野口雨情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Noguchi Ujo.jpg

野口雨情(のぐち うじょう、1882年明治15年)5月29日 - 1945年昭和20年)1月27日、本名・英吉[1])は、詩人童謡民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた[2]

生涯[編集]

廻船問屋を営む名家(楠木正季が先祖と伝えられているが不明[3])の長男として茨城県多賀郡磯原町(現・北茨城市)に生まれる。父・量平、母・てる[4]

4年制小学校・4年制高等小学校を終了後[5]上京。東京専門学校(現・早稲田大学)に入学し、坪内逍遥に師事するが[1]、1年余りで中退、詩作を始める[1]。このとき1901年、英吉19歳[5]

父の事業失敗と死により、1904年、故郷に帰り、家督を継ぐ[6]。このとき、家の没落をふせぐために、家族(つまり亡父や親族)から、栃木県の資産家の娘との政略結婚をお膳立てされており、英吉は同い年(23歳)の高塩ひろと結婚[7]するが、もともと気の進まない話で[5]、後年、破綻する。

この頃酒におぼれたというが[5]、詩作にも打ち込み、朝餐会などで発表していた[5]。「雨情」の号を名乗ったのもこの頃である。1905年(明治38年)処女民謡詩集『枯草』を水戸から自費出版。しかし反響は得られなかった[4]

妻ひろは、1906年に長男の雅夫を生んだ[6]。しかし雨情は窮屈な家庭を飛び出し、事業で一旗揚げる名目で樺太[6]にわたるが、失敗[8]。一緒にコルサコフまでともなった芸者に金を持ち逃げされてしまい、残った金で林檎を貨物列車の一両分、東京に送って売ろうともくろんだが腐ってしまった[5]

妻ひろが上京して雨情を連れ戻しに来たが、そのまま東京にとどまり詩人になると宣言[5]1907年(明治40年)一月より『朝花夜花』なる民謡月刊を発行するが不発。同年、三木露風相馬御風らと共に早稲田詩社(月二回会合する会)を結成するが[1]、その後しばらく詩作から遠ざかる。この時期(1906-1909年)、雨情は北海道に渡って新聞記者となっていた[5]。『小樽日報』に勤めていたときには同僚に石川啄木がおり、交友を結んだ[5]。雨情は当時の主筆に対する排斥運動を起こしたが敗れて退社し、啄木とは1ヶ月足らず机を並べただけに終わる[5][9]

『小樽日報』を首になったちょうどそのころ(1907年10月)、妻は女児みどりを出産したが、この子は一週間ほどで亡くなった[5]。のちの『シャボン玉』はこのとき夭折した娘のことを歌っている[5]とされるが、根拠がないとする向きもある。

雨情は北海道で六つの新聞社を転々とした後、1909年(明治42年)、いったんは帰郷するも、すぐまた上京してしまう[5]

1911年、母の死を契機にふたたび郷里にもどり、家の植林や農地財産の管理などに従事するようになったが[6]、文学への執着は捨てきれず「悶々とした生活をおくっていた」[4]

1914年、雨情は痔の湯治のためにいわき湯本温泉を訪れるが[6]、このとき置屋「柏屋」のおかみ、小すみ(本名明村まち)[10]とねんごろになり、そのまま3年半をここで暮らすようになる。その合間(1915年5月)に、夫人との協議離婚が成立している[11]。雨情は二児をひきとり育てることになった[6]

1918年(36歳)のとき、雨情は水戸にいき、中里つると再婚した[11]。この頃から詩の創作活動をはじめた[11]

文壇での名声[編集]

1919年大正8年)詩集『都会と田園』により詩壇に復帰、斎藤佐次郎により創刊された『金の船』より童謡を次々と発表。藤井清水中山晋平本居長世と組んで多くの名作を残した。

他方童謡とともに盛んとなった「新民謡」(創作民謡)にも力を注ぎ、1935年(昭和10年)には日本民謡協会を再興し、理事長に就任している。日本各地を旅行し、その地の民謡を創作した。また同じ年の1月、仏教音楽協会も設立され、雨情は評議員に推薦される。仏教音楽の研究に加え、新仏教音楽の創作や発表、普及にも力を尽くした。

野口雨情の生家(北茨城市磯原町)
(2006年6月撮影)

1943年(昭和18年)軽い脳出血で倒れて後は療養に専念。1945年(昭和20年)疎開先の宇都宮市近郊で死去。

代表作は『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』『こがね虫』『あの町この町』『雨降りお月さん』『証城寺の狸囃子』など、枚挙にいとまがない。他に『波浮の港』『船頭小唄』など。

評価[編集]

  • 西部邁(評論家)は次のように評価している。「頂戴したCDに鮫島有美子さんの『波浮の港』(野口雨情作詞)が入っていて、その三番目、『島で暮らすにゃ、乏しゅうてならぬ、伊豆の伊東とは郵便だより、下田港(みなと)とはヤレホンニサ風だより』をよくうたった。『乏しい』のは、貧しさそのものではなく、『便りがない』ことだというのが秀逸であるし、イ『ト(ウ)ト』ハあるいはミナ『トト』ハというふうにトが続くところに、大島と本島とのあいだの隔たりがうまく表現されていて絶妙と感じた。鮫島さんの美しいのみならず深いソプラノを聞いて、ダミ声で演歌をうたっていた自分が少し恥ずかしくなりもした。」[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平凡社 1964。執筆者は滑川道夫
  2. ^ 平輪 & 佐々木 1987
  3. ^ 平輪 & 佐々木 1987, p.15 によれば楠木正季より数えて十代の野ロ勝親が、徳川光圀から賜ったとつたわる茶碗を親友にゆずったとある。
  4. ^ a b c 鳥越 2001, p.159-
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 倉田 2005, pp.11-19。(平輪 & 佐々木 1987)が典拠
  6. ^ a b c d e f Doyokan (2012年). “生い立ち”. 野口雨情記念湯本温泉童謡館. 2012年4月26日閲覧。
  7. ^ Torigoe 2001, p.159
  8. ^ Shinchosha 1988, literary dict., p.977
  9. ^ 1908年、読売新聞が雨情が札幌で死去したという記事を掲載した際に、東京にいた啄木は「悲しき思出(野口雨情君の北海道時代)」という回想文を書き起こしたが、誤報であることが判明したため中断のまま終わっている。『悲しき思出(野口雨情君の北海道時代)』:新字旧仮名 - 青空文庫
  10. ^ Hirawa & Sasaki 1987, "芸妓置屋柏屋の、女将小すみこと明村まちと同棲"
  11. ^ a b c Takeda, Katsuhiko(武田勝彦). “石川啄木の手帖” (snippet). Kokubungaku kaishaku to kyōzai no kenkyū (国文学解釈と教材の研究) 23 (8): 138. http://books.google.co.jp/books?id=nmFDAQAAIAAJ.  「大正四年五月妻ひろと協議離婚、大正七年に水戸に出て中里つると再婚したが、この頃より再び創作活動を始め..]
  12. ^ 西部邁「最も滑稽なのは最もやり甲斐のあること 病妻への鍼灸八年間」、『中央公論』2013年10月号、 151頁。

生涯関連[編集]

関連項目[編集]

  • 桃太郎神社(雨情が作詩したという「桃太郎音頭」が遺され、現在も歌い継がれている)
  • 若桜鉄道若桜線(昭和5年の路線開通を記念して作られた『若桜小唄』を作詞)
  • 中村雨紅

外部リンク[編集]