八原博通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八原 博通
Yahara Hiromichi.jpg
八原 博通
生誕 1902年10月2日
日本の旗 日本 鳥取県米子市
死没 1981年5月7日(満78歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1923 - 1945
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

八原 博通(やはら ひろみち、明治35年(1902年10月2日 - 昭和56年(1981年5月7日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐

アメリカ通で知られ、沖縄戦での戦略持久作戦を指揮し、高級参謀として活躍した。その作戦は、アメリカ軍に大きな犠牲を与えたことで知られる。

生涯[編集]

鳥取県米子市皆生出身。生家は養蚕農家自作農)。父・八原宇三郎は役場吏員

父・宇三郎の生家は村一番の地主ではあったが、次男の父は役場のささやかな給料、それに一町歩近い桑畑から上る養蚕の収入で生活をまかなっていた。水田や果樹園からの収入はごくわずかなもので、子どもがふえるに従い、自家飯米も確保できず、端境期には当時、南京米といった外米などを買わねばならぬといった状態だった。いわば、当時の平均的な貧しい農村の自作農だった。[1]父・宇三郎の兄は長年村長を務めており、当時米子では最高学府であった高橋塾で漢学を学んだインテリで、村の名士といってもよい存在だった[2]。小学校三年のとき、母・ちよのと死別。

米子中学校(現米子東高校、第17期卒、同期生に湯浅禎夫)を経て、1923年7月、陸軍士官学校(第35期)を卒業。同年10月、歩兵少尉に任官。歩兵第63連隊付などを経て、最年少で入学した陸軍大学校(第41期)を1929年11月に優等(5位)で卒業、恩賜の軍刀を拝領した。

1930年12月、陸軍省人事局付勤務となり、人事局課員(補任課)に異動。1933年10月から1935年12月までアメリカ陸軍の隊附として駐在した経験もあり、対戦相手であるアメリカをよく理解していた。この際、米国陸軍の砲兵力重視に大いに感銘を受けている。またアメリカ駐在中は、白人青年たちのもつ献身の精神と米国内での差別問題について所見をのべている。これらの視点からただの秀才ではないという片鱗を窺わせていた。

1935年11月、人事局課員(補任課)となり、陸大教官に転じ、1937年8月、歩兵少佐に昇進し第2軍参謀に就任。同年12月、第5軍参謀となり、陸大教官に異動。1939年8月、歩兵中佐に進級。1940年9月、大本営付仰付となり、タイ・マレー潜入、大本営参謀(作戦課)、タイ大使館付武官補佐官を歴任。

戦中[編集]

太平洋戦争が始まると、第15軍参謀としてビルマ(現ミャンマー)攻略作戦を担当した。積極攻勢を提示し、軍司令官飯田祥二郎としばしば対立した。その後、デング熱を発症し内地へ帰還した。回復後、陸軍大学校教官に発令され、1943年3月、陸軍大佐に昇進。1944年3月20日に沖縄防衛を担う第32軍の高級参謀(作戦担当)となった。当初は水際での積極攻勢を立案していたが、第9師団の台湾抽出後は「戦略持久」方針へ変更し、アメリカ軍の襲来に備えた。この結果、以下の「沖縄戦での評価」の項の説明のとおり、アメリカ軍に多くの死傷者と司令官の戦死という犠牲をもたらし、日本軍としての大きな成果をあげる。

1945年6月23日、第32軍は実質上組織的な抵抗を終了した。八原は、牛島司令官と長参謀長の自決を見届けた後、戦訓伝達のため民間人になりすまし脱出をはかるが、7月15日に捕虜となった。命令による脱出であったものの、生き残った八原の陸軍内部での評価は最悪なものとなり陸士同期会にも呼ばれない戦後だった。1946年1月に復員

戦後[編集]

戦後は生活に困窮し、故郷において夫婦で行商をしていたという。この時の困窮ぶりを八原の息子が語っている。わずかな生活費を稼ぐのに必死であった。のちに軍の残務整理局に引き抜かれ生活の足しにするもすぐに解散。行商の傍ら農作業をしてなんとか生活している状況であったと伝えられている。本人は85まで生きると言っていたが、1981年5月7日永眠。妻が朝様子を見に行ったところ、布団の中ですでに息を引き取っていたという。[3]

沖縄戦での評価[編集]

沖縄戦では、司令官牛島満中将をよく補佐し、持久戦術を提案した。当初は、航空支援下での水際撃滅戦を主眼としていたが、大本営の誤った敵情判断による防衛戦略の見直しにより、1個師団を台湾に引き抜かれる事態に及んでいたこともあり、持久戦への方針転換がもっとも堅実な作戦であると考えた。八原は、ただ兵力不足のため持久戦を提案したのではなく、地道な持久戦で長期間米兵に出血を強いることにより、アメリカ世論を操作し、日本の立場を有利にする考えがあったという。[4]

