甌穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鹿ヶ壺の「底無」
ポットホール
小値賀町斑島玉石甌穴

甌穴(おうけつ)とは河底河岸岩石面上にできる円形ポットホール[1](pot hole)、またはかめ穴(かめあな)ともいう。

河底や河岸の表面が硬い場合、表面に割れ目などの弱い部分があるとそこが水流による浸蝕のためにくぼみとなる。このくぼみの中にが入ると渦流によってその礫が回転し丸みを帯びた円形の穴に拡大する。その後川底が侵食の影響で下がり、甌穴のできた場所は水面より高くなる。その結果、甌穴が地表に見られるようになる。

穴の直径、深さとも数cmのものから数mのものまでその姿はさまざまである。底に磨耗した小石が残っているものもある。有名な甌穴として寝覚の床長瀞渓谷(ながとろけいこく)の岩畳がある。また甌穴は、昔その場所を川が流れていたことを示す、重要な手がかりとなる。

なお、波の作用によるものは海蝕甌穴、氷河性河流によるものは氷河臼という。

天然記念物に指定された甌穴[編集]

国の天然記念物[編集]

地方自治体指定の天然記念物[編集]

その他文化財等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]

  • 地質・鉱物天然記念物一覧
  • 海釜 - 成因は幾つかあると考えられているが、潮流によって甌穴のような窪地(海釜/かいふ)ができる場合もあるとされる。また、盛り上がることもある。

外部リンク[編集]