流量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

流量(りゅうりょう、: flow rate)とは 、流体液体気体)が移動する体積質量)を表す物理量である。ふつう、単位時間当たりにどれだけの量が移動したかを表す。

概要[編集]

流体の量として体積を考えた場合は体積流量(たいせきりゅうりょう、volume flow rate)という。一般に流量と言った場合は体積流量を指すことが多く、日本の計量法でも体積流量のことを単に流量と表現している。単位は、国際単位系 (SI) では立方メートル毎秒 (m3/s) を用いる。計量法では他に立方メートルをリットルに、秒をに置き換えた単位も認めており、特に立方メートル毎分はCMM (cubic metre per minute) と表記されることがある。海洋学では、海流の体積流量の計量に百万立方メートル毎秒(百万キロリットル毎秒)に等しいスベルドラップ (Sv) が用いられる。

m3/s は m2・m/s と変形することができる。すなわち、体積流量は流体の断面積と流体の速度(流速)との積で表すことができる。同じ流量であれば、断面積が大きくなると流速は遅くなる。の流れが上流で速く下流で遅い原因のひとつがこれである。逆に、断面積が同じ場合、流量が多くなると流速が速くなる。大雨のときに川の流れが速くなるのはこのためである。ダムの目的の一つは下流に流れる流量をほぼ一定に制御することである。

流体の量として質量を考えた場合は質量流量(しつりょうりゅうりょう、mass flow rate)という。この単位は、SI ではキログラム毎秒 (kg/s) とし、計量法ではキログラムをグラムトンに、秒を時、分に置き換えた単位も認めている。

測定される流体が気体である場合、体積は圧力や温度で変化するので、温度および圧力といった測定条件を明示する必要がある。測定条件に「標準状態」と書く場合は、どの規格の標準状態かを明記する。(規格によって標準圧力、標準温度が異なるため) その大気の測定条件(参照基準大気など)での体積に換算して表示する。

流量計[編集]

流量を測定する装置を流量計といい、次のような種類のものがある。

しぼり流量計(ベンチュリ計)
配管の途中にしぼりを設けて通過流量によってしぼりの前後の圧力差が変わるのを利用する。
差圧式流量計(オリフィス流量計)
配管の途中にオリフィスプレート(中央に穴の開いた板)を設けて、プレートの前後の圧力差を利用する。
フロート型流量計
テーパー管に浮子をいれて、浮子とテーパー管のすきまによって生じる圧力差と浮子の重さが釣り合う位置で流量を測定する。
層流型流量計
細管に流量を通過させて、流体の粘性による圧力降下によって流量を測定する。
熱線式流量計
管路に電熱線を置いて、流体によって奪われる熱量が流量(質量流量)に比例することを利用する。質量流量計やマスフローコントローラなどで、よく用いられる。
カルマン渦流量計
障害物の後方に生じるカルマン渦の発生周期が、流量によって変わることを利用する。
タービン流量計
流れによって回転する翼車を利用する。
超音波流量計
管路外から非接触で測定でき超音波伝播時間やドップラー効果を利用する。ドップラー流量計ともいう。
電磁流量計
電磁誘導を利用するため導電性の流体に限られるが、堅牢で精度も良い為工業的に良く利用される。
羽根車式流量計
流れの中に羽根車を取り付け、羽根車の回転の速さで流量を測定する。
堰式流量計
水路にせきを設け,これを超えて流れる水面の高さを測定する。
コリオリ式流量計
チューブを一定振動数で振動させそのチューブに流体を流すと流入側と流出側でそれぞれ反対方向のねじれがコリオリ力によって生じる。このねじれ角は質量流量に比例するのでこのねじれ角を測定する。
ノズル式流量計
ラバール・ノズルの原理を用いる。気体用の流量計。ノズル上流と下流の圧力差が音速をおこす臨界圧以上では、上流側の圧力と温度のみから流量が算出でき、下流側の圧力・温度をほぼ無視できる。(音波の伝搬速度よりも流速のほうが早い音速状態なので、下流側の条件が音波として上流には伝播しない。)「臨界ノズル」(あるいは「音速ノズル」。ロケット工学で言う「超音速ノズル」とは別物。)と呼ばれる細孔を用いる。
石けん膜流量計
ガラス体積管内(既知体積)を石鹸膜が移動する時間を測定し、その時の大気圧、気温等の値からガスの流量を算出する。

流量係数[編集]

流体力学などを用いて流れを理論的に解析する際の無次元化や、理論式と実験値の補正係数として、体積流量Q に対し代表長さL の2乗と代表速さU の積L 2 U の比を用いて無次元化した数の

\psi = \frac{Q}{L^2 U}

が扱われる場合がある。この無次元数ψを流量係数(りゅうりょうけいすう、英:coefficient of discharge)という。

ターボ機械のような回転機械の場合は、代表長さとして直径D を、代表速さとして回転速度n が用いられ、流量係数ψは以下で定義される[1]

\psi = \frac{Q}{D^3n}

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ターボ機械協会編 『ターボ機械 -入門編-』 (新改訂版) 日本工業出版、77頁。ISBN 978-4-8190-1711-4 

参考文献[編集]

  • 日本計量機器工業連合会 『計装エンジニアのための流量計測A to Z』、 工業技術社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]