平成24年)7月よりサービスを開始した[19]

ソフトバンクモバイルは2011年9月6日に父島、2011年11月上旬には母島にて3Gハイスピードのサービスを開始した[20][21]

インターネット[編集]

特記無い場合は父島・母島。

固定
小笠原村により父島・母島のほとんどの世帯に光ファイバーケーブルが敷設されている。従来は本土との間で衛星回線を使用して接続していたため一般契約者の諸島外との通信速度は決して速くはなかったが、定額料金で利用できる。また衛星回線を大量に確保し、それを束ねることによって、本土と小笠原村役場間の回線のみ1Mbpsの回線が確保される運用も行われていた。一般利用ができる高速回線は「小笠原村情報センター」(父島)にあり、持込または備付のパソコンが使用できる。
2011年7月2日午前5時より従来の衛星電話回線を父島・母島内IPネットワークのバックボーンとして利用したインターネット接続サービスから、海底光ファイバーケーブルを利用した高速インターネット接続サービスへ切り替え工事が実施され、名実ともに父島・母島内でブロードバンドインターネット接続サービスが利用できるようになった。これに併せて衛星回線経由によるサービス提供時には通信ポート制限を行なっていたが同日のバックボーン切り替え以降、通信ポートの制限は撤廃された。運用保守はNTT東日本
なお、JAXAは2009年11月15日から24日の間、超高速インターネット衛星「きずな」 (WINDS) による初のブロードバンドインターネット接続利用に向けた実証実験を父島にて行なった[22]
移動体
NTTドコモの携帯電話では、FOMA開始によりパケ・ホーダイを利用して定額でi-mode経由によりインターネットも使えるようになった。2007年3月1日パケ・ホーダイフルが開始(PC用のウェブサイトを含め定額で閲覧可能)。
同年10月、PC向け定額インターネット「定額データプラン」が開始された(同サービスは利用出来るプロトコルや一部のサイトが閲覧できないなどの制限がある)。
同年12月22日、au(KDDI)が開始したPC向けデータ定額プランが利用可能になった。2009年1月27日にNTTドコモもパケ・ホーダイダブルがPCおよびPDAでのデータ通信に関しても定額対象とし、従前のFOMA定額サービスとは異なり利用するサービス(動画観覧、FTPなど)に制限無くPCによる定額データ通信が可能になった。
前述のとおりソフトバンクモバイルは2011年9月6日に父島、2011年11月上旬には母島にて3Gハイスピードのサービスを開始した。
また、ウィルコムが提供する、FOMA回線(MVNO)を利用したWillcomCORE3Gサービスを開始し、端末・サービス限定ではあるが、利用可能である。
イー・モバイル、ウィルコム(PHS)、UQコミュニケーションズ(WiMAX)はサービスエリア外である。

アマチュア無線[編集]

アマチュア無線局に対してJD1で始まるコールサインが本諸島地域へ発給されることから、このコールサインを使用した交信を行うべくアマチュア無線の運用を目的とする旅行者も存在する。は父島にアンテナなどの設備一式を備えた宿[要出典]があり、機器類の貸し出しも行っている[要出典]ため簡単に運用することが可能である。-->アメリカ無線中継連盟 (ARRL) が発行するDXCCというアワードにおいては、日本は南鳥島、南鳥島以外の小笠原諸島、小笠原諸島以外の日本の3つのentityに分けられている。南鳥島については他の陸地と大きく離れており、別のentityとみなされる。南鳥島以外の小笠原諸島は日本本土との最短距離(177マイル : 規定上は225マイル以上必要)がDXCCのルールを満たさないが、日本復帰時に「小笠原が本土と異なるコールサインを使うなら別カントリー(当時の呼称 : 現在[いつ?]のentityに相当)にする」との日米のアマチュア無線連盟の取り決めにより、JD1というコールサインを使うことで本土とは別のentityになっている。なお、QST(ARRL機関紙)1949年3月号のカントリーリストによると日本復帰前のコールサインは米国のKG6IA-IZが割り当てられていた。

