米子市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
よなごし
米子市
Yonago montage.JPG
1段目:皆生温泉
2段目左:妻木晩田遺跡
2段目右:米子城
3段目左:孝霊山4
3段目右:米子市美術館
4段目:米子市街地
Flag of Yonago, Tottori.svg
米子市旗
Symbol of Yonago, Tottori.svg
米子市章
2005年12月1日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
団体コード 31202-9
面積 132.21km²
総人口 147,943
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 1,120人/km²
隣接自治体 境港市
西伯郡大山町南部町伯耆町日吉津村
島根県安来市
市の花 ツツジ
市の鳥 コハクチョウ
米子市役所
所在地 683-8686
鳥取県米子市加茂町一丁目1番地
北緯35度25分41.4秒東経133度19分51.2秒
米子市役所
外部リンク 米子市

米子市位置図

― 市 / ― 町・村


北緯35度25分30秒東経133度20分01秒
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

米子市(よなごし)は、鳥取県西部の都市。東は大山町、南は伯耆町南部町、西は島根県安来市、北は境港市に隣接している。

目次

概要[編集]

江戸時代初期から商業都市として発展し、『山陰大阪』とも呼ばれる。山陰両県の中央に位置する立地から、両県を統括する企業や機関が米子市や同じくほぼ中央に当たる松江市に置かれるケースが多い。そのため、県庁所在地ではないが鳥取大学医学部山陰放送(テレビ・ラジオ兼営局)などがある拠点都市となっている。

鉄道ではJR山陰本線境線伯備線の分岐点に当たり、JR米子支社が置かれ、また道路では国道9180181431号及び山陰自動車道米子自動車道が通り、岡山鳥取境港松江と結ばれているほか、米子空港境港からは韓国ソウル仁川)や東海ロシアウラジオストクとも結ばれるなど、山陰随一の交通の要衝となっている。

本市を中心に山陰最大となる約24万人の人口を擁する米子都市圏が形成されている。また、広域に及ぶ経済地域として、隣接する松江出雲・安来の各都市圏とともに、雲伯地方に中海・宍道湖経済圏を形成する。

山陰最大の温泉地である皆生温泉は、日本におけるトライアスロン発祥の地としても有名[1]

地理[編集]

市域はほぼ平坦で、米子平野を日野川が流れる。南部は大山の裾野として丘陵地になっており、北西部の弓ヶ浜半島からその山岳地帯を望むことができる 。日野川の水を取水として、米子市から境港市にかけて用水路「米川」が流れている。

自然[編集]

河川
  • 日野川
  • 法勝寺川
  • 旧加茂川
  • 新加茂川
  • 米川
  • 新開川
  • 東山川
  • 佐陀川

隣接する自治体[編集]

人口[編集]

Demography31202.svg
米子市と全国の年齢別人口分布(2005年) 米子市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 米子市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
米子市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 117,056人
1975年 126,523人
1980年 136,053人
1985年 140,615人
1990年 140,503人
1995年 143,856人
2000年 147,837人
2005年 149,584人
2010年 148,090人
総務省統計局 国勢調査より

町名[編集]

啓成
明道
就将
義方
  • 角盤町
  • 尾高町
  • 岩倉町
  • 寺町
  • 天神町
  • 内町
  • 立町
  • 灘町
  • 花園町
  • 西町
  • 三旗町
  • 義方町
  • 三本松
住吉
  • 旗ヶ崎
  • 上後藤
  • 安倍
車尾
  • 車尾
  • 観音寺
  • 中島
  • 観音寺新町
  • 車尾南
加茂
  • 両三柳
  • 河崎
福生
  • 上福原
  • 皆生
  • 皆生新田
  • 皆生温泉
福米
  • 東福原
  • 西福原
  • 米原
  • 新開
五千石
  • 福市
  • 八幡
  • 諏訪
尚徳
  • 青木
  • 上安曇
  • 下安曇
  • 兼久
  • 別所
  • 榎原
  • 大袋
  • 永江
成実
  • 石井
  • 奥谷
  • 美吉
  • 宗像
  • 日原
  • 橋本
  • 奈喜良
  • 吉谷
  • 古市
  • 新山
彦名
  • 彦名町
崎津
  • 大崎
  • 葭津
大篠津
和田
富益
夜見
  • 蚊屋
  • 今在家
  • 二本木
  • 熊党
  • 浦津
  • 吉岡
  • 流通町
春日
  • 一部
  • 上新印
  • 赤井手
  • 下新印
  • 古豊千
  • 高島
  • 東八幡
  • 水浜
伯仙
  • 尾高
  • 岡成
  • 下郷
  • 日下
  • 石州府
  • 福万
  • 河岡
淀江
  • 淀江町今津
  • 淀江町淀江
  • 淀江町西原
  • 淀江町福岡
  • 淀江町稲吉
  • 淀江町高井谷
  • 淀江町中西尾
  • 淀江町本宮
  • 淀江町西尾原
  • 淀江町富繁
  • 淀江町福井
  • 淀江町福頼
  • 淀江町平岡
  • 淀江町佐陀
  • 淀江町中間
  • 淀江町小波

