気象観測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
気象観測衛星(MTSAT

気象観測(きしょうかんそく、: weather observation)は、気象現象観測を行うこと全般を指す語。気象学の研究において基礎となる手法であり、人類史の中では、古代自然現象観測から始まり、現在では地球内外のあらゆる場所で行われている。

防災健康管理、公共利用などに資する気象予報に必要不可欠な作業である。気象現象のメカニズムを解明する上でも必要不可欠な基礎的手法である。また、気候の観測や研究においても、長期間の気象観測データが必要不可欠である。

歴史[編集]

世界気象機関(WMO)本部の入るビル

紀元前6世紀にはギリシアで風向きの観察が行われ、紀元前4世紀にはインドで雨量の観測がなされた。水銀気圧計の発明へと繋がるトリチェリの実験は1643年のことで、19世紀初頭には測定器械による気象観測が行われるようになった。1873年には第1回国際気象会議がオーストリアウィーンで開催され、観測方法統一の問題を取り上げた。この会議は1951年に、国際連合の機構の一つである世界気象機関へと発展する。第2次世界大戦後半より気象レーダーが使用され始め、1960年、世界初の気象衛星タイロス1号アメリカ航空宇宙局によって打ち上げられた。1989年には地球環境に拘わる大気成分を地球規模で観察し、科学的な情報を提供する全球大気監視計画が開始された。日本においては、天気予測を目的にした気象の観察はかなり昔からなされていたが、気象庁の前身である東京気象台が観測を開始したのは1875年である[1]1974年アメダスの運用が開始された。

一方、気象観測においては、観測した情報を迅速かつ大量に多数の場所から収集して、気象の実況や予報に生かす必要がある。このため、古くより観測データを送る技術面での向上の努力もなされてきた。19世紀後半には電信を利用した送受が始まり、限られた情報量で大量のデータを起こるための記号法なども開発された。20世紀初頭からは無線通信が普及し始めて長距離の送受が容易になった。1950年代からは電子計算機が導入され始めてデータの処理速度が上がり、高速通信の受け皿となった。そして、コンピュータによるデジタル通信が可能となったことでデータの送受速度が飛躍的に伸び、予報の精度向上に寄与した。

気象観測の種類[編集]

地上気象観測所、イギリス・ロンドン キューガーデン
ラジオゾンデを自動で打ち上げる装置、沖縄県南大東島

気象観測はその場所により、大きく4つに分類される。陸上で行われるのが地上気象観測、海洋(海上)で行われるのが海洋(海上)気象観測、地上から離れた大気中あるいは高山で行われるのが高層気象観測、人工衛星によって行われるのが衛星観測である。先に挙げたものほど古くから行われている。気象衛星による衛星観測が登場したのは20世紀半ばであり、科学技術の発展によってその方法は複雑化・多様化してきた。

学術研究の対象、あるいは防災などの目的のために行う気象観測は、市民の安全に関わる問題でもあり、世界各国で行政に一定の責任を持って行っている。多くの国は19世紀・20世紀より、気象観測を管轄する気象機関や研究機関を設置して、研究の中で観測手法を改良してきた。日本では、気象業務法等により、気象庁をトップに気象機関に対して気象観測・予報の義務付けと制限を行うとともに、観測の精度を維持している。世界的に見ても、国家の気象機関が気象業務の責任を負い予報などを発表している国がほとんどである。この背景の1つとして、気象観測・予報は軍事面でも必要とされる業務であり、国家により占有する必要性があることが挙げられる。一方、一部の気象業務が民間に開放されている国もあり、日本などでは自由化がある程度進んでいる。

ノウハウの不足した国に対しては、世界気象機関(WMO)が中心となって1963年から開始された世界気象監視計画(WWW)に基づき、先進国が協力を行っている。またWWWでは、各種気象通報式の規格を策定したり、国際民間航空連合(ICAO)などとも協力して国際的な観測網を構築するなどし、気象業務の向上を図っている。

地上気象観測[編集]

地上気象観測は、気象観測といえばこれを指すほど主流の観測手法である。観測の歴史が古い所も多いので、統計上信頼性のあるデータが得られる所が多いが、古い設備の科学的精度が低いという問題もある。観測場所の数は他の3つに比べて圧倒的に多い。機器設備の設置や管理が容易である。

