鳥取藩台場跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳥取藩台場跡(とっとりはんだいばあと)は、鳥取藩江戸時代幕末期に領内8か所に築いた台場跡の総称である。1988年7月27日、そのうち5つが国によって史跡に指定された。

概要[編集]

  • 浦富台場跡(岩美町浦富) - 史跡。
  • 浜坂台場跡(鳥取市浜坂)
  • 賀露台場跡(鳥取市賀露)
  • 橋津台場跡(湯梨浜町橋津) - 史跡。
  • 由良台場跡(北栄町由良) - 史跡。
  • 赤碕台場跡(琴浦町赤碕)
  • 淀江台場跡(米子市淀江町今津) - 史跡。
    指定面積2,619m²。1863年(文久3年)に築かれたもので、国産の大砲3門が供えられ、後に8門が増設された。特徴は、土地提供者、設計者、守備する兵士などすべてが、松波徹翁をはじめとする地元の人であったこと。現在も長さ65メートル、高さ5メートルの土塁が残り、公園として整備されている。
  • 境台場跡(境港市境) - 史跡。

外部リンク[編集]