気候[編集]

全域が日本海側気候で、春から秋は好天の日が多く、冬は曇りや雪、雨の日が多い。夏は最高気温が30度を超える一方、冬は最低気温が氷点下に達する。豪雪地帯となっているが、県東部の鳥取市と比べると積雪は少なく、過去に積雪が1mを超えたことはない。過去最深積雪は、平成23年豪雪2011年1月1日に記録した89cmである[2]


米子(1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 8.0
(46.4)
8.7
(47.7)
12.2
(54)
18.1
(64.6)
22.6
(72.7)
25.6
(78.1)
29.7
(85.5)
31.3
(88.3)
26.7
(80.1)
21.7
(71.1)
16.4
(61.5)
11.2
(52.2)
19.4
(66.9)
平均最低気温 °C (°F) 1.1
(34)
1.1
(34)
3.2
(37.8)
7.8
(46)
12.9
(55.2)
17.8
(64)
22.4
(72.3)
23.3
(73.9)
18.9
(66)
12.5
(54.5)
7.5
(45.5)
3.4
(38.1)
11.0
(51.8)
降水量 mm (inch) 145.3
(5.72)
126.3
(4.972)
130.0
(5.118)
104.9
(4.13)
122.9
(4.839)
181.2
(7.134)
240.1
(9.453)
125.2
(4.929)
209.2
(8.236)
129.8
(5.11)
128.6
(5.063)
128.5
(5.059)
1,772
(69.764)
降雪量 cm (inch) 55
(21.7)
44
(17.3)
11
(4.3)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
24
(9.4)
133
(52.4)
平均月間日照時間 74.2 84.9 134.8 180.6 206.2 164.4 171.9 208.9 146.5 159.7 114.5 89.2 1,732.3
出典: 気象庁[3]

歴史[編集]

 古事記においては国生みの際、淡嶋が出現するが、これが米子市の粟島神社があるあたりであるとすることが言われている。また、同書には隣接する島根県安来市に国生みの神イザナミが崩御されたという比婆山に関し、伯耆と出雲の堺と記され、この神陵地確定の根拠となる要所でもある。 戦国末期には伯耆西部は出雲の東部とともに吉川広家が治めていた。

1601年徳川家康により、伯耆国17万5000石の領主として中村一忠が封せられ、1602年に米子城を完成したといわれている。藩主中村一忠は11歳と幼少のため、執政家老横田村詮が新たに米子藩城下町を建設し藩政を治めた。1609年藩主中村一忠が急死し中村家は断絶した。

1610年加藤貞泰が入城した。中江藤樹近江聖人と呼ばれる)は少年期を過ごしたが、加藤家の伊予大洲藩へ移封に伴い米子を去った。 その後池田氏が治めることとなり、1632年以後は、池田氏家老荒尾氏自分手政治 を行った。

1871年廃藩置県鳥取県となり、1872年米子城の土地、建物は米子在駐の大四大隊の士族らに払い下げられた。

1889年町制施行、会見郡米子町となる。郡合併で西伯郡となった後、1927年に市制施行し米子市となる。

米子市の中心街は自動車の進入できない狭隘な街路が多く、1960年代後半から急速に進んだモータリゼーションの影響で交通事情が悪化し、防災面でも極めて大きな問題を抱えていた。これの解消を目的として米子駅前通り土地区画整理事業の施行が企図され、1970年7月の事業計画認可・着工から13年間を経て1983年6月に完工した。

施行区域は茶町全域、明治町万能町末広町塩町東町日野町加茂町一、二丁目、久米町弥生町の一部、計十一町、施行面積は二十万四千九百七十八平方メートル[4]

2005年3月31日に(旧)米子市・淀江町が新設合併し、(新)米子市となる。当初は、境港市日吉津村を含む4市町村での合併を予定していたが、境港市・日吉津村は住民投票の結果、合併反対派が多数となったため、合併はせず、結局実現しなかった。

年表[編集]

米子町制前[編集]

