氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

氷河(ひょうが、: glacier)は、山地では重力、平坦な大陸ではの重さによる圧力によって塑性流動する、巨大なの塊である。

概要[編集]

氷河の周囲には氷河湖が形成される場合がある。アイスランドヨークルスアゥルロゥン

氷河は、山がちな、または傾斜した地形に、複数年にわたって氷やが堆積し、万年雪が圧縮されることでできる。下部には過去の氷期にできたものが融けずに残っている場合もある。氷河は侵食堆積を活発に行い、独特な氷河地形を生む。

地球の気温と氷河は密接な関係があり、海進海退の原因となる。現在陸上に見られる氷河は、南極氷床、グリーンランド氷床を最大級として、総計1,633万 km2に及び、陸地面積の約11%を覆う。

近年は地球温暖化の影響でその面積や厚さの減少が激しく、問題となっている(氷河融解を参照)。

氷河の分類[編集]

氷河には発達地域による2種類の形態があることが知られている。一つは山岳地に形成される山岳氷河である。もう一つは主に南極大陸とグリーンランドの広大な面積を覆う大陸氷河である。

山岳氷河の温度は一年を通して、表面から底部まで氷の融点付近にあることが知られている。一方、極地の氷河は水の激しい昇華冷却により、常に氷点下にあり融解することがない。亜極地の氷河の表面は季節により融点付近に達し、溶けた水がいくらか氷河内部に流れ込むが、氷河の底部は常に融点以下である。

氷河の温度は表面の状態で見分けることができる。氷河本体が表面に出ている場合は融解しつつあり、乾いた雪によって覆われている場合はたとえ夏でも融解しないとされている。融解した水が表面に溜まっていたり、割れ目に流れ込んでいるような場合は、内部や表面に再凍結してできた氷塊や氷層が存在する。湿った雪がある場合においては、氷点以上に気温が上昇した最後の夏からの雪がすべて堆積している。氷が重なり合っている場合、融解した水が氷河の中で冷たい層のところで再凍結し、氷河になる氷が形成されつつある場面であるといえる。

氷河の中で最も小規模なものは山岳地帯の谷間に存在することから、谷氷河(valley glaciers)と呼ばれる。我が国に現存する氷河は、すべてこの谷氷河である。 それより少し大きな規模のものは、氷帽から流れ出る流出氷河(outlet glaciers)と呼ばれる。氷帽は山の頂上にある雪の塊で、山脈に存在する事が多いが、現在活動していない休火山の上にも存在する場合もある。氷帽から氷の舌のようになって谷間に流れ出る事によって、流出氷河を形成する。この流出氷河自体は、氷河全体の規模から見ればまだまだ小規模なものに過ぎない。 極冠や巨大山脈の氷帽から形成された流出氷河は、海にまで達することがある。

氷河の中で最も大規模なものは氷床である。氷床は地表面のほぼ全てを覆い隠すほどの規模であるが、現在では南極大陸とグリーンランドだけに存在する。これらの地域に氷床が存在するために、仮にグリーンランドの氷床が融解した場合には6m、南極のそれが融解すると65m上昇するとされているほどの、膨大な水分が氷として蓄えられている。

氷原は氷床に似ているが、氷床に比べると厚さや面積が小さい。大陸氷河は標高が高い平原に存在する。このタイプの氷河は多数あり、アイスランド北極海の島々、ブリティッシュコロンビア州南部の北太平洋山脈からアラスカにかけての地域などに存在している。

氷河海岸(tidewater glaciers)は、氷河が海に流れ込んでいるものである。海に到達した氷河は、崩れ落ちるか、あるいは分離して氷山を形成する。ほとんどの氷河は海に達すると崩壊を伴い、非常に大規模な地形の変動を伴う。水深が深い場合、氷河が一旦海中に潜りこみ、暫くすると氷山が突然浮き上がってくることもある。アラスカで最も長い氷河海岸であるフバード氷河(en:Hubbard Glacier)は、10kmもの距離に渡って海に面している。ヤクタット湾氷河湾には、高さ30mもの氷河が崩れ落ちる光景を見ることができるために、観光スポットとして活用されている。このタイプの氷河は、ほかのタイプの氷河よりも中長期的な気候変動の影響を受けやすい。

氷河の形成過程

氷河の形成[編集]

比較的温度の高い氷河は、融解と凍結を繰り返してざらざらしたネヴェ(névé)と呼ばれる雪を主成分とする。この雪はざらめ雪と呼ばれる。この氷河の氷は、氷と雪の層の下で圧力を受け融解し、フィルンという氷の粒に変化する。フィルンの層は一定の年月を経ると、さらに圧縮されて氷河の氷(glacial ice)となる。また、雪は温度変化のあるところにあると、数時間でそれぞれの表面に凹凸のある結晶に変性し始める(蒸気圧による現象とは異なる)。

世界の氷河[編集]

日本[編集]

鹿島槍ヶ岳から望む剱岳の三ノ窓氷河と小窓氷河

かつて日本に氷河は存在しないとされていたが、2012年4月に日本雪氷学会剱岳の三ノ窓雪渓と小窓雪渓、立山の御前沢雪渓に存在する氷体の流動を確認し[1][2]、同6月にそれぞれ「三ノ窓氷河」「小窓氷河」「御前沢氷河」を呼称とすることで同意した[3]。これにより、カムチャツカ半島とされていた極東の氷河の南限は日本の富山県立山連峰となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福井幸太郎飯田肇2012「飛騨山脈,立山・剣山域の3つの多年性雪渓の氷厚と流動一日本に現存する氷河の可能性について一」『雪氷』74巻3号 213-222頁”. 2014年5月2日閲覧。
  2. ^ 日本初の氷河を確認 北アルプス立山連峰に三カ所”. 朝日新聞 (2012年4月5日). 2012年10月26日閲覧。
  3. ^ 日本雪氷学会・氷河情報センター 公開シンポジウム『日本の多年性雪渓と氷河 -これまでの研究と今後の展望-』”. 2014年5月2日閲覧。

参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]