溶岩台地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

溶岩台地(ようがんだいち、: lava plateau)は、玄武岩質の溶岩が大量に噴出し積み重なってできた、大規模な台地

世界的には、デカン高原(52万 km², 日本の国土面積の1.4倍)やコロンビア川溶岩台地(16万 km²)が巨大な溶岩台地として知られる。

日本では、雲ノ平弥陀ヶ原(富山県)などがある。屋島(香川県)が溶岩台地とされることがあるが、屋島は第三紀に低地に流下した安山岩質の溶岩流隆起侵食され強固な溶岩が残ったもので溶岩台地ではない。このような地形はメサという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]