その後の沖縄県の本土復帰にあたっては小笠原のような取り決めが行われなかったため、沖縄県は本土と同じentityとして扱われている(復帰前の沖縄はKR6(米軍関係)およびKR8(琉球人))。

また、電話の項に記述しているが、以前は本土との有線系電話が非常につながりにくかったことや、父島と母島間の通話が困難だったことからかなりの島民が開局していたが、有線系電話回線の改善によりその数は減少した。開局していた島民の大部分は単に日常通信手段としてアマチュア無線を使っていたためで、現在[いつ?]島民による島外向け運用は父島・母島(現在[いつ?]小笠原村で住民登録できるのは父島・母島のみとなっている)あわせても一桁程度で、JD1コールで聞こえていても、その運用のほとんどが観光客によるものである。

放送[編集]

日本国内向けの衛星放送(BS・CS放送[23])は視聴できるので、ここでは地上系による放送に限って記述する。

テレビ[編集]

地上波テレビ放送はアナログ放送のみ放送されていたが、2010年6月30日正午をもって地上波中継を停止し、以降は村が敷設した光ファイバーケーブルによる小笠原村ケーブルテレビ経由となっている。

地上波中継停止前のテレビチャンネル[編集]

局名 父島 母島
NHK BS1 9ch 10ch
NHK BSプレミアム 11ch 12ch
TOKYO MX 47ch 48ch
NHK Eテレ 49ch 50ch
NHK総合 51ch 52ch
日本テレビ放送網 53ch 54ch
TBSテレビ 55ch 56ch
フジテレビジョン 57ch 58ch
テレビ朝日 59ch 60ch
テレビ東京 61ch 62ch

沿革[編集]

テレコムセンター(江東区)

小笠原のテレビ放送は1976年に父島、1977年に母島にケーブルテレビ局が開局し、本土から船便で送られたテレビ番組を1日数時間放送したことに始まる(現在[いつ?]は廃局)。この方法ではニュース番組生放送できないため、共同通信が、自社の、船舶向けファクシミリ通信で、小笠原向けニュース配信を行っていた。

本土と変わらないテレビ放送としては、1984年のNHK-BS実用化放送開始により、小笠原でもBSの番組が視聴できるようになったことに始まる。1996年から、東京都による「難視聴対策用衛星中継回線」の運用が始まった。 江東区青海にあるテレコムセンターにて、東京タワーから発射されるNHK民間放送の放送を受信し、デジタル圧縮を行い、信号のスクランブル化を施し、SHF波(Ku-band 14GHz帯)に変換した後、電波通信衛星JCSAT-3号に送信(アップリンク)していた。

地上波をわざわざスクランブル化とデジタル圧縮を施していた理由は、衛星回線を使用しているため、小笠原地域以外(本土や近隣諸国など)でその電波を傍受される可能性があり、再送信目的の放送を他地域で視聴されるのを防止するためである。スクランブル方式は「小笠原向け方式」と云われる独自の方式で、このスクランブルを解読するデコーダーは一般では入手出来なかった。

衛星ではCバンド(4GHz帯)に周波数変換され、父島と母島にある地上局でそれぞれ受信(ダウンリンク)、スクランブルを解読(デスクランブル)し、上表のUHF波に変換した上で、島内設置の送信所からUHF再送信していたが、一部の地区では共聴受信により、東京タワー本局とほぼ同じチャンネルで受信できるようにチャンネル変更していた(ただしTBS 4ch、TOKYO MX 5ch、日本テレビ 6chとなっていた。NHK-BSは上表と同じ)。衛星回線の使用には年額4億円もの莫大な費用がかかることから、この放送の視聴のため島民から毎月3,000円を「テレビ放送受信費」として徴収し、NHKや在京民放各社も費用を出していた。

