海嘯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海嘯(かいしょう、: bore)は河口に入る潮波が垂直壁となって河を逆流する現象である。潮津波(しおつなみ)とも呼ばれる。昭和初期までは、地震による津波も海嘯と呼ばれていた。波形から段波(だんぱ)[1]と呼ばれる形状構造をとっているため、波の前面での破壊力が大きい。

海岸でこの現象が起こるのは「河口が広い三角江」と言われており、発生する代表的な河川はブラジルのアマゾン川(これを特にポロロッカという)、中国銭塘江イギリスセヴァーン川である。

アマゾン川の海嘯[編集]

詳細はポロロッカを参照

銭塘江の海嘯[編集]

銭塘江の海嘯

銭塘江の海嘯は「銭塘江潮」とも呼ばれる。中国語では「钱塘江大潮」であり、中国語の「海啸」は津波のことである。毎年8月19日、旧暦では十五夜の時に発生する。そのため、古来から杭州では月餅を食べながら見物する伝統がある。 この現象は銭塘江の河口がラッパ状に開いていることや、その先に舟山諸島が点在し、潮流を複雑にしていること、さらに東シナ海では台湾海峡から流れ込む潮流のスピードが海峡の幅が狭まるにつれ強くなることが原因となって現れると考えられる。

サーフィン[編集]

セヴァーン川イギリス)での波乗りのようす

垂直壁となる逆流を乗り切るスリルから、サーファーには人気があるものの、危険は大きい為、発生する都市が率先して奨励することは少ない。基本的には観覧のみを観光資源としており、サーフィン自体は黙認する形になっている。フランスガロンヌ川が有名。

参照[編集]

  1. ^ 新語時事用語辞典]

関連項目[編集]