長崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ながさきし
長崎市
平和祈念像.jpg
平和祈念像
長崎市旗 長崎市章
長崎市旗 長崎市章
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
団体コード 42201-1
面積 406.47km²
総人口 434,199
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 1,070人/km²
隣接自治体 諫早市西海市
西彼杵郡時津町長与町
市の木 ナンキンハゼ
1975年8月1日制定)
市の花 アジサイ
1968年3月21日制定)
市章 五芒星
長崎市役所
所在地 850-8685
長崎県長崎市桜町2番22号
北緯32度45分1.2秒東経129度52分40.3秒座標: 北緯32度45分1.2秒 東経129度52分40.3秒
長崎市役所
外部リンク 長崎市役所

長崎市位置図

― 市 / ― 町

特記事項 市章は1900年(明治33年)5月制定
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
稲佐山から望む長崎市街地。
長崎市の夜景は日本三大夜景にも数えられている。

長崎市(ながさきし)は、九州の北西部に位置する都市で、長崎県県庁所在地である。国から中核市に指定されている。

古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市である。江戸時代は国内唯一の貿易港出島を持ち、ヨーロッパから多くの文化が入ってきた。外国からの文化流入の影響や、坂の多い街並みなどから、日本国内の他都市とは違った景観を保持している。また、県下最大の人口を持つ長崎県の中心都市である。

市域面積の13.1%である市街地に人口の約78%が住み、市街地の人口密度は、7,900人/km²と過密である。

目次

概要[編集]

鎖国」体制であった江戸時代には、国内唯一の江戸幕府公認の国際貿易港(対オランダ、対中国)・出島を持つ港町であった。このため、出島跡を初めとして、異国情緒に満ちた港町として有名である。歴史的経緯からカトリック教徒の数が比較的多いことでも知られており、特にカトリック教会は長崎県単独で一つの大司教区を形成している(日本の大司教区は長崎含め3つあり、東京大司教区は東京・千葉で、大阪大司教区は大阪・兵庫・和歌山で構成)。

また、実戦で使用された核兵器原子爆弾)としては広島市に次ぐ世界史上2番目の、そして最後の被爆都市としても知られる。「近隣の核武装国による核攻撃を想定するのは、他国に誤解を与える」との信念の下で、全国自治体の中では唯一、国民保護計画案から、他国より核攻撃想定される事態の想定をあえて削除している(2007年5月11日 市長発言)。なお、長崎県は計画案の中で核攻撃への対処事項を記述している。

人口[編集]

2005年の国勢調査による人口は男209,250人、女245,956人、人口性比85.1であった。また、日本の全都道府県の県庁所在地の中で人口性比が一番低い。

Demography42201.svg
長崎市と全国の年齢別人口分布(2005年) 長崎市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 長崎市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
長崎市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 495,445人
1975年 505,835人
1980年 502,799人
1985年 505,566人
1990年 494,032人
1995年 487,063人
2000年 470,135人
2005年 455,206人
2010年 443,469人
総務省統計局 国勢調査より

地理[編集]

グラバー園より市中心部を望む。
坂の街。大浦天主堂前の坂道。

長崎半島および西彼杵半島を市域とする。諫早市西海市西彼杵郡時津町長与町に隣接する。市の形状は全国的に見ても数少ない「すり鉢」状となっている。市の中心部は三方を山に囲まれており、女の都(めのと)・三原・本原・西山・片淵・小島(こしま)・稲佐(いなさ)・小江原(こえばる)・西町・滑石(なめし)など住宅地の多くは山の斜面を利用している。そのため「階段の街」「坂の街」として有名である。坂が多いため自転車に乗る人は少なく、他都市でしばしば問題になる放置自転車等の問題は少ない。その代わり原付バイクが多くナンバープレートの登録番号が5桁になっている。また、「自転車屋」を名乗りながらも原付バイクだけを扱う店も多い。また、長崎市内の小学校・中学校・高等学校は立地条件の関係上、全て自転車通学が禁止されており、自転車置き場すら存在しない。

市の中心部を流れる川には、北部から南下し長崎港へ注ぐ浦上川と、市の北東部から長崎港へ注ぐ中島川とがある。それぞれ川沿いに平地と埋立地があり、商業地や公共施設はそこに集中する。

長崎港の外海は五島灘橘湾に面しており、急峻な海岸線が多いが、河口部などのわずかな平地に漁港と集落が点在する。

  • 東部(橘湾天草灘) - 宮摺(みやずり)・茂木・飯香浦(いかのうら)・日見・矢上・戸石など
  • 西部(五島灘) - 神浦(こうのうら)・出津(しつ)・黒崎・三重・畝刈(あぜかり)・式見・小江(こえ)・福田など
  • 南部(五島灘 - 天草灘) - 深堀・香焼(こうやぎ)・蚊焼(かやき)・高浜・野母・脇岬・樺島・川原・千々(ちぢ)など
  • 北部(大村湾) - 西海(にしうみ)・村松・大石・戸根・長浦・形上・小口など