天候変化に弱いマイクロ波の衛星回線を使用しているため、大時などの際に受信障害が発生していた。

2011年7月のアナログ放送終了による地上デジタル放送への移行について、衛星回線経由と海底光ファイバーケーブル経由が検討されていたが、インターネットなどの通信事業と併せ、都が主体で情報基盤が整備されることとなり、統合情報基盤光ケーブルと称される海底ケーブル経由となった[24]。報道によると、2009年内に業者選定および工事発注を行い、2011年7月の地上アナログ放送終了までには整備を終わらせる予定とのことである[25]。 島内での伝送方法については、現行の中継局設置ではなく、父島および母島とも、既設の小笠原村営光ファイバーケーブルによる小笠原村ケーブルテレビを利用することとなった[26][27]

2011年5月18日、在京各社の地上デジタル放送の試験放送が、統合情報基盤光ケーブルで開始された。放送開始までの間、は、地デジ難視対策衛星放送(BSセーフティーネット/標準画質放送)によって地上デジタル放送が受信できる地域に指定されていた[28]。統合情報基盤光ケーブルでの放送波の伝送ルートは、八丈島にある八丈中継局を同島内で受信し、ここから父島および母島に向けて海底伝送される[29]

ラジオ[編集]

小笠原諸島には長らくNHK、民放を含めてラジオ中継局が存在しなかったため、超短波(FM)放送は異常伝播時以外は全く聴くことができず、中波放送も一部地域を除き電離層に反射して届く夜間に限り聴くことが出来る状態で、直接受信で終日聴取可能な国内放送はスターデジオ等CSラジオ各局、BSデジタルラジオの放送大学短波放送ラジオNIKKEIだけであった。

国外向けの短波放送、NHKワールド・ラジオ日本が受信される場合もある(短波のほかNHKワールドのテレビ放送で使用している衛星を用いたデジタルラジオ放送も行われているが、こちらは国外衛星放送受信装置とCバンドのLNB、パラボラアンテナ(国内衛星放送より大きめのサイズ)を用意すれば終日、安定した電波、テレビ・FMラジオ並みの高音質で聴取可能)。

NHKの国内放送に関しては、放送法で「協会は、中波放送と超短波放送とのいずれかおよびテレビジョン放送が、それぞれあまねく全国において受信できるように措置をしなければならない」と定められているため、中波放送(NHKラジオ第1第2)または超短波放送(NHK-FM)のどちらかの中継局は必ず設置し、終日聴取できるようにしなければならない義務があるものの、長らく開局の目処が立っていなかったが、2013年3月31日から、父島・母島の両地区にあったアナログテレビ放送の中継局を再利用する形で、NHKラジオ第1・第2・FM放送の3波すべてで中継局が設置された。なお、中波のNHKラジオ第1・第2は、外国波による混信対策のため、FM波での送信である。

局名 父島 母島
NHK東京
FM
79.6MHz 79.6MHz
NHK東京
第1
82.6MHz 82.6MHz
NHK東京
第2
84.6MHz 84.6MHz

ラジオ放送の再送信[編集]

NHK東京第1放送とTOKYO FMは、小笠原村が村営光ケーブル回線を利用して実施している防災行政無線の戸別受信機により、モノラルで聴くことができる。両局以外の放送については、在京の民放ラジオ局が「radiko」により、PCやスマートフォンからインターネット経由で聞くことができ、NHKのラジオ第2・FM放送は、2011年9月1日に運用開始された「NHKネットラジオ らじる★らじる」でも配信している。

医療[編集]

父島と母島にそれぞれ村営診療所があり医師歯科医師がそれぞれ常駐している。問診のみならず、一般的な血液検査機器(自動血球計算器、自動生化学測定器など)および、超音波画像診断装置上部消化管内視鏡単純X線撮影装置、X線透視装置、ヘリカルスキャンCT装置が両島に配備されている。これは特に母島診療所においてこの規模の離島としては国内に類を見ない設備[30]である。これを補完するために専門医による診療は定期的巡回診療の際に行われる。

