水道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水道の蛇口から出る清浄な水

水道(すいどう)は、生活のためにを供給・処理する事業施設のこと。英語では、水の供給を water supply(または water service)、その設備を waterworks と呼ぶ。水道は、以下のものなどに大別することができる。

より一般的には上水道(水)を指して水道と呼ぶことが多く、日本の水道法においても「水道」を「導管及びその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として供給する施設の総体」と定義している(水道法3条1項本文)。なお、臨時に施設されたものについては水道法上の「水道」からは除外される(水道法3条1項ただし書き)。

世界の水道状況[編集]

2004年には、世界の約35億人(全人口の54%)が家庭で水道の配管を通して水を利用した。別の13億人(同20%)が家庭以外の水道で安全な水を利用した。さらに別の10億人(同16%)以上は安全な水を利用できなかった。

水の供給と健康には大きな関係がある。排泄物などに触れた水を飲むことで、コレラ赤痢チフスなどの病気が流行する。また、特に体力の弱い乳幼児は、不浄な水の摂取による下痢による脱水症状で、毎年多数が死亡している。

また、清浄な水は洗濯や入浴、食品や食器の洗浄などにも必要である。

水道の歴史[編集]

古代ローマの水道橋であるフランスポン・デュ・ガール

歴史を通じて人々は、より便利に水を取得して利用する装置・機関を考案してきた。水路を使用した水道の発祥地はバビロニアといわれる。水道管を使用した物としては戦国時代後期中国の各地大都市に敷かれた上水道が発見されている中で最も古い。

日本では、室町時代後期(戦国時代相模戦国大名北条氏康によって小田原城城下町小田原早川上水が建設されたのが最古の記録である。さらに1583年(天正11年)には豊臣秀吉によって大坂城城下町に日本初の下水道太閤下水(背割下水)が建設された。その後、1590年(天正18年)の小田原征伐において水道を目の当たりにした徳川家康など諸大名により、江戸に水を供給する神田上水玉川上水などを始め、全国に水道が建設された。これらは基本的に各戸給水をするものではなかったが、江戸の上水は当時世界でも最も進んだ設備であった。

明治に入ると西洋の近代的水道が導入され、公衆衛生の確保のため都市部を中心に上水道の敷設が行われていき、第二次世界大戦期には一時停滞するものの、その後の高度経済成長期には飛躍的に普及して、おおむね1975年昭和50年)ごろには一部を除き日本全国に上水道網が完成した。また、経済成長や、風呂洗濯機などの普及に伴って生活用水、工業用水の需要は大きく増加し、各地でダムの建設など、水源の確保が図られた。

水処理[編集]

かつては清浄な水源を求めて、そこで取水した水をそのまま利用しており、汚水はそのまま河川などに流していた。しかし、現代では水の消費量の増大や水質汚染に対応するため、上水道のための取水においても、下水道からの排水においても、何らかの処理がなされることが一般的である。

取水や排水の際には、濾過や沈殿凝集、消毒などの処理が行われており、浄水の水質を保ち、排水によって環境を汚染しないように考慮されている。水質の維持や、異臭などに対応するため、高度浄水処理も行われるようになり、活性炭オゾンなどが用いられている。

詳しくは水処理を参照。

関連項目[編集]