採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
採石場の例
露天の古物店が併設された採石場
ビニーSoignies石の採石場、エノー州(ベルギー)

採石場(さいせきじょう、さいせきば、: quarry)は鉱山の一種。

主に、花崗岩などの岩石石灰石などを産する。鉄鉱石などの鉱山と異なり、石材など精錬を必要としない物を産する鉱山を指す場合が多い。大型の石材を産する場合、石切場(いしきりば)とも呼ばれている。

主に、花崗岩などは、墓石など、大型の石材に利用され、石灰石などは工業原料などに利用される。

日本の採石法[編集]

日本では採石法により、対象となる「岩石」が規定されている。

第二条  この法律において「岩石」とは、花こう岩せん緑岩はんれい岩かんらん岩はん岩ひん岩輝緑岩粗面岩安山岩玄武岩れき岩砂岩けつ岩粘板岩凝灰岩片麻岩じや紋岩結晶片岩ベントナイト酸性白土けいそう土陶石雲母及びひる石をいう。(採石法(昭和二十五年十二月二十日法律第二百九十一号))[1]

採石場の問題[編集]

地下採石場[編集]

トンネル状の採石場の場合、過去に採石されたのち放棄された物が多数ある。放棄された後、風化が進み、直上の土地が落盤により陥没する。近年、陥没事故が多発し、問題視されている。

発破[編集]

を産するために大規模な発破を掛けることがある。これによる振動が、地震計に影響を与え、小規模な地震と検知されることがある。

ドラマ撮影[編集]

日本において採石場は広い空間や様々な地形を持つことや、周囲に迷惑がかからないことなどから、ドラマの、特に特撮のアクションシーンによく使われる。街中で戦っていたヒーローや悪役が場面転換をするといつの間にか採石場に移っているといったパターンが多いため(中には明らかに不自然な移動もある)、特撮ファンは「特撮のアクションシーンと言えば採石場」のような認識も持っている。それは制作側も同様で、『仮面ライダー』等で数多くのアクションをこなした藤岡弘、は、全く別の番組撮影で採石場を訪れた際に「懐かしい」と呟いたこともある。

しかし、近年は街中でも撮影許可を取りやすい場所を使ったり、爆発にCGを活用するなどして、採石場が必要以上に使われるケースは減ってきている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]