北西部の三重・畝刈地区や東部の矢上・かき道地区などは近年開発が進み、住宅地が増えた。

2005年1月4日の市町村合併では、長崎半島西南部や有人島の離島である伊王島・高島・池島、石炭産業の衰退で無人島となった端島(通称:軍艦島)が編入合併された。さらに2006年1月4日の市町村合併では大村湾沿岸の旧琴海町が編入合併された。

2005年12月11日に、長崎港の両岸の女神地区、木鉢地区を結ぶ「女神大橋(通称:ヴィーナスウィング)」が完成した。これは中央径間長が480メートルに達し、全長は1,289メートルで、斜張橋としては横浜ベイブリッジを上回って全国第6位の長さとなる。長崎南バイパス完成により長崎自動車道と接続され、長崎市街地南部一円を循環する長崎南環状線の一部となった。

ダムは浦上水源地・本河内水源地・鹿尾(かのお)ダム・神浦ダムなどがあるが、市街地に近い水源では環境が悪く、上水道事情はあまり良くない。市外からは大村市の萱瀬ダムからの送水のものもある。また、斜面が多いために下水道の整備も目下進行中という状況である。

風頭山公園から眺める長崎市の様子。右方が長崎市街中心地である。中央部の港を出発した船は南西(左奥)の海へ出てゆく
上のパノラマ写真の反対側、稲佐山展望台から眺める長崎市の様子。

地名[編集]

長崎の地名は現在の市役所付近を根とし県庁付近までの其の長い御崎を居としたことから桓武平家九州千葉氏本家が長崎氏を名乗ったが、長崎御崎に館を構えた北条内管領家の鎌倉長崎氏から枝分かれした九州長崎氏に由来するとされるとの説もある。 町名は長崎市の地名参照。

気候[編集]

年間平均気温は17.4、年降水量は約1,678mmである。暖流の影響が強く、九州の他都市に比べても寒暖の差は小さい。近年、大雪が多くなってきている。長崎のご当地ソングには雨が登場するものが多いため、長崎は雨が多いと思われがちだが、年降水量が突出して多いわけではない。長田暁二によると「長崎のご当地ソングで雨が初めて登場するのは1939年の「長崎物語」で、同曲や1947年の「雨のオランダ坂」のヒットにより、長崎と雨が結びつくようになったのでは」という[1]

長崎市(1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 21.3
(70.3)
22.6
(72.7)
24.4
(75.9)
29.0
(84.2)
34.6
(94.3)
36.4
(97.5)
37.7
(99.9)
37.6
(99.7)
36.1
(97)
33.7
(92.7)
27.4
(81.3)
23.8
(74.8)
37.7
(99.9)
平均最高気温 °C (°F) 10.4
(50.7)
11.7
(53.1)
14.8
(58.6)
19.7
(67.5)
23.5
(74.3)
26.4
(79.5)
30.1
(86.2)
31.7
(89.1)
28.6
(83.5)
23.8
(74.8)
18.3
(64.9)
13.1
(55.6)
21.0
(69.8)
平均最低気温 °C (°F) 3.8
(38.8)
4.4
(39.9)
7.3
(45.1)
11.6
(52.9)
15.8
(60.4)
20.0
(68)
24.3
(75.7)
25.1
(77.2)
21.8
(71.2)
16.1
(61)
10.8
(51.4)
5.9
(42.6)
13.9
(57)
最低気温記録 °C (°F) −5.2
(22.6)
−4.8
(23.4)
−3.6
(25.5)
−0.2
(31.6)
5.3
(41.5)
8.9
(48)
15.0
(59)
17.0
(62.6)
11.1
(52)
4.9
(40.8)
−6.0
(21.2)
−0.2
(31.6)
−3.9
(25)
降水量 mm (inch) 64.0
(2.52)
85.7
(3.374)
132.0
(5.197)
121.3
(4.776)
179.3
(7.059)
314.6
(12.386)
314.4
(12.378)
195.4
(7.693)
188.8
(7.433)
85.8
(3.378)
85.6
(3.37)
60.8
(2.394)
1,857.7
(73.138)
降雪量 cm (inch) 2
(0.8)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
4
(1.6)
平均月間日照時間 102.8 119.7 148.5 174.7 184.4 135.3 178.7 210.7 172.8 181.4 137.9 119.1 1,866.1
出典 1: 気象庁[2]
出典 2: 気象庁[3]

歴史[編集]

年表[編集]

1764年出版の古地図
1801年出版の古地図
1858年出版の古地図
大正の市役所本館、手彩色絵葉書
戦国時代から天正期まで
江戸時代
明治期から第二次大戦まで
第二次大戦後