診療所で対応困難な急病人が発生した場合は村役場からの連絡を受け、東京都知事が海上自衛隊に出動要請を行って海上自衛隊機で搬送することになる(後述)。慢性疾患や出産により島民が長期の離島を余儀なくされるケースは多く、中には今後の健康上の問題から、本土の病院に運ばれたまま退院後の帰島を諦めざるを得ない人もいるという。

急患搬送[編集]

本土から小笠原諸島へは非常にアクセスしにくいため、島内で急を要する重病が発生した場合、海上自衛隊硫黄島航空基地所属のヘリコプターにより硫黄島を経由して海上自衛隊や航空自衛隊の航空機によって本土に搬送されるか海上自衛隊岩国基地に本部を置く第31航空群第71航空隊の厚木分遣隊(海上自衛隊厚木基地に常時1機が待機)所属の飛行艇で本土までの搬送を行っている。以前は小笠原のヘリポートに夜間照明が設置されていなかったため「夜間に発病すると手遅れ」とも言われていた[8]が、現在[いつ?]は夜間でも搬送ができるようになった。

交通[編集]

父島・二見港(奥におがさわら丸が接岸中)
おがさわら丸(父島二見港)
ははじま丸(母島沖港)
共勝丸(東京港月島ふ頭)
待機中の小笠原村営バス

父島と母島以外の島には公共交通機関またはそれに準ずる一般客向け輸送機関が存在しない。

本土から父島[編集]

  • 小笠原海運「おがさわら丸」(通称:おが丸)
    • 東京港竹芝桟橋)と父島(二見港)を結ぶ貨客船(所要時間25時間30分、おおむね観光シーズンは3日に1便、オフシーズンは6日に1便就航)。片道運賃は等級によって異なり、2万2570 - 5万6490円、夏期2万5100円 - 6万2790円)。
    • テクノスーパーライナー (TSL)「SUPER LINER OGASAWARA」(最高時速約70km、総トン数1万4500トン、乗客数740人)が2006年春以降に就航する計画があり、実現できれば所要時間は約17時間に短縮される見込みだった。しかし、現在のおがさわら丸に比べ接岸時には悪天候に弱く、また高速航行でエネルギー効率燃費)が悪く(船は速度が上がるにつれて造波抵抗の影響でエネルギー効率が悪くなる)、燃油価格の高騰も理由として、小笠原海運は2005年8月にTSLの就航中止を発表した。
  • 共勝丸「第二十八共勝丸」
    • 東京港(月島ふ頭) - 父島(二見港) - 母島(沖港)を結ぶ貨物船で、定員9名分の客室があり旅客営業も行っている。東京港(月島)と父島間を所要45時間程度で結ぶ。海況が悪い時は何日も余計にかかることもある。東京 - 父島間は原則として積載貨物の添乗、小笠原村住民、緊急と認められるかのいずれかである必要がある。東京 - 父島間の片道運賃1万8000円。
    • 主たる貨物としてガソリンプロパンガスなどの危険物旅客船には法令により危険物を積載することができない)や建設資材などの重量物や食料品(アイスクリームなどの冷凍品を含む)・日用雑貨などを島に運び、島からは空き缶や空きペットボトル、廃車などの廃棄物を本土に運んでいる。

母島のアクセス[編集]

  • 伊豆諸島開発ははじま丸
    • 父島二見港と母島沖港を結ぶ貨客船。1日0.5 - 1往復就航(所要時間2時間、休航日あり)。おがさわら丸入出港日は接続するダイヤを組む(片道運賃1等7,560円、2等3,780円)。
  • 共勝丸「第二十八共勝丸」
    • 東京港と母島を乗り換え無しで結ぶ唯一の船便。父島 - 母島間は所要約3時間(東京 - 母島間の片道運賃2万円、父島 - 母島間の片道運賃2000円)。