第82区(東町・堀端町・郭内・西町・宮町・中町・五十人町・内町・天神町)
第83区(博労町糀町道笑町日野町茶町塩町・大工町・新博労町)
第84区(法勝寺町紺屋町四日市町東倉吉町西倉吉町尾高町岩倉町立町灘町・灘町新田・寺町・新法勝寺町)

米子町制時代[編集]

旧・米子市時代[編集]

新・米子市時代[編集]

  • 2005年
    • 3月31日 米子市・西伯郡淀江町が新設合併。旧・米子市を廃して新・米子市となる。
    • 12月1日 市章を改めて制定する。[6] [7]
  • 2008年11月11日 米子市中心市街地活性化基本計画が内閣総理大臣の認定を受ける。

行政[編集]

米子市
Flag of Yonago, Tottori.svg
米子市旗
Symbol of Yonago, Tottori.svg
米子市章
1900年5月10日制定
廃止日 2005年(平成17年)3月31日
廃止理由 新設合併
米子市(旧)、淀江町→米子市
現在の自治体 米子市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
団体コード 31202-9
面積 106.41km²
総人口 141,349
(2004年8月1日現在)
米子市役所
所在地 683-8686
鳥取県米子市加茂町一丁目1番地
Yonago shiyakusyo.jpg
外部リンク 米子市
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

旧・米子市[編集]

現在の米子市は、平成の大合併の一環として2005年(平成17年)3月31日に新設合併により発足した市であり、1927年(昭和2年)4月1日に市制施行し、2005年に廃止された市とは異なる自治体である。

なお、旧・米子市の市役所本庁は新市における市役所本庁となっている。

歴代米子町長[編集]

明治22年(1889年)12月31日 - 明治25年(1892年)4月23日
  • 三好八次郎
明治25年(1892年)5月2日 - 明治25年(1892年)12月26日
明治25年(1892年)12月26日 - 明治29年(1896年)12月21日
明治29年(1896年)12月26日 - 明治33年(1900年)12月25日
明治33年(1900年)12月26日 - 明治34年(1901年)9月21日
明治34年(1901年)10月11日 - 明治42年(1909年)10月10日
  • 鳩谷兼次
明治42年(1909年)12月23日 - 大正2年(1913年)12月22日
  • 丹羽旦次
大正2年(1913年)12月23日 - 大正10年(1921年)12月22日
大正11年(1922年)4月1日 - 昭和2年(1927年)3月31日

歴代米子市長[編集]

友好都市[編集]

姉妹都市[編集]

交流都市[編集]

災害時相互応援協定[編集]

官公庁[編集]

隣保館
同和地区およびその周辺地域の住民を含めた地域社会全体の中で、福祉の向上や人権啓発のための住民交流の拠点となる地域に密着した福祉センター(コミュニティセンター)。人権・同和問題に対する理解を深めるための活動を行う。
  • 米子市役所人権政策局前田隣保館 - 米子市尾高
  • 米子市役所人権政策局中央隣保館・解放文化センター - 米子市冨士見町
  • 米子市役所人権政策局下福万隣保館 - 米子市福万

議会[編集]

米子市議会を参照

市章[編集]

市章

産業[編集]

古くから商業都市として発展。商業圏は中海・宍道湖経済圏に及ぶ。

経済[編集]

農業[編集]

  • 白ねぎ
  • 葉タバコ

漁業[編集]

  • 松葉ガニ

商業[編集]

商工会議所[編集]
米子市内の主な商業施設[編集]
大型商業施設
  • 米子高島屋
  • 米子しんまち天満屋(1990年に米子大丸より営業譲渡)
  • やよい
  • ホープタウン(前・ホープタウンサティ、元・米子サティ(2代目)、元・ホープタウンサティ、元・米子ホープタウン)
  • イオン米子駅前店(前・米子駅前サティ、元・米子ビブレ)
  • イオンモール日吉津(所在は日吉津村
家電量販店
ホームセンター
商店街[編集]
  • 米子駅前商店街
  • 元町通り商店街(元町サンロード)
  • ほんどおり商店街
    • 法勝寺町商店街
    • 紺屋町商店街
    • 四日市通商店街
  • 笑い通り商店街
  • 角盤町商店街(えるモール1番街)
  • 角中商店街
  • 東倉吉商店街
金融機関[編集]

山陰地方の中心都市であるが、1972年に富士銀行が撤退して以降、都市銀行は存在しない。

銀行

政策金融機関

協同組織金融機関

日本郵政

農協・生協

商家[編集]

企業[編集]

かつて存在した店・企業など[編集]

工業[編集]

教育[編集]