※行政区域の変遷は別記。

事始め[編集]

天領 長崎[編集]

  • 市中と郷
長崎奉行の管理下にあった天領としての長崎は、「市中」という内町・外町と、「郷」という農村部から成っていた。内町は、大村純忠が1571年に造った6町(島原町、大村町、外浦町、平戸町、横瀬浦町、文知町)をはじめとして、1593年までに本博多町、本興善町など23町が成立していた。外町は、材木町、本紺屋町、袋町、酒屋町などで、1597年に内町との町域を定めた。
ポルトガル等との貿易によって栄えた長崎は、町の区域が徐々に拡大していったが、その領地は幕府領と大村領に混在していたため、1605年に幕府領の一部と大村領の一部を交換し、円滑な支配が行えるようにした。
これにより「市中」と「郷」からなる天領長崎が確立したが、外町の町域はその後も拡大を続け、1672年には内町26町、外町51町とされ、両町合計77町になった。さらに、外町の出島町と遊郭のあった丸山町、寄合町の3町を加え、80町となった。1676年には外町の検地が行われ、これによって長崎の町域が決定した。1699年には、内町と外町の区分が解消されている。

幕末の1857年、外国人居留地を建設するために大村領戸町村が幕府に没収されたが、この時までは上記の体制が続いた。

※行政区域の変遷は別記。

行政[編集]

行政区域の変遷[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日
    • 市制施行により、長崎市が発足する(面積(推)7.00km² 人口54,502人)。
    • 町村制施行により、 西彼杵郡上長崎村・下長崎村・戸町村・淵村・浦上山里村・西浦上村・小ヶ倉村・土井首村・小榊村・福田村・深堀村・日見村・茂木町・式見村・矢上村・三重村・香焼村・伊王島村・高島村・野母村・脇岬村・樺島村・高浜村・為石村・川原村・蚊焼村・神浦村・黒崎村・北高来郡戸石村・古賀村が発足する。
  • 1898年(明治31年)10月1日 -上長崎村の一部・下長崎村・戸町村・淵村を編入する(面積(推)16.00km² 人口113,307人)。
  • 1920年大正9年)10月1日 -上長崎村・浦上山里村を編入する(面積41.10km² 人口232,912人)。
  • 1938年(昭和13年)4月1日 -西浦上村・小ヶ倉村・土井首村・小榊村を編入する(面積90.54km² 人口268,954人)。
  • 1948年(昭和23年)10月1日 -高島村が町制を施行し、高島町となる。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 -福田村の一部を編入する(面積90.64km² 人口247,248人)。
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月1日 -福田村・深堀村を編入する(面積114.23km² 人口292,765人)。
    • 2月1日 -日見村を編入する(面積121.32km² 人口296,323人)。
    • 2月11日
      • 矢上村・戸石村・古賀村が合併(新設合併)し、東長崎町となる。
      • 為石村・川原村・蚊焼村が合併(新設合併)し、三和町となる。
      • 神浦村・黒崎村が合併(新設合併)し、外海村となる。
    • 4月1日 - 野母村・脇岬村・樺島村・高浜村が合併(新設合併)し、野母崎町となる。このとき高浜村端島は高島町に編入する。
  • 1960年(昭和35年)5月3日 -外海村が町制を施行し、外海町となる。
  • 1961年(昭和36年)11月3日 -香焼村が町制を施行し、香焼町となる。
  • 1962年(昭和37年)
    • 1月1日 - 茂木町・式見村を編入する(面積165.41km² 人口372,027人)。
    • 5月20日 - 伊王島村が町制を施行し、伊王島町となる。
  • 1963年(昭和38年)4月20日 -東長崎町を編入する(面積206.62km² 人口392,072人)。
  • 1973年(昭和48年)
    • 3月31日 - 三重村を編入する(面積238.12km² 人口431,181人)。
    • 4月1日 - 時津町の一部(横尾地区)を編入する(面積239.03km² 人口433,196人)。
  • 2005年平成17年)1月4日 -香焼町伊王島町高島町野母崎町三和町外海町を編入する(面積338.72km² 人口447,103人)。
  • 2006年(平成18年)1月4日 - 琴海町を編入する(面積406.35km² 人口454,739人)。

歴代市長[編集]

市議会[編集]

  • 定数40
    • 当初、長崎市の条例で44と定められていたが、2005年(平成17年)から2006年(平成18年)の市町村合併特例で51(44+旧7町より1議席ずつ)になった。2009年(平成21年)2月に、市議会議員定数見直し法案が可決され、40に減員。2011年(平成23年)4月の選挙からこの定数が適用された。[4]
  • 議長:板坂博之(明政・自由クラブ)
  • 副議長:鶴田誠二(市民クラブ)
会派名 議員数
市民クラブ 14
明政・自由クラブ 10
公明党 6
自由民主党 5
新風会 2
長崎市民会議 2
気走会 1