父島内[編集]

父島には小笠原村営バスが運行されている(東京都シルバーパス使用可)。他には観光タクシー、レンタカー、レンタルスクーターレンタサイクルがある。諸島外から自家用車やバイクを持ち込む場合は貨物扱いとなり、125cc以下のバイクはチッキ(受託手荷物)扱いとなる。

母島内[編集]

母島には定期公共交通機関がない。レンタカー、レンタルスクーター、レンタルサイクルがある。レンタルスクーター、レンタサイクルの取り扱い店はレンタルスクーターが3軒、レンタサイクルは1軒であり、それぞれ保有台数は少ない。一部店舗は予約をしておらず、当日朝の先着順で貸し出しを行っているところもある。その他、島内各地へは有償運送(乗合タクシー)を行っている。母島発遊覧・遊漁船が運行している。

空港建設問題[編集]

空港のない父島列島には以前から民間航空路線開設の要望がある。現在[いつ?]でも海上自衛隊岩国基地所属の飛行艇(US-1A)が父島に飛来することがあるが、急病人および東京都知事閣僚など要人の搬送を目的とする場合に限られている。

[いつ?]までに父島洲崎(1000m級滑走路)、兄島(1600m級滑走路)、父島時雨山(しぐれやま)を予定地とする空港建設がそれぞれ検討された。しかし滑走路が短すぎる(洲崎候補地)、父島との交通手段を確保する必要がある(兄島候補地)などの困難を伴うことや世界で唯一の植物群落などの貴重な動植物の保護の必要があることから空港建設のめどは立っていない。羽田空港からの民間飛行艇による運航や自衛隊硫黄島航空基地を経由した大型ヘリコプターによる運航、同じく硫黄島から船便での運航など空港を父島列島に建設しなくてすむ方法も検討されているが、結論は出ていない。

古くからの住民の多くは空港建設を熱望している一方で、小笠原の自然に惚れ込んで移住した新住民の多くは秘境らしさを残したいために空港建設に消極的であるなど、島民の意見もまとまっていないといわれる[31]

2000年には横浜港と小笠原(兄島)との間を飛行艇で定期航空路を開設する計画を横浜国際航空が発表したが、実現していない。

2005年、東京都知事石原慎太郎テクノスーパーライナーの就航断念を受け、空港が地域振興に極めて必要であるとして環境に配慮しながらも最低限の第三種空港を建設する意欲を明らかにした[32]。その方法として、羽田空港D滑走路建設で検討されながらも採用されなかった「メガフロート」と地上滑走路の併用を考えていることを明らかにした。2006年3月15日の都議会予算特別委員会で石原都知事は「(かつて旧日本軍が建設した飛行場があった)父島洲崎地区を(空港として)利用したい」旨、表明した[33]。想定している滑走路の長さは最大でリージョナルジェットが運行可能な長さを想定している。

なお、伊豆諸島間を結んでいる東京愛らんどシャトルで使用しているシコルスキーS-76C(航続距離約800km)は父島 - 八丈島空港約700kmを3時間前後で飛行できるが、定期便を開設する、2機ある機体の内予備機を急患輸送に利用するなどの案はみられない。実際に利用する場合は、航続距離に余裕が無いためより航続距離の長い機種(警視庁航空隊も保有しているAW139など)を使用する、途中の青ヶ島で給油するなどの検討が必要となる。

主な機関[編集]

父島[編集]

EH-101 おおとり5号は導入後八丈島で給油して父島まで飛行した実績がある 立川飛行場→父島片道1010キロ 平成12年11月18日http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2415/chronology06.html

母島[編集]

  • 東京都小笠原支庁母島出張所
  • 小笠原警察署母島駐在所(警視庁管内で最南端の駐在所)
  • 小笠原村役場母島支所

南鳥島[編集]

