出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ北部の沼地
底が沼になっている川

(ぬま、英語:marsh)とは湿地の一種。との区別は明確ではないが、一般に水深 5 m 以内の水域であり、イネ科シダヨシガマスゲなどのに占められ、透明度が低く、規模があまり大きくないものを指す。湖沼学上では、水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域と定義される。池とあわせて池沼(ちしょう)と呼ぶことがある。

湿っぽく泥の深い地の事を沼地と呼ぶ。沼地の植物は草よりの方が多い。

沼の水が塩水の場合、その沼は塩沼(えんしょう)と呼ばれる。河口部において満潮になると水に浸かり、干潮では土がむき出しになる場所は塩沼湿地と呼ばれ、独自の植物が見られる。

沼には野生生物が生息し、しばしば多種多様な動物の繁殖地となる。

関連項目[編集]