人口密度において山陰最大級の都市であるが、受験の必要な小中学校は米子北斗中学校・高等学校のみであり、大都市圏ほどの受験戦争は見られない。鳥取県西部の私立高校は3校(米子北高等学校米子松蔭高等学校米子北斗中学校・高等学校)とも米子市内にある。県立高校に関しては、普通科の学校は米子東高等学校米子西高等学校だけである。

幼稚園[編集]

私立
  • 良善幼稚園
  • 米子幼稚園
  • あけぼの幼稚園
  • かいけ幼稚園
  • 米子みどり幼稚園
  • みずほ幼稚園
  • 東みずほ幼稚園
  • かもめ幼稚園
  • にしき幼稚園
  • 西部あおば幼稚園

小学校[編集]

市立小学校
  • 米子市立義方小学校(ぎほう)
    「臣聞く、子を愛するものは、これを救うるに義方をもって邪にいれず」(孔子
  • 米子市立啓成小学校(けいじょう)
    徳」
  • 米子市立明道小学校(めいどう)
    らかなるものはくらきが如し」(老子
  • 米子市立就将小学校(しゅうしょう)
    「朕惟フニ方今人文日ニリ月ミ」(詩経
  • 米子市立住吉小学校(すみよし)
  • 米子市立車尾小学校(くずも)
  • 米子市立加茂小学校(かも)
  • 米子市立河崎小学校(かわさき)
  • 米子市立福生東小学校(ふくいけ ひがし)
  • 米子市立福生西小学校(ふくいけ にし)
  • 米子市立福米東小学校(ふくよね ひがし)
  • 米子市立福米西小学校(ふくよね にし)
  • 米子市立彦名小学校(ひこな)
  • 米子市立弓ヶ浜小学校(ゆみがはま)
  • 米子市立崎津小学校(さきつ)
  • 米子市立大篠津小学校(おおしのづ)
  • 米子市立和田小学校(わだ)
  • 米子市立五千石小学校(ごせんごく)
  • 米子市立尚徳小学校(しょうとく)
  • 米子市立箕蚊屋小学校(みのかや)
  • 米子市立成実小学校(なるみ)
  • 米子市立伯仙小学校(はくせん)
  • 米子市立淀江小学校(よどえ)

中学校[編集]

市立・組合立中学校
私立中学校

高等学校[編集]

県立
私立

高等専門学校[編集]

国立

大学・短期大学[編集]

国立

特別支援学校[編集]

県立
市立
  • 米子市立米子養護学校

学校教育以外の施設[編集]

児童福祉施設(保育所)[編集]

市立
  • 米子市立東保育園
  • 米子市立西保育園
  • 米子市立南保育園
  • 米子市立すみれ保育園
  • 米子市立さくら保育園
  • 米子市立彦名保育園
  • 米子市立崎津保育園
  • 米子市立小鳩保育園
  • 米子市立富益保育園
  • 米子市立夜見保育園
  • 米子市立春日保育園
  • 米子市立こたか保育園
  • 米子市立あがた保育園
  • 米子市立ねむの木保育園
  • 米子市立淀江保育園
  • 米子市立東大和保育園
  • 米子市立宇田川保育園
私立
  • 聖園マリア園
  • 仁慈保幼園
  • わかば園
  • かいけわかば園
  • ゆりかご保育園
  • あゆみ保育園
  • 保育園ベアーズ
  • のぞみ保育園
  • いずみ保育園
  • キッズタウン24かみごとう
  • ひばり保育園
  • えんぜる保育園
福祉会立
  • 巌保育園
  • 五千石保育園
  • 福生保育園
  • 河崎保育園
  • 和田保育園
  • 福米保育園
  • 成実保育園
  • 加茂保育園
  • 住吉保育園
  • 車尾保育園

医療[編集]

総合病院[編集]

交通[編集]

米子駅
米ッ子合掌像
米子ジャンクション

JR3線、米子自動車道、山陰自動車道、米子空港などがあり、山陰の交通の要衝となっている。国道の数も多く、市内の道路は比較的広く整備されている。

鉄道[編集]

西日本旅客鉄道

米子駅を発着する優等列車等[編集]

道路[編集]

市内の南北を縦断する国道431号
二本木で撮影
高速道路
一般道路
主要地方道

バス路線[編集]

タクシー路線[編集]

空港[編集]

[編集]

文化[編集]

観光地[編集]

妻木晩田遺跡(国史跡)
後藤家住宅(重要文化財)
温泉
史跡
旧家
神社
寺院
その他
  • 寺町
  • 淀江どんぐり村
  • 旧加茂川と土蔵
  • 加茂川・中海遊覧
  • 彫刻ロード
  • 弓ヶ浜展望台