2012年(平成24年)6月22日現在。

市庁舎[編集]

  • 長崎市役所
    • 本庁(本館・別館)(長崎県長崎市桜町2-22)
      • 支所(11) -小ヶ倉、土井首、小榊、西浦上、福田、深堀、日見、茂木、式見、東長崎、三重
      • 行政センター(7) -香焼、伊王島、高島、野母崎、三和、外海、琴海
      • 消費者センター(メルカつきまち内)-パスポート窓口[5]

県の機関[編集]

県議会[編集]

衆議院選挙区[編集]

警察[編集]

消防[編集]

病院[編集]

国立
市立

姉妹都市・友好都市[編集]

市民友好都市[7]

国の機関[編集]

総務省
法務省
厚生労働省
経済産業省
農林水産省
財務省
国土交通省


国際機関[編集]

産業[編集]

工業造船業
三菱重工業長崎造船所三菱電機などの工場が集中。長崎が三菱の企業城下町とも言われる所以である。
観光業
鎖国時代から海外に開かれていたことから、異国情緒のある街として知られている。また、原爆の被害を受けている事もあり、修学旅行に訪れる学校が非常に多い。
水産業
長崎港は、捕鯨東シナ海を漁場とする「以西底引き網」の基地「長崎漁港」としても繁栄してきた。1989年に市北西部の畝刈・三重地区に主な漁港機能を移転した。長崎漁港以外にも多くの漁港がある。
畜産業
西彼杵半島南部では肉牛・乳牛の養育も行われている。

本社を置く主な企業等[編集]


金融機関[編集]

銀行[編集]

信金・信組・労金等[編集]

農協・漁協・生協[編集]

郵便局[編集]

商業[編集]

長崎市の商業地区は大きく4つに分けられる。(長崎市中心部、長崎市中部地区、住吉地区、東長崎地区など)九州では福岡市北九州市熊本市に続き、鹿児島市大分市と並ぶ市場の大きさである。

長崎市中心部[編集]

眼鏡橋などといった文化財が多く、また路面電車が長崎市中心部を隅々まで走っているので移動は非常に便利である。長崎駅付近、新地中華街にはバスターミナルもある。 大規模アーケード商店街である浜町アーケードベルナード観光通アーケード、また夢彩都アミュプラザ長崎など大型複合商業施設が多い地区であり、大賑わいである。また、浜町~観光通一帯は古くから長崎一の繁華街であり、思案橋・丸山地区は江戸時代以来の歓楽街である。 高層建築物が多く、長崎港は近年急速に開発が進みアジアからの日本の玄関口として賑わいを見せている。長崎港ターミナル、松が枝国際ターミナル、水辺の森公園などが十年前~近年整備された。水辺の森公園内には長崎県美術館、AIGなどもある。また、長崎駅裏の長崎漁港跡地には長崎県庁舎、県警本部などの移転のため土地開発も進んでいる。内陸部には長崎歴史文化博物館もあり、そちらも賑わいを見せている。長崎県庁舎、長崎市庁舎、国の出世機関も立地し商業の中心であり、長崎の政治の中心でもある。人口密度も非常に高く、近年上昇している。

長崎市中部(浦上駅周辺)[編集]

この付近の北部が原爆落下中心部であり、原爆資料館や平和公園がある。 JR浦上駅があり、この駅を通る全列車が停車する。地元バス会社が経営するみらい長崎ココウォーク(バスターミナルと合体している)が2008年にオープンした。ただの商業施設ではなく、他の複合商業施設と差別化しており、高級感がある。また、観覧車があり、付近の景観にあっている。 近くには長崎新聞社長崎文化放送など地元メディア局や、長崎ブリックホールなどといった文化的施設が多く、非常に賑わっている。路面電車も3系統通っており非常に便利な街でもある。

西浦上地区[編集]

長崎本線西浦上駅を出ると、2つの商店街、中園商店街とサンモール住吉がある。付近は再開発が進み、高層マンションや商業施設が立ち並んでいる。また、複合商業施設チトセピアやジョイフルサンもあり、長崎市の副都心として賑わっている。長崎大学の文教キャンパスにも近いため、学生向けの店やアパートなども多い。10月10日 - 13日には、住吉くんちがあり、毎年のように賑わいを見せている。中心部からは比較的離れているが交通量は非常に多い。路面電車の終点赤迫電停は住吉地区の隣りである。路面電車は3路線通っている。昼間は約3分に1本以上(松山・長崎駅前・中心部方面行き)、バスは住吉地区が各住宅街からのバスの経由地となっているため、本数は非常に多く、バスが絶えることはない。路面電車・バス共に乗客は非常に多い。

東長崎地区[編集]