日本は、戦力持久の戦略によって、つまり、洞窟陣地を利用した粘り強い防御戦闘と反斜面陣地などの巧みな陣地形成によって、彼我の戦力差を補う戦いを行った。この戦術では、まず、アメリカ軍の部隊を日本軍陣地の直前まで誘導し、日本軍は重機関銃、軽機関銃等で掃射して戦車部隊と歩兵部隊を分離させた。そして、敵戦車を、対戦車砲、山砲、野砲、地雷、歩兵の肉弾戦によって撃破し、敵の増援部隊を重榴弾砲、野戦重砲・重砲の砲撃により叩いた。

八原の戦略では、飛行場建設や確保に固執せずに放棄(敵に奪われて利用されるため)し、アメリカ上陸軍の水際での攻撃も効率的でないとして行わなかった。しかし、このような考えや戦略は、表面的な武勇を尊ぶ当時の日本軍には必ずしも十分には理解されなかった。

アメリカ軍は日本軍の組織的抵抗がないままに嘉手納へ無血上陸したものの、その後に、日本軍の持久戦略によって大きな犠牲を強いられることとなる。八原戦略は地味だが非常に効果的であった。しかし、大本営からの攻撃の催促と長勇参謀長の直情的な思考により、米軍上陸後約1週間で、八原の反対にもかかわらず、持久戦から無謀な夜間突撃に切換えられた。八原の想定どおり前線の兵力は大損害を被り、砲兵部隊の弾薬は大半を使い果たしてしまい、また戦略持久に戻る。その後は、嘉数高地の防衛戦、首里城攻防戦では、苦境のなかで善戦するが、損耗が激しく、雨天を利用して摩文仁高地に撤退した。持久戦により、アメリカの上陸軍に多大な死傷者を出させたのみならず、アメリカ軍司令官サイモン・B・バックナー・ジュニアen:Simon Bolivar Buckner, Jr.)中将の狙撃に成功して、戦死させている。[5]このバックナー司令官の戦死は、アメリカ軍史上、司令官クラスの初の戦死者であり、アメリカ国内世論を騒然とさせた。

八原は、もし第九師団が引き抜かれず、自分が想定したような徹底した持久戦をおこなっておれば、終戦の日まで首里で持ちこたえることが可能で牛島司令官も死なずに済んだのではないかと回想している。[6]

八原自身は、自分も在住したアメリカをよく理解した上で作戦計画を立てた。そのため八原を評価したのは敵手であるアメリカ軍であった。アメリカ軍は八原の作戦計画を高く評価している。[7] [8] また、作家山本七平は、敗戦後の捕虜収容所で米軍将兵が「沖縄の日本軍の作戦はスマートだった。」「あれを徹底的にやられたら参る所だった。」と語るのを聞いた、と書き残している。[9] [10] また、米陸軍戦史「最後の戦い」でも、「沖縄における日本軍は、まことに優秀な計画と善謀をもって、わが進攻に立ち向かった」と述べられている。

ただ、持久戦を伴った沖縄戦によって、多くの住民が犠牲になったことは事実である。特に、日本軍が戦闘力の大部分を失った後での首里放棄・南部(魔文仁高地)撤退による持久作戦継続は、「寸地残る限り後退善闘すべし」という大本営の方針を墨守したものであり、沖縄県民の生命保護の見地からの島田叡沖縄県知事の首里放棄反対を退け、予想通り南部に避難していた沖縄県民の多大な被害を引き起こした点で、強く批判されるものであるとの指摘もある。この批判は、当該作戦の最終決定者である牛島軍司令官に向けられるべきとの意見もある。

なお、八原は自らの作戦によって沖縄県の住民へ犠牲を払ったことを痛感し、犠牲に対する責任を強く感じていた。沖縄の人々への申しわけのなさより、八原は戦後は沖縄を訪れていない。[11]


家族[編集]

参考文献[編集]

演じた人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』20頁
  2. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』23頁
  3. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通
  4. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通
  5. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通
  6. ^ 八原博通『沖縄決戦 - 高級参謀 の手記』読売新聞社、1972年』
  7. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通
  8. ^ 伊藤正徳『帝国陸軍の最後』光人社NF文庫
  9. ^ 山本七平『一下級将校の見た帝国陸軍』284頁
  10. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通
  11. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通

関連項目[編集]

外部リンク[編集]