河川争奪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河川争奪の模式図。
ある水系の谷頭が浸食等により上流へ伸びて(上図)、別の水系に達するとそこから上流の流域をすべて奪う(下図)。

河川争奪(かせんそうだつ)は、河川流域のある一部分を別の河川が奪う(自らの流域に組み入れる)地理的現象のこと。特に珍しい現象ではなく、世界各地にその痕跡地形(河川争奪地形)が見られる。

過程[編集]

流域が隣接する2つの河川があると想定する。両河川の間で河床勾配、流量などに大きな差があり、一方の河川の浸食力が著しく強い場合に河川争奪が発生しやすい。奪う側の河川の谷頭が上流へ浸食して分水界を後退させていく。そして、奪う側の谷頭が隣接河川の水系に達すると、そこから上流の流域をすべて奪うこととなる。これが一般的な河川争奪の過程である。このような河川争奪は、日本では全国的に見られる。

火山を成因とする河川争奪もある。火山の噴出物が河川を堰き止めて、湖を形成し、湖の流出口が従来の水系とは異なる水系に接続する場合などである。また、断層活動が原因の河川争奪もある。横ずれ断層により河川がずれていき、ついに別の水系と接続するような場合である。

河川争奪に伴う地理的現象[編集]

上根峠(かみねたお)の空中写真。
画像左下方向から根之谷川(太田川水系)が可愛川(江の川水系)(右上の水田地帯)を争奪。片峠である様子が分かる河川争奪の顕著な例である。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1974年撮影)

通常、浸食する河川が浸食される河川まで達していない段階では、分水界は稜線上にある。しかし、浸食の進行にともなって、隣接河川の形成する谷の中に奪う側の谷頭が入り込んでしまう。この分水界の形態を谷中分水界(こくちゅうぶんすいかい)という。谷中分水界は、今まさに河川争奪が行われようとしていることを表している。

河川争奪が起こると、奪う側では急勾配の谷が形成されるのに対し、奪われる側では比較的平坦な地形となることが多い。こうした地形を片峠(かたとうげ)または片坂(かたざか)という。片峠の存在は、その地域で河川争奪が発生していた可能性が高いことを物語る。

河川争奪が発生する前に、奪われる側の河川が幅の広い谷を形成していたが、河川争奪により上流域を奪われ、河川規模が小さくなることがある。この場合、小さな河川規模にもかかわらず幅の広い谷が残存することとなる。こうした谷を無能谷または不適合谷という。無能谷の存在もまた、その地域で河川争奪が行われた可能性を強く示唆するものである。

生物の生息範囲に与える影響[編集]

河川争奪は、生物(主に水棲の昆虫魚類両生類など)の生息範囲を変えることもある。例えば、淡水魚は海水を通ることができない種が多いにも拘らず、隔たった河川に同種の淡水魚が生息していることはよく見られる。これは、河川争奪により、一方の河川に棲んでいた淡水魚がもう一方の河川へ移動したのが想定できるひとつの原因だと考えられる。淡水魚と同様に陸上移動能力が低いタイプの両生類や水棲昆虫、多くの河川産無脊椎動物についても同じ事が言える。

主な河川争奪地形の例[編集]

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 『意外な水源・不思議な分水 ドラマを秘めた川たち』堀淳一、1996年、東京書籍、ISBN 4487754135