検疫所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

検疫所(けんえきしょ)とは、海外から感染症や病害虫などが持ち込まれたり、また持ち出されることを防ぐ「検疫」を行う日本の機関。人体の検疫は厚生労働省健康局、食品の検疫は医薬食品局食品安全部所管の検疫所が、動植物の検疫は農林水産省消費・安全局所管の植物防疫所(植物)及び動物検疫所(動物)がそれぞれ管轄している。 以下、日本国内における検疫業務について記述する。

検疫所(厚生労働省)[編集]

概要[編集]

検疫所一覧[編集]

以下の検疫所が設置され、全国の主要港湾・空港に支所・出張所がある。各検疫所等には検疫官が配置されている。

  • 小樽検疫所
  • 仙台検疫所
  • 成田空港検疫所
  • 東京検疫所
  • 横浜検疫所
  • 新潟検疫所
  • 名古屋検疫所
  • 大阪検疫所
  • 関西空港検疫所
  • 神戸検疫所
  • 広島検疫所
  • 福岡検疫所
  • 那覇検疫所

植物防疫所(農林水産省)[編集]

  • 植物防疫法に基づき、植物防疫官による検疫業務を行っている。
  • 主に病害虫の侵入を防ぐため、切花種子野菜穀類類・木材香辛料原料・漢方薬原料など、原則として全ての輸入植物について検査が行われる。(但し、製材・製茶など高度に加工がなされたものについては、検査不要となる場合もある。)また、輸出相手国の求めに応じて、輸出植物について「輸出検疫」も行う。なお、昆虫類についても、植物防疫所が取り扱う。
  • 日本に植物を輸出する国々へ植物防疫官を派遣し、消毒や輸出検疫が適正に行われているかを確認する「海外検疫」、南西諸島などにおける、アリモドキゾウムシをはじめとした重要病害虫の防除根絶などの「国内防疫」も、植物防疫所の重要な業務である。

動物検疫所(農林水産省)[編集]

概要[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]