  • 気象庁南鳥島気象観測所
  • 海上自衛隊南鳥島航空派遣隊

※海上保安庁南鳥島ロランC局は、2009年(平成21年)12月をもって運用を終了している。

脚注・参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地方税法第294条の規定による。
  2. ^ お天気Q&A
  3. ^ 気象レーダー観測の概要について|気象庁 2010年10月16日閲覧
  4. ^ 気象庁・報道発表
  5. ^ 気象庁・地方海上予報区
  6. ^ 東京都・土地分類基本調査「父島・母島」1992
  7. ^ a b 小田静夫・水山昭宏編集『発掘された小笠原の歴史 (Ogasawara Archaeology and History)』小笠原村教育委員会発行、2002年)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ダニエル・ロング『小笠原学ことはじめ』2002年、南方新社ISBN 9784931376762
  9. ^ a b 15.「咸臨丸風波ノ図」 外務省
  10. ^ 注意:文久2年1月1日=1862/1/30
  11. ^ 明治13年太政官布告第44号 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  12. ^ 父島中継局・母島中継局とも、ラジオ第1・ラジオ第2はFM波に変換して、FM放送はそのまま放送。
  13. ^ NHKのウェブサイトには掲載していないが、小笠原村の広報誌「小笠原村民だより 平成25年3月1日付(小笠原村総務課発行)[1]」に開局情報を掲載している。
  14. ^ 田中弘之 『幕末の小笠原』 中央公論社、1997年ISBN 4121013883
  15. ^ ダニエル・ロング「小笠原諸島における言語接触の歴史」『日本語研究センター報告』6号、1998年[2]
  16. ^ 「わたしたちの小笠原」(小笠原村教育委員会発行・小学生用副読本)
  17. ^ 第2章 島の生活>7 インフラ - 小笠原暮らし(窪田悦子、TactPlanning)
  18. ^ 最寄店検索でセンターが検索されず、既に撤退していることが確認できる。
  19. ^ auサービスエリアマップ
  20. ^ 小笠原村観光協会トピックス
  21. ^ ソフトバンクピンポイント検索
  22. ^ “超高速インターネット衛星「きずな」 (WINDS) による初のブロードバンド・インターネット実利用に向けた実証実験について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2009年11月2日), http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091102_kizuna_j.html 2011年7月3日閲覧。 
  23. ^ 「小笠原地域におけるブロードバンド化促進に関する検討会」報告書 1-2-5 (PDF) よりスカパー!は小笠原の地上波で使用している衛星と同じ衛星 (JCSAT-3A)を使用して放送を行っている。スカパー!のサービスエリアはJCSAT-3Aの衛星カバーエリア(Kuバンド)を参照。
  24. ^ 東京都建設局・小笠原の情報基盤整備について
  25. ^ 日刊建設工業新聞 2009年7月17日報道2009年8月1日閲覧
  26. ^ これは放送中継局の設置に莫大な予算費用と工事期間を要するためである。
  27. ^ 総務省関東総合通信局・東京都小笠原村への海底光ファイバーケーブル敷設に補助金交付決定≪医療画像伝送や超高速インタ-ネットの利用及び地デジ視聴が可能に≫2010年2月5日閲覧
  28. ^ ただしTOKYO MXは、海底ケーブルによる地上デジタル放送の試験放送開始まで、本土から船便で送られたテレビ番組を3週遅れの内容で丸1日放送していた。
  29. ^ 地上デジタル放送の送信チャンネルは八丈中継局と同じ。
  30. ^ 小笠原100の素顔〜もうひとつのガイドブック〜 東京農業大学出版会
  31. ^ 2008年7月5日付 東京新聞夕刊
  32. ^ 小笠原・父島に空港検討 超高速船代替で石原都知事 2005年10月28日、47News
  33. ^ 小笠原空港は父島・洲崎に 石原都知事 2006年3月15日、47News

関連書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]