1963年4月1日までは東長崎町であった。長崎市中心部寄りに隣接する日見地区を含める場合もある。国道34号線日見バイパスが通る。青果市場や、イオンなどの商業施設がある。最近は次々とスーパーなどを含んだ複合商業施設がオープンしており、長崎市内でも開発が活発な地区である。路面電車は通っておらず、JRの鉄道路線も東長崎北部を通っているため(JR現川駅肥前古賀駅)、公共交通の中心はバスである。ただ、東長崎の北部地区の住民はバスではなくJRを利用することが多い。また、長崎バイパス、長崎自動車道長崎多良見インターチェンジもある。また、日見地区(東長崎西部・南部地区)には長崎自動車道長崎芒塚インターチェンジがある。また長崎ペンギン水族館がある。東長崎警察署は近年交番となった。消防は長崎中央消防署矢上出張所がある。この出張所は他の出張所とは違い、はしご車も配備されている。また、2012年、東部地区ニコニコセンター(支所併設)がオープンした。

主な大規模商業施設[編集]

  • 浜屋百貨店浜町)地下1階、地上9階建て
  • 長崎大丸浜町)- 2011年(平成23年)7月31日をもって閉店した。
  • 長崎玉屋(新大工地区、地上7階建て)
  • イオン東長崎ショッピングセンター(東長崎地区最大。約30のテナント)


教育[編集]

大学[編集]

国立
私立

短期大学[編集]

私立

※廃校になった短期大学に関しては廃止された日本の短期大学一覧を参考。

高等学校[編集]

県立


市立
私立


※廃校になった高等学校に関しては長崎県高等学校の廃校一覧#長崎市を参考。

中学校[編集]

(*印は小中併設校)

国立
県立


市立
  • 伊王島中学校(いおうじま)
  • 池島中学校*(いけしま)
  • 岩屋中学校(いわや)
  • 梅香崎中学校(うめがさき)
  • 江平中学校(えびら)
  • 大浦中学校(おおうら)
  • 片淵中学校(かたふち)
  • 琴海中学校(きんかい)
  • 黒崎中学校(くろさき)
  • 神浦中学校(こうのうら)
  • 香焼中学校(こうやぎ)
  • 小江原中学校(こえばる)
  • 小ヶ倉中学校(こがくら)
  • 小島中学校(こしま)
  • 桜馬場中学校(さくらばば)
  • 三和中学校(さんわ)
  • 式見中学校(しきみ)
  • 高島中学校*(たかしま)
  • 橘中学校(たちばな)
  • 土井首中学校(どいのくび)
    • 開成分校*(かいせい)
  • 戸町中学校(とまち)
  • 長崎中学校(ながさき)
  • 滑石中学校(なめし)
  • 西浦上中学校(にしうらかみ)
  • 西泊中学校(にしどまり)
  • 野母崎中学校(のもざき)
  • 東長崎中学校(ひがしながさき)
  • 日見中学校(ひみ)
  • 日吉中学校*(ひよし)
  • 深堀中学校(ふかほり)
  • 福田中学校(ふくだ)
  • 淵中学校(ふち)
  • 丸尾中学校(まるお)
  • 三重中学校(みえ)
  • 三川中学校(みかわ)
  • 緑が丘中学校(みどりがおか)
  • 南中学校*(みなみ)
  • 茂木中学校(もぎ)
  • 山里中学校(やまざと)
  • 横尾中学校(よこお)


私立


※規模適正化により、統廃合された中学校に関しては、長崎県中学校の廃校一覧#長崎市を参考。

小学校[編集]

(*印は小中併設校)

国立
市立
  • 為石小学校(ためし)
  • 手熊小学校(てぐま)
  • 戸石小学校(といし)
  • 土井首小学校(どいのくび)
  • 戸町小学校(とまち)
  • 長浦小学校(ながうら)
  • 滑石小学校(なめし)
  • 鳴見台小学校(なるみだい)
  • 南陽小学校(なんよう)
    • 開成分校*(かいせい)
  • 西浦上小学校(にしうらかみ)
  • 虹が丘小学校(にじがおか)
  • 西北小学校(にしきた)
  • 西坂小学校(にしざか)
  • 西城山小学校(にししろやま)
  • 西町小学校(にしまち)
  • 西山台小学校(にしやまだい)
  • 仁田小学校(にた)
  • 野母崎小学校(のもざき)
  • 晴海台小学校(はるみだい)
  • 日見小学校(ひみ)
  • 日吉小学校*(ひよし)
  • 深堀小学校(ふかほり)
  • 福田小学校(ふくだ)
  • 北陽小学校(ほくよう)
  • 三重小学校(みえ)
  • 南小学校(みなみ)
  • 南長崎小学校(みなみながさき)
  • 三原小学校(みはら)
  • 村松小学校(むらまつ)
  • 女の都小学校(めのと)
  • 茂木小学校(もぎ)
  • 矢上小学校(やがみ)
  • 山里小学校(やまざと)
  • 横尾小学校(よこお)


