ギヨー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギヨー(大西洋ベアー海山)の3D映像

ギヨー: guyot)とは、海山の一種。平頂海山(table mount)とも呼ばれる。スイス地質学者アーノルド・ヘンリー・ギヨー英語版1807年 - 1884年)にちなみ、命名された。日本語では「ギヨー」の他に「ギュヨー」や「ギョー」と表記されることもあるが、正確な発音は/ɡiːˈjoʊ/である。


ギヨーの形成[編集]

比高1000m以上の孤立した円錐形の山は海山(seamount)と呼ばれ、特に頂部が平坦のものをギヨーと呼んでいる。数多くの調査と採泥の結果から、ほとんど火山であることが分かってきており、ギヨーの平頂面から玄武岩の円礫や浅海性の化石などが採取されたことから、波蝕によって平坦化されたことが判明した。

ギヨーは中生代白亜紀から第三紀中新世までの間のさまざまな時期における波蝕によって切頭され、その後、さまざまな原因によって現在の深さにまで沈降したものと考えられている。

赤道付近に存在する多数の環礁は、ギヨーの深さに玄武岩の基盤を持ち、海面に達する厚さの珊瑚石灰岩をかぶっている。ここではこの沈下過程に珊瑚が上方に生育して環礁にまで発展したのであり、生育しなかったり止まったりしたところではギヨーとなったのである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]