三朝町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みささちょう
三朝町
Misasa montage.JPG
Flag of Misasa Tottori.JPG
三朝町旗
Misasa Tottori chapter.JPG
三朝町章
1957年昭和32年)11月18日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
東伯郡
団体コード 31364-5
面積 233.46 km²
総人口 6,703
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 28.7人/km²
隣接自治体 鳥取市倉吉市東伯郡湯梨浜町
岡山県真庭市苫田郡鏡野町
町の木 トチノキ
町の花 ホンシャクナゲ
他のシンボル -
三朝町役場
所在地 682-0195
鳥取県東伯郡三朝町大字大瀬999-2
北緯35度24分30.4秒東経133度51分42.4秒
三朝町役場
外部リンク 三朝町

三朝町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

三朝町(みささちょう)は、鳥取県の中央部にあるで、東伯郡に属する。鳥取県において2番目に大きな町で、国宝の三佛寺投入堂三徳山)や名勝小鹿渓があり、世界一といわれる高濃度のラジウム温泉が噴出する三朝温泉街を有する。またそのラジウム泉特有のホルミシス効果は病気治療・療養目的でも有用で、岡山大学付属病院などの医療施設も立地する。

地理[編集]

山・川[編集]

  • 三徳山
  • 小富士
  • 三国山
  • 高勢山
  • 高丸山
  • 若杉山
  • 三徳川
  • 天神川
  • 小鹿川

隣接市町村[編集]

鳥取県
岡山県

歴史[編集]

三徳川
三朝で撮影
三朝町の街並み
三朝で撮影

行政[編集]

町長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
01 坂出雅己 1953年昭和28年)12月25日 1973年(昭和48年)11月14日  
02 松村喬成 1973年(昭和48年)11月15日 1985年(昭和60年)11月14日  
03 安田真一郎 1985年(昭和60年)11月15日 1997年平成9年)11月14日  
04 吉田秀光 1997年(平成9年)11月14日 現職  

地域[編集]

人口[編集]

Demography31364.svg
三朝町と全国の年齢別人口分布(2005年) 三朝町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 三朝町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
三朝町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 9,157人
1975年 8,785人
1980年 8,771人
1985年 8,880人
1990年 8,700人
1995年 8,356人
2000年 7,921人
2005年 7,509人
2010年 7,024人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

小学校[編集]

  • 三朝町立西小学校
  • 三朝町立東小学校
  • 三朝町立南小学校
  • 三朝町立南小学校大谷分校
  • 三朝町立南小学校田代分校
  • 三朝町立南小学校福山分校

中学校[編集]

  • 三朝町立三朝中学校

大学[編集]

病院[編集]

姉妹都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

交通[編集]

バス路線[編集]

高速バス
ツアーバス
空港リムジンバス
一般路線バス
  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)
    • 海田日ノ丸車庫~倉吉駅~八ツ屋~竹田橋~卸団地~三朝町役場前~大学病院前~三朝温泉入口~三朝温泉(三朝商工センター)~三朝車庫~三徳山~上吉原
    • 海田日ノ丸車庫~倉吉駅~八ツ屋~総合事務所前~倉吉東高~円谷~三朝町役場前~大学病院前~三朝温泉入口~三朝温泉(三朝商工センター)~三朝車庫
    • 海田日ノ丸車庫~倉吉駅~八ツ屋~竹田橋~卸団地~三朝町役場前~穴鴨~木地山
    • 海田日ノ丸車庫~倉吉駅~八ツ屋~竹田橋~卸団地~三朝町役場前~小河内~実光
    • 生田車庫~生田~丸山~西倉吉町~西倉吉~岡田~河原町~福吉町~新町~赤瓦・白壁土蔵~堺町~円谷~三朝町役場前~大学病院前~三朝温泉入口~三朝温泉(三朝商工センター)~三朝車庫~三徳山~上吉原
    • 生田車庫~生田~丸山~西倉吉町~西倉吉~岡田~河原町~福吉町~新町~赤瓦・白壁土蔵~堺町~倉吉パークスクエア北口~厚生病院前~総合事務所前~竹田橋~卸団地~三朝町役場前~大学病院前~三朝温泉入口~三朝温泉(三朝商工センター)~三朝車庫~西小鹿~神倉
    • 生田車庫~生田~丸山~西倉吉町~西倉吉~岡田~河原町~福吉町~新町~赤瓦・白壁土蔵~堺町~倉吉パークスクエア北口~厚生病院前~総合事務所前~竹田橋~卸団地~三朝町役場前~穴鴨~木地山
    • 生田車庫~生田~丸山~西倉吉町~西倉吉~岡田~河原町~福吉町~新町~赤瓦・白壁土蔵~堺町~倉吉パークスクエア北口~厚生病院前~総合事務所前~竹田橋~卸団地~三朝町役場前~穴鴨~上西谷上
    • 生田車庫~生田~丸山~西倉吉町~西倉吉~岡田~河原町~福吉町~新町~赤瓦・白壁土蔵~堺町~円谷~三朝町役場前~穴鴨~上西谷~下畑

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

実現しなかった鉄道路線[編集]

かつて倉吉町-三朝村間に鉄道計画があった。1928年に鉄道敷設権(動力電気 軌間1067mm)[17]を得ると1930年に三朝電気鉄道(本社東京)を設立[18]し、1931年には三朝温泉鉄道(代表取締役 藤波龍世)へ改称[19][20]した後は開業する見込みのないまま民鉄要覧に長期未開業線として掲載されていたが、1968年版で抹消された[21]

観光[編集]

三朝温泉

出身人物[編集]

その他[編集]

市外局番は、0858(20~69)となっている。但し、天気予報は0859-177である。(市外局番0858の地域が鳥取県東部と中西部に複数存在するため。)

郵便番号は以下の通りとなっている。2006年10月16日の再編に伴い、変更された。

  • 三朝郵便局:682-01xx、682-03xx

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成20年版三朝町町勢要覧”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  2. ^ 平成20年版三朝町町勢要覧”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  3. ^ 図典日本の市町村章 p173
  4. ^ 町章・町民憲章・三朝町歌”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  5. ^ 三朝町章及び町歌”. 三朝町例規集. 2012年5月12日閲覧。
  6. ^ 平成20年版三朝町町勢要覧”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  7. ^ 町章・町民憲章・三朝町歌”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  8. ^ 三朝町章及び町歌”. 三朝町例規集. 2012年5月12日閲覧。
  9. ^ 平成20年版三朝町町勢要覧”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  10. ^ 町章・町民憲章・三朝町歌”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  11. ^ 平成20年版三朝町町勢要覧”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  12. ^ 三朝町とラマルー・レ・バン町との友好姉妹都市提携盟約書〔日本語版〕”. 三朝町例規集. 2012年5月12日閲覧。
  13. ^ 国際交流の歴史(フランス)”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  14. ^ 広報みささ 平成16年11月号”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  15. ^ 三朝町と石岡郷との交流促進協定書〔日本語版〕”. 三朝町例規集. 2012年5月12日閲覧。
  16. ^ 広報みささ 平成19年4月号”. 三朝町. 2012年5月12日閲覧。
  17. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1928年2月16日(国立国会図書館デジタル化資料)
  18. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  19. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第39回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  20. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  21. ^ http://homepage3.nifty.com/kusohura/mikaigyou.htm

外部リンク[編集]