向山古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

向山古墳群(むこうやまこふんぐん)は、鳥取県米子市淀江町福岡に位置する古墳群である。静岡県三島市のものは、向山古墳群(むかいやまこふんぐん)という。

概要[編集]

古墳時代後期では伯耆最大規模の首長墓群で、1932年(昭和7年)7月23日に群中の岩屋古墳(1号墳)が、1999年(平成11年)7月13日には、長者ヶ平古墳を除く61,082平方メートルが国の史跡に指定されている。

古墳群は通称「向山」と「瓶山」と呼ばれる丘陵上を中心に、現在までに前方後円墳9基、円墳5基、方墳2基、不明1基の、計17基が確認されている。

現在、一帯は「伯耆古代の丘」として整備されており、今後、向山古墳群の本格的な整備も予定されている。近接して、史跡上淀廃寺跡妻木晩田遺跡が所在する。

主な古墳[編集]

岩屋古墳(いわやこふん)
向山1号墳ともいい、全長52メートル、高さ6メートルを測る前方後円墳で、更に後円部に15メートル四方の張り出しが付く。6世紀後葉の築造と考えられる。墳丘は2段で、葺石を有する。明和元年(1764年)に記された『伯路紀草稿』に「岩屋」の記載があり、すでに江戸時代中頃には石室が開口していたことがわかる。石室は全長9メートルを測る複室構造の横穴式石室で、精美な石棺式石室である。前方部が削られた際に、箱式石棺が出土し、礫敷の上に2体を埋葬、鉄刀1点が副葬されていたと伝えられる。周溝からは、土器円筒埴輪の他に、人物、馬、水鳥など多くの形象埴輪も出土している。
長者ヶ平古墳(ちょうじゃがなるこふん)
向山5号墳ともいい、全長48mを測る帆立貝式の前方後円墳である。6世紀中頃の築造と考えられる。中央には、明治2年に出土したという大規模な畿内型の横穴式石室が開口している。内部はベンガラで塗られ、鉄刀や鉄鉾が壁に立てかけられ、奥には石棺が置かれていたという記録が残る。また、現在は消滅しているが、明治34年には、その東側で小規模な石槨が検出され、希少な金銅製冠や三累環頭大刀などが出土した。現在、これらの出土品は東京大学の資料館に保管されている。

参考画像[編集]

参考文献[編集]

  • 『向山古墳群(淀江町埋蔵文化財発掘調査報告書第17集)』1990 淀江町教育委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度27分16.4秒 東経133度26分25.9秒 / 北緯35.454556度 東経133.440528度 / 35.454556; 133.440528