私立

※規模適正化により、統廃合された小学校に関しては、長崎県小学校の廃校一覧#長崎市を参考。

幼稚園[編集]

国立
市立
私立
  • いなさ幼稚園
  • くるみ西幼稚園
  • 小江原ひかり幼稚園
  • 光華幼稚園
  • 聖マリア幼稚園
  • 第2ひかり幼稚園
  • 長崎南山幼稚園
  • ひかり幼稚園
  • 富士幼稚園
  • 双葉幼稚園
  • 宝珠幼稚園
  • 友愛社会館幼稚園
  • 百合幼稚園
  • ロザリオ幼稚園
  • あやめ東幼稚園
  • 皓台寺幼稚園
  • くるみ幼稚園
  • 諏訪幼稚園
  • 聖母の騎士幼稚園
  • 聖母の騎士東長崎幼稚園
  • 長崎玉成短期大学附属幼稚園[16]
  • 天童幼稚園
  • 長崎女子短期大学付属第一幼稚園
  • 長崎女子短期大学付属第二幼稚園
  • 日見幼稚園
  • 矢上幼稚園
  • レデンプト-ル幼稚園
  • うみのほし幼稚園
  • 大園幼稚園
  • くるみ北幼稚園
  • 小鳩幼稚園
  • 純心幼稚園
  • すみよし幼稚園
  • 聖アントニオ幼稚園
  • 長崎信愛幼稚園
  • 第二女の都幼稚園
  • 滑石中央幼稚園
  • みのりが丘幼稚園
  • みやま幼稚園
  • 女の都幼稚園
  • ルンビニー幼稚園
  • 大浦信愛幼稚園
  • おおとり幼稚園
  • 小ケ倉幼稚園
  • 三和幼稚園
  • さくら幼稚園
  • ダイヤランド青い鳥幼稚園
  • 野母崎幼稚園
  • 深掘幼稚園
  • 深掘純心幼稚園
  • 第二双葉幼稚園


保育所[編集]

市立
  • 緑ケ丘保育所
  • 戸町保育所
  • 山里保育所
  • 小ケ倉保育所
  • 大手保育所
  • 仁田保育所
  • 伊良林保育所
  • 中央保育所
  • 香焼保育所
  • 蚊焼保育所
  • 川原保育所
  • 為石保育所


私立(認可)[17]
  • 若宮保育園
  • あけのほし保育園
  • 友愛八幡町保育園
  • 慈光保育園
  • 星座保育園
  • お告げの聖母保育園
  • しらゆり保育園
  • 上長崎保育園
  • にしやま保育園
  • 西山台保育園
  • 愛宕保育園
  • 小島保育園
  • 田上保育園
  • 長照寺保育園
  • 日吉幼児園
  • 日見保育園
  • 戸石保育園
  • かき道ピノキオ保育園
  • 教宗寺保育園
  • つばさ保育園
  • おひさま保育園
  • 放光保育園
  • 天童保育園
  • ひよこ保育園
  • 親愛園
  • 旭保育園
  • 稲佐保育園
  • 木鉢双葉園
  • 小百合園保育所
  • 神ノ島愛児園
  • 福田保育園
  • 小江原保育園
  • 長崎聖マリア保育園
  • 式見保育園
  • 畝刈保育園
  • 三京えのき保育園
  • 三重保育園
  • 樫山保育園
  • 黒崎聖母保育園
  • 出津愛児園
  • 外海まどか保育園
  • 尾戸保育園
  • 形上保育園
  • 中央保育園
  • 琴海保育園
  • にしうみ保育園
  • 大浦保育園
  • 大浦児童園
  • 桐ノ木保育園
  • たんぽぽ保育園
  • 戸町保育所
  • ロザリオ保育園
  • さくらんぼ保育園
  • ダイヤランド保育園
  • 唯念寺保育園
  • 鶴見台保育園
  • 森の風保育園
  • ダーナ保育園
  • 菜の花保育園
  • 茂木保育園
  • 香焼保育所
  • 椿が丘保育園
  • 高浜保育園
  • 野母保育園
  • 浄華保育園
  • 伊王島幼児園
  • 聖徳保育園
  • 山王保育園
  • もとお保育園
  • みはら保育園
  • さくら保育園
  • うみのほし保育園
  • 純心保育園
  • ローザ保育園
  • 立岩保育園
  • 聖母保育園
  • 青山保育園
  • 城山保育所
  • 友愛富士見町保育園
  • 西浦上保育園
  • 女の都青い鳥保育園
  • あゆみ保育園
  • 住吉保育園
  • 赤迫保育園
  • 葉山保育園
  • コスモス保育園
  • 滑石保育園
  • 滑石センター保育園
  • 長崎北保育園
  • ピッパラ保育園


