堆積岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

堆積岩(たいせきがん、: sedimentary rock[1])は、既存の岩石風化侵食されてできた、また火山灰や生物遺骸などの粒子(堆積物)が、海底・湖底などの水底または地表に堆積し、続成作用を受けてできた岩石。かつては、火成岩に対し、水成岩(すいせいがん、: aqueous rock[1])とよばれていたこともある。地球の多くを覆い、地層をなすのが普通である。

分類[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm) 砕屑物 砕屑岩 火山砕屑物 火山砕屑岩
64 以上 礫岩 火山岩塊 火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2 火山礫 ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116 砂岩 火山灰 凝灰岩
116 - 1256 シルト シルト岩 泥岩
1256 以下 粘土 粘土岩
テンプレートを表示