含水率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
物質の三態

含水率(がんすいりつ)とは、物質に含まれる水分の割合を示したもの。重量基準と体積基準の含水率があるが、単純に含水率と呼ぶ場合は、重量含水率を示す。単位は無次元であり、通常は百分率(%)を用いて表される。

重量基準含水率は一般的に湿潤基準(水分の重量を水分と固形分の重量の和で除したもの)の含水率が用いられ、乾量基準(水分の重量を固形分の重量で除したもの)は含水比と呼ばれ区別されている。しかし、木材の場合は、乾量基準であっても含水率と呼ばれる。

定義[編集]

重量基準含水率 u
u = \frac{W_w}{W_s+W_w}
Ww は水分の重量、Ws は物質の重量。
体積基準含水率 θ
\theta = \frac{V_w}{V}
Vw は水の体積、V は全体の体積。

含水比との関係[編集]

含水比w は、以下で定義され、含水率u と次の関係がある:

\begin{align}w &:= \frac{W_w}{W_s}\\
&= \frac{u}{1-u}\end{align}

したがって、水分を含まない物質に対してはu = w = 0だが、固形分を含まない場合はu = 100%、w = となる。