気温や気圧などの簡単な観測は、関連する科学的知識があり、多少の誤差を我慢すれば、身近なものから機器を作って誰でも手軽に行える。学校教育、特に理科(科学)教育でも広く行われている。アメリカでは、CWOPという市民参加型の気象観測網も存在する。

観測対象となるのは、具体的には気象要素と呼ばれるものである。天気気温気圧湿度視程降水日射など多岐にわたり、細かく分けると数十の要素がある。天気などは人の目による目視で行われる一方、気温などの物理量は機器を使って精度を保っている。人員と設備さえあれば、ほとんどの観測は地上で行える。

有人観測だけだったが、20世紀中盤以降、無人観測が普及して観測点も急増した。高山での気象観測が19世紀から行われてきた。また、飛行機の発明により、気象観測機による観測も始まった。

海洋気象観測[編集]

海洋では、古くは気象観測船による観測が行われていたが、観測拠点を増やし長時間観測を行う必要性から、無人の海洋気象ブイが登場し20世紀中盤から普及した。

地上と異なり、位置制御を行わない観測船やブイは、常時同じ地点で観測できない。

地上気象観測の要素とほとんど同じものが観測できるが、海流の向きや速度、海水温海氷の有無など、海に特化したものが観測できる。海洋学の研究でも重要な手法である。

高層気象観測[編集]

地表の大気と高層の大気は性質が異なり、地上の天候の変化に先立って高層の気象が変化する場合があることから、古くから「夕焼けで翌日は晴天」や「朝焼けは天気が下り坂」などの天気俚諺としても知られる観天望気が行われた。

高層観測が始まったのは18世紀に入ってからで、1749年アレキサンダー・ウィルソンが凧に温度計を付けて飛ばし凧観測を行なったことが知られている。 また、1783年モンゴルフィエ兄弟ジャック・シャルルが気球の有人飛行に成功して以降は、気球に観測機器と人を乗せて高層の大気観測が行なわれた。

本格的な高層観測が始まるのは1880年代に入ってからで、1883年にダグラス・アーキボルドが凧による高層風観測を始めたが、高度3000m以上の観測ができないため、じきに廃れた。 また1892年にエルミート(Gustave Hermite)が探測気球(Sounding balloon)として無人の気球に気温・湿度・気圧などを観測する装置を付けて飛ばし、成層圏の存在を発見するなどの成果を上げたが、観測装置の回収の手間と時間が掛かり観測結果が天気予報の資料に使えないことから、1902年にビュローなどにより気温・湿度・気圧の観測結果を即時に無線で発信するラジオゾンデが登場した。

一方で、1908年には色の付いた気球を飛ばし、1台ないし複数台の測風経緯儀で目視で気球を追跡して風向・風速を観測する測風気球(パイロットバルーン)観測も始まり、同様に気球を飛ばして雲量を目視で観測する測雲気球観測も行なわれたが、目視観測は天候不順や夜間は観測できないため、夜間は気球に豆電球を点して飛ばしたり、小型の無線発信器を気球に付けて飛ばし、地上で電波の強弱で風向・風力を調べることも行なわれた。(現在ではレーウィンゾンデからの電波を自動追跡する方向探知器やGPSゾンデの観測結果により風向・風速を観測することができる。)

1950年代後半以降は気球の特殊観測装置を搭載したオゾンゾンデや露点ゾンデ、観測ロケットで気球で届かない高高度の成層圏全体の観測を行なうロケットゾンデ、台風の目の中に飛行機などから投下して観測するドロップゾンデなども登場している。

日本では1920年8月高層気象台が創立され、1921年4月に測風気球観測、1925年8月に探測気球観測、1944年9月にはラジオゾンデによる高層気象観測が始まっている。

衛星観測[編集]

1950年代からは気象衛星可視光線センサー赤外線レーダーによる観測が始まった。長波領域の電波は雲による吸収の問題があるため、大気の窓領域などを利用している。現在、温度の推定、水蒸気量の推定、の有無の推定、風向・風速の推定などができる。また、物質の分布を推定し、主に大気化学などに利用されるものもある。

気象予報のために主要国が分担して、常時数機の衛星を運用し、データの利用を国際的に開放している。このほか、各国が独自に利用している衛星も多数ある。

観測の方法と機器[編集]

自動気象観測装置

気象要素ごとに、それを観測する機器や方法などを解説する。

以下は気象観測の一環として行う場合もあるが、海洋観測の部類に入る。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 気象庁の歴史

関連項目[編集]