私立(認可外)[18]
  • City保育園 ざぼんちゃん本店
  • City保育園 ざぼんちゃん浜町店
  • 24時間保育施設 プチ保育園
  • ほほえみ保育園
  • アルムの風保育園
  • KID´S ROOM花笑
  • キンダーフィールド
  • ふじ保育園
  • ししの子保育園
  • 託児保育所 森っ子らんど
  • スマイルキンダ―
  • 虹ヶ丘 まめの木保育園
  • Skye International Preschool(スカイ インターナショナル プレスクール)
  • 保育があでんTON☆TON
  • 伊王島共生幼児園 ふるさと


特別支援学校[編集]

図書館[編集]

博物館[編集]

美術館[編集]

スポーツ施設[編集]

  • 長崎市総合運動公園(柿泊町、通称:かきどまり) - 野球場、陸上競技場、補助競技場、テニスコートなど。主な大会では主要会場となる。
  • 長崎市営陸上競技場(松山町)
  • 長崎県営野球場(大橋町、通称:ビッグNスタジアム)
  • 長崎市営ラグビー・サッカー場(松山町)
  • 長崎県立総合体育館(油木町、通称:アリーナかぶとがに)
  • 長崎市民総合プール(松山町)
  • 長崎市民木鉢プール
  • 長崎市民網場プール
  • 長崎東公園プール
    • 他にも数多くのスポーツ施設がある。[20]

交通[編集]

国道206号上を走る路面電車(浦上駅前)
  • 最寄空港は大村市にある長崎空港長崎バイパス経由と出島道路経由の2つの系統からなるリムジンバスで結ばれている。
  • バスは県営(長崎県交通局)と民間バス会社(長崎自動車)が運営。長崎市が運行するコミュニティバスが8系統ある(業務は長崎自動車、さいかい交通、富川運送に委託)。桜の里ターミナルから更に先の旧外海町方面へ向かうバスはさいかい交通が運営。路線バスが入れない狭路へ向かう公共交通機関として乗合タクシーも5路線運行されており、長崎市が各タクシー会社に委託して運行している。
  • 市内には路面電車長崎電気軌道)があり、市民の足となっている。南北に線路が延びており、市中心部と、北部の副都心、南部の観光地区(南山手など)、中心部東より(新大工地区)を結ぶ5路線4(5)系統が運行されている。路面電車は、大部分は国道を走っており、松山町付近の一部区間などは路面電車専用線(専用軌道)を走行する。
  • JR長崎駅前にはバス停・電停・バスターミナルがあり多くの観光客が利用する。この他にも市内にはみらい長崎ココウォークバスターミナル、長崎新地ターミナル、長崎交通会館バスターミナルなどのバスターミナルがあり、そちらの方も賑わいを見せている。
  • JRは長崎駅、浦上駅などが市内にはある。福岡 - 長崎間を結ぶ特急列車の「かもめ」、県内の都市を結ぶキハ66・67系またはキハ200系による快速「シーサイドライナー」などの様々な列車が運行されている。
  • 道路は長崎自動車道と一般国道の他、ながさき出島道路、長崎バイパス、川平有料道路、ながさき女神大橋道路の各有料道路のほか、多くの県道がある。
  • 斜面の多い都市のため階段になっている市道が多く、住民のためのモノレール「斜面移送システム」が、わずか3箇所(計200m程度)だが設置されている。

鉄道[編集]

快速シーサイドライナーに使われている気動車(JR九州キハ200系
長崎本線の特急電車(JR九州885系電車
長崎電気軌道の電車(長崎電気軌道5000形電車

JR線、長崎電気軌道の中心駅は長崎駅である。

主要駅・乗換駅・ターミナル駅
その他の駅
貨物専用路線は除く。

索道[編集]

高速道路[編集]

自動車専用道路(有料)[編集]

一般有料道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道
一般県道

長崎県の県道一覧を参考。

バイパス等[編集]

  • 長崎バイパス(国道34号)- 長崎自動車道 長崎多良見インターチェンジと直結。
  • 日見バイパス(国道34号)
  • 出島バイパス(国道324号線)- 長崎自動車道 長崎インターチェンジと直結。ほとんどがながさき出島道路である。
  • 長崎南バイパス(長崎県道51号長崎南環状線)- 長崎自動車道 長崎インターチェンジとを直結。途中ながさき女神大橋有料道路を通る。
  • 矢上大橋 - もともと一般有料道路であったが、2012年(平成24年)4月に無料化された。

都市計画道路[編集]

  • 浦上川線 - 元船と松山町を結ぶ区間。2010年(平成22年)11月21日に開通した長崎県では唯一の都市計画道路である。途中高架2段となっており、茂里町ランプでは立体交差している。稲佐橋ランプでは当初地下立体交差での整備だったが、2012年現在平面交差点である。県のホームページにも地下立体交差の完成予想が掲載してある。

