ロケーション撮影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロケーション撮影(ロケーションさつえい)とは、映画テレビドラマなどの製作に際し、撮影用のセットを作成して屋内やスタジオで撮影するよりも、実在の風景や場所、店舗などを利用した方が合理的と判断された場合に、機材などを撮影現場に持ち出して行う撮影のこと。ロケーションあるいはロケともいう。ロケを行う場所(ロケ地)を探す行為のことはロケハンと呼ぶ。

NHK民放キー局、ドラマ製作会社の集中する東京都内では、テレビドラマなどの屋外ロケーション撮影などが頻繁に行われている。なお、最近は実在の建物、風景を利用する場合も、架空の店名に書き換えたり、電柱の住所表記を架空の住所に変えるなどして、撮影場所に迷惑がかからないよう配慮しているが、以前は、実在する店舗などをそのまま利用した撮影が多かった。一部の映画ファンやテレビドラマファンの間では、このようなロケ地を実際に訪ねて歩くことが趣味として行われており、そのようなロケ地紹介サイトも複数ある。このようなファン行為を一部では巡礼と呼ぶ。

関連項目[編集]