侵食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NegevWadi2009.JPG

侵食(しんしょく、本来の用字は侵蝕、erosion)とは、などの外的営力により岩石地層が削られること。浸食浸蝕)と表記する場合もあるが、水に「浸る」とは限らないため、学術的には侵食侵蝕)の表記を用いる[1]

水の場合は雨水およびそれが流れたものから河川の流れ、氷河などが原因(scoring)。水流そのものによって物理的侵食をする場合を「洗掘」、長時間にわたって堅い岩盤などが摩耗されることを「磨食」と区別することもある。

風の場合は風そのもののほか、風で飛ばされてくる砂粒によって削られる(サンドブラスト状態)ことも多い。これは風食(deflation)と呼ばれることもある。また、貝類ウニなどによって石灰岩などが侵食されることを生物侵食(bioerosion)という。

侵食によってできた地形の例[編集]

グランドキャニオン(アメリカ合衆国)
地殻変動により隆起した地層がコロラド川によって削られ、平坦な高原に断崖が切り込む現在の地形となっている。
カッパドキア(トルコ)
凝灰岩が雨によって侵食され、残った部分が円錐形 - キノコ型の奇岩群となっている。
桂林(中華人民共和国)
石灰岩が雨水によって化学的に溶解し(侵食の一種で溶食という)、大規模なカルスト地形となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]