ターボ機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ターボ機械(ターボきかい、: Turbomachinery)とは、流体機械のうち、流体のエネルギーと機械的エネルギーの変換を連続的におこなうものを言う[1]羽根車が組み込まれており、その回転によってエネルギーを変換する。ポンプ送風機水車風車ターボ圧縮機ガスタービン蒸気タービン真空ポンプなどで用いられている。

概要[編集]

ターボの原義はオウムガイの英名turboと言われている[2]

流路はらせん形をしており、種類によって呼び分けられる:

  • ポンプではボリュート
  • 水車では渦巻きケーシング
  • 空気機械ではスクロール

分類[編集]

形状および流れの方向によって以下のように分類される。

遠心式[編集]

吸い込み流れと吐き出し流れが直交するものである。比較的少流量、高揚程の性能を示す。

斜流式[編集]

遠心式と軸流式の中間の形態を持つものである。性能上も遠心式と軸流式の中間をとる。

軸流式[編集]

吸い込み流れと吐き出し流れが平行であるものである。比較的多流量、低揚程の性能を示す。

横流式[編集]

クロスフローとも呼ばれる。エアコンなどで用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ターボ機械”. 2012年11月15日閲覧。
  2. ^ ターボ機械協会編 『ターボ機械 入門編』 日本工業出版2005年ISBN 978-4-8190-1911-8

外部リンク[編集]

関連項目[編集]