特撮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特撮(とくさつ)は、影技術(SFX)を指す略称[1]、あるいはSFXが多用された映画テレビ番組などを指す総称。

定義[編集]

元々は特殊撮影(SFX)、あるいはトリック撮影と呼ばれていた「技術」を総合的に指す略語であるが、日本では特撮作品と呼ばれる映画やテレビ番組などが大きなジャンルを形成するほど発展しており、特撮技術が大きな役割を果たして製作された作品群も含めて「特撮」と総称される[2][注 1]。特撮というジャンルそのものが集客性を持ち、映像作品及びその関連商品などで「特撮」と銘打たれることが多い[2]

歴史[編集]

撮影技術・特殊効果としての「特撮」は、映画創生期から存在し、ジョルジュ・メリエスやイギリスの制作者達によって、撮影時のカメラ操作を駆使した逆回し、高速・微速度撮影、コマ撮り、人や物が消えたように見える中抜きなどが作り出され、『大列車強盗』(1903年)では、映像の合成が試みられるなど、実際には存在しない架空の映像作りが行われた。また、実物を縮小したミニチュアの撮影なども長年に渡って使われ、映画の発展と共に特撮技術も発展していった。恐竜などが登場する『ロスト・ワールド』(1925年)は、当時の特撮映画の集大成ともいえ、後の『キングコング』(1933年)ともども特撮映画を世に広めていく。[3]

1950年代から81年にかけて手作りのモンスターやミニチュア造形物等による多くの特撮映画を手掛けてハリウッド映画の特撮人気を高め、20世紀の特撮映画界のパイオニアとして牽引した特撮監督レイ・ハリーハウゼンは「特撮の神様」と呼ばれ、『ゴジラ』や『スター・ウォーズ』など、後の特撮作品にも多大な影響を与えた[4][5][6]。ハリーハウゼンが生み出した特殊映像・特殊効果は、今日の様々な特撮映像の源流ともなっている[7]

日本での歴史[編集]

日本においては映画監督特撮監督)の円谷英二が事実上の元祖[注 2]と言われており[8][9]怪獣映画などの特撮映画を通して1950年代以降に日本独自の映像技術として発展し、映像文化や社会に多くの影響を与えた[2]

「特撮」という言葉自体は、SFXを分かりやすく説明する為に1958年頃から日本のマスコミで使われ始めており、第一次怪獣ブーム時に完全に定着している[2][10]。また、1965年には株式会社「特撮研究所」の創立、1966年には「空想特撮シリーズ」と銘打った「ウルトラマン」が放送されている[2]

「特撮映画」「特撮もの」という言葉は80年代頃まではよく使われており、対象層やジャンルを問わずに「特殊撮影」を使った作品という意味であった。この頃は、本格的な特殊撮影を使った映画やテレビドラマは珍しく、高度な技術と多大な予算が必要なものだった。そのため、優れた特撮作品は輸出入の対象となった[注 3]。特撮による撮影は様々な映像作品で活用されるが、特に「特撮映画」と呼ばれるのはSF映画戦争映画、怪獣映画、一部のホラー映画(怪奇映画)やパニック映画などで、特撮が補助的な役割に終始する作品は特撮物に含めないことが多い[注 4]

1990年代以降になると、CGなどのデジタル技術を活用したSFXが普及し始める。そのため、日本ではSFX主体の作品という意味ではなく、過去の特撮作品やその流れを汲む作品という意味で「特撮」が使われることが多い。例えば、かつて盛んだった年少者層を対象とした特撮作品(怪獣映画、いわゆる特撮ヒーローもの、SFやファンタジーの要素を持つコメディなど。児童向けドラマも参照のこと)を指して「特撮」と呼ぶことが定着しており、実際には「特殊撮影」があまり使われていない作品まで包含することもある[注 5]

前述のデジタル技術による撮影が十分に実用的・一般的になってきた2000年以降は、ミニチュア撮影操演着ぐるみによる撮影などのアナログ的な技術・作品という意味で「特撮」という言葉が使われるようにもなった。ただし、従来型の特撮を旧式な手法(または作品)として否定的な意味で使われる場面も増えてきている[2]

デジタル映像技術の発達に比例して、これまで培われてきた「特撮技術」による撮影は急激に減少し、「特撮作品」の姿も変わりつつあるため、2010年代になると日本独特の文化として保護を求める声があがった[2][8]2012年には東京都現代美術館の企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館」が開催されて全国で巡回も行われているほか、文化庁の振興策である「メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業」の一環として実施された「日本特撮に関する調査報告書」が2013年5月に公開されるなどしている。

主な日本の特撮作品[編集]

怪獣を主に扱った作品(怪獣映画など)
ヒーローを主に扱った作品(変身ヒーローなど)
怪人を主に扱った作品
妖怪を主に扱った作品
戦争映画
その他の特撮作品(SF映画、パニック映画など)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 映画監督の庵野秀明は、「日本特撮に関する調査報告書」に寄せたメッセージの中で、特撮を「技術体系」「日本が世界に誇るコンテンツ産業」などと表現している[1]
  2. ^ 円谷英二作品以前にも、忍術などの表現でトリック撮影を用いた作品などは存在する。また、円谷英二自身も海外の特撮映画である「キングコング」など影響を大いに受けて特撮を研究している。
  3. ^ 戦後からの復興期において、黒澤明の時代劇と円谷英二の怪獣映画が数多く海外に輸出されている。
  4. ^ 例えば、日活の「太平洋ひとりぼっち(1963年)」の特撮シーンを円谷プロが外注で製作したが、この映画が“特撮”と呼ばれることは一般的にはない。
  5. ^ 東映平山亨プロデューサーが「仮面ライダー」や「河童の三平 妖怪大作戦」を低予算なので特撮を使わないで製作したと言う旨のコメントをしているが、これら作品は特撮作品として認知されている。

出典[編集]

  1. ^ 特撮 - Yahoo!辞書(大辞泉、ジャパンナレッジ)(2013年10月25日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g 平成24年度メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業 日本特撮に関する調査報告書 - 2013年5月(メディア芸術カレントコンテンツ)
  3. ^ 特殊撮影 - Yahoo!百科事典(日本大百科全書、小学館)(2013年11月7日閲覧)
  4. ^ “【訃報】特撮の巨匠・レイ・ハリーハウゼン死去。ゴジラ、ルーカス、ピクサーに多大な影響”. DDN JAPAN. (2013年5月8日). http://japan.digitaldj-network.com/articles/13505.html 2013年11月7日閲覧。 
  5. ^ “「特撮の神様」レイ・ハリーハウゼンさん死去 92歳”. livedoorニュース. (2013年5月8日). http://news.livedoor.com/article/detail/7657203/ 2013年11月7日閲覧。 
  6. ^ “特撮映画の巨匠レイ・ハリーハウゼンさん死去”. 映画.com. (2013年5月8日). http://eiga.com/news/20130508/14/ 2013年11月7日閲覧。 
  7. ^ “レイ・ハリーハウゼン追悼上映 PFFで海外特撮の名作3作品 シンドバットからアルゴまで”. アニメ!アニメ!. (2013年9月7日). http://animeanime.jp/article/2013/09/07/15475.html 2013年11月7日閲覧。 
  8. ^ a b 展覧会紹介ーはじめに - 館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技(2013年)
  9. ^ 特撮のミカタ - バンダイチャンネル
  10. ^ 宇宙船 vol41』「古今特撮映画の散歩道」竹内博

関連項目[編集]