タービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タービン英語:turbine)は、流体運動エネルギーを、機械の回転運動エネルギーへ変換する流体機械原動機)。作動流体の多くは気体液体だが、超臨界流体の場合もありうる。ピストンモータの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換する流体機械と異なり、流体の運動を直接、回転運動に変換する連続的な回転機である。

タービンの種類[編集]

流体の種類による分類[編集]

流体の作動による分類[編集]

  • 衝動タービン : ノズル(静翼)で流体の圧力速度に変換し膨張・減圧して動翼は何も変換せず、ノズルからの流出ガスの衝動力で動翼を回転させるもの。
  • 反動タービン : ノズル(静翼)と動翼で流体の圧力速度に変換し膨張・減圧して、ノズルからの流出ガスの衝撃力と動翼内で膨張したガスの反動力で動翼を回転させるもの。
  • 衝動反動タービン : 動翼において根元から先端にかけて通過するガスの速度と膨張・減圧を均一にする為(動翼の周速度は半径に比例して増加する為、先端を流れるガスの相対速度が減少し膨張・減圧が減少する)に動翼にひねりを与え根元を衝動タービンとし徐々に先端を反動タービンとしたもの、主にジェットエンジンのタービンに用いられる。

流体の流れの方向による分類[編集]

  • 軸流タービン : 軸方向に流体が流れるもの。
  • 斜流タービン : 軸から斜めに広がるように流体が流れるもの。
  • 半径流タービン(ラジアル・タービン) : 軸と直交する向きに流体が流れるもの。ふく流型とも呼ばれる。


構成要素[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 松岡増二『ジェット・エンジン』日本航空技術協会 第2版 第6刷 1989年 ISBN 4930858119