施設[編集]

祭・イベント[編集]

  • 米子市正月マラソン
  • 米子桜まつり
  • 桜ウォーク
  • 米子つつじまつり
  • 日吉神社神幸神事
  • 勝田神社祭(春・秋)
  • 24時間リレーマラソン
  • 戸板市・日曜朝市・土曜市
  • 皆生温泉海水浴場海開き
  • 米子市民レガッタ
  • 全日本トライアスロン皆生大会
  • 米子がいな祭
  • ビーチフェスティバルin皆生
  • 米子盆踊り
  • 淀江盆おどり花火大会
  • 加茂川まつり
  • サイクルカーニバルinYODOE
  • 大助花子の健康ウォーキング大会
  • 城山フェスティバル

スポーツ[編集]

上記の他、かつて米子コスモス(女子サッカー)や王子製紙米子硬式野球部(野球)、米子鉄道管理局(野球)等が存在したが、いずれも廃部となった。

名水[編集]

  • 天の真名井
  • 本宮の泉
  • よなごの水

米子を舞台にした映画・テレビドラマ[編集]

  • 八岐之大蛇の逆襲』(1984年):DAICON FILM(後の映像制作会社(株)ガイナックスの母体となった自主制作集団)によって製作されたアマチュア映画。
    • 米子市が舞台となっており、市内でのロケが行われている他、ミニチュアによる特撮により1983~1984年当時の米子市内各所が再現されている。
  • 俺たちの旅 』シリーズ:中村雅俊主演のテレビドラマシリーズ。主要登場人物の一人が米子市の出身という設定になっており、米子市も舞台の一つとして登場する。1975年10月より1976年10月まで放映された後、1985年1995年2003年にスペシャル版として全3作の続編が製作されている。
    • 『俺たちの旅 十年目の再会』(1985年9月4日放映)
    • 『俺たちの旅 二十年目の選択』(1995年9月1日放映)
    • 『俺たちの旅 30年SP 三十年目の運命』(2003年12月16日放映)
  • 銀色の雨』(2009年10月31日山陰地区先行ロードショー、11月全国公開):浅田次郎の原作による短篇小説を映画化。

出身人物・ゆかりある人物[編集]

政治家[編集]

実業家・政治家[編集]

官僚[編集]

法曹[編集]

実業家[編集]

医師[編集]

教育者・学者[編集]

文化人[編集]

軍人[編集]

芸能人[編集]

スポーツ[編集]

五十音順

野球[編集]
サッカー[編集]
その他[編集]

その他[編集]

ゆかりある人物[編集]

その他[編集]

住所表記[編集]

2005年3月31日の合併により、新制による米子市が発足した。このため、住所表記が以下の通り変更された。また、大字は表示しない。

  • 旧米子市は従前のとおり(大字に相当する部分は町名で、元々「大字」はない)。
  • 旧淀江町は「西伯郡淀江町△△」→「米子市淀江町△△」とする(ただし「大字」は付けない)。
-例-
  • 鳥取県米子市△△ → 鳥取県米子市△△
  • 鳥取県西伯郡淀江町大字△△ → 鳥取県米子市淀江町△△

市庁舎は本庁舎の他に、淀江支所も存在する。

米子市役所
〒683-8686 鳥取県米子市加茂町1丁目1番地
淀江支所
〒689-3492 鳥取県米子市淀江町西原1129番地1

電話番号[編集]

市外局番は、0859(市内局番は22 - 63)となっている。

郵便[編集]

米子市・日吉津村南部町伯耆町の1市2町1村全域の郵便物の集配は、米子郵便局が行う。

  • 683-00xx、683-08xx、683-85xx、683-86xx、683-87xx、683-01xx、689-35xx、689-34xx、683-03xx、683-02xx、689-41xx、689-42xx

イメージキャラクター[編集]

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 皆生トライアスロン
  2. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値) 米子 (鳥取県)”. 気象庁. 2013年8月5日閲覧。
  3. ^ 平年値(年・月ごとの値) 米子”. 気象庁. 2013年8月5日閲覧。
  4. ^ 『米子商業史』332頁
  5. ^ a b 協議会だより Vol.3”. 米子市・淀江町合併協議会. 2012年8月15日閲覧。
  6. ^ a b 図典日本の市町村章 p173
  7. ^ a b 米子市の市章の制定について”. 米子市例規集. 2012年7月3日閲覧。
  8. ^ 安養寺(あんにょうじ)五千石地区後醍醐天皇の皇女瓊子内親王の墓がある
  9. ^ 米子市HPイメージキャラクター解説

外部リンク[編集]

Twitter
Facebook