市道[編集]

  • 油木町西町線 - 小江原地区と西町地区を結ぶ区間 - 2011年(平成23年)3月31日開通。
  • 長崎市道相生町上田町2号線(グラバースカイロード) - 全国初のエレベーター(斜面・垂直の組み合わせ)として整備された公道。

高速バス[編集]

( )は共同運行会社

路線バス[編集]

乗合タクシー[編集]

  • 長崎市では、地形的制約などにより、路線バスの乗り入れがない地域、いわゆる「バス空白地域」があり、これを解消する手段として、「乗合タクシー」の運行を行っている。[22]
  • 丸善団地地区(チトセピア前---三原小学校)- ラッキータクシーが運行。
  • 矢の平・伊良林地区(新大工町/諏訪神社---矢の平経由---風頭)- 丸寿タクシーが運行。
  • 北大浦地区(新地ルート・館内ルート・石橋ルート)- 文化タクシーが運行。
  • 金堀地区(松山---金堀峠間)- 城山タクシーが運行。
  • 西北地区(岩屋ルート・西北ルート・若竹ルート・柳谷ルート)- 住吉タクシーが運行。

斜面移送システム[編集]

  • グラバー園(地上設置型)
  • 天神町(懸垂型)「てんじんくん」
  • 立山地区(懸垂型)「さくら号」
  • 水の浦地区(懸垂型)「水鳥号」

港湾・海上交通[編集]

放送・マスコミ[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

AM
FM
コミュニティFM

新聞[編集]

観光[編集]

名所・旧跡[編集]


※以上の「史跡」「重要文化財」は国指定の史跡及び重要文化財を指す。

祭り・年中行事[編集]

帆船祭り時の長崎港
長崎市県庁坂を登る精霊船

名産品[編集]

  • カラスミ
  • 長崎角煮饅頭
  • 長崎ぶたまん
  • ザボン漬
  • 唐人菜
  • 駅弁中華弁当


長崎市を舞台にした作品[編集]

歌劇[編集]

小説[編集]


映画[編集]

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ご当地ソング[編集]

出身有名人[編集]


その他[編集]

  • 郵便番号は850、851、852が使われている。
  • 市外局番は095。
  • 火葬場は稲佐山の麓にある1ヶ所のみ。

ご当地検定[編集]

「長崎」が付く慣用語[編集]

  • 江戸の仇を長崎で討つ - 思わぬ場所で昔の恨みを晴らすこと。または、筋違いな内容で仕返しをすること。

唱歌・民謡[編集]

  • 1900年大和田建樹によって作詞された『鉄道唱歌』第2集山陽・九州編では、長崎はこの歌の終点の地となることもあって、5番を割いて歌っている。
    • 64.千代に八千代の末かけて 栄行く御代は長崎の 港にぎわう百千船(ももちぶね) 夜は舷灯の美しさ
    • 65.汽車よりおりて旅人の まず見にゆくは諏訪の山 寺町すぎて居留地に 入ればむかしぞ忍ばるる
    • 66.わが開港を導きし 阿蘭陀(オランダ)船のつどいたる みなとはここぞ長崎ぞ 長くわするな国民(くにたみ)よ
    • 67.前は海原はてもなく 外(と)つ国までもつづくらん あとは鉄道一すじに またたくひまよ青森も
    • 68.あしたは花の嵐山 ゆうべは月の筑紫潟 かしこも楽しここもよし いざ見てめぐれ汽車の友'
  • 長崎七不思議(民謡)
  1. 寺もないのに大徳寺
  2. 平地のところを丸山と
  3. 古いお宮を若宮と
  4. 桜もないのに桜馬場
  5. 北にあるのを西山と
  6. 大波止に丸(たま)はあれども大砲なし
  7. シャンと立ったる松の木を下り松

2020年夏季オリンピック誘致関係[編集]

当初は広島市・長崎市共催での五輪開催を提案するも国際オリンピック委員会が共催不可とする判断から長崎市が招致断念。その後広島市単独で招致を目指したが、ヒロシマ五輪反対派が広島市長に当選したことや東日本大震災後の世相から広島市も招致を断念した。

発行物[編集]

  • 1949年8月9日、長崎国際文化都市建設記念の額面8円の切手が発行された

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、211-212頁。ISBN 4390116010
  2. ^ 長崎 1981-2010年”. 気象庁. 2012年11月17日閲覧。
  3. ^ 長崎 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2012年11月17日閲覧。
  4. ^ お知らせ長崎市議会HP
  5. ^ 長崎市消費者センター
  6. ^ 東長崎地区はもともと東長崎警察署の管轄であったが、統合により、2005年(平成17年)3月末に廃止され、長崎警察署に移管された。
  7. ^ 長崎市国際課
  8. ^ 十八銀行店舗案内
  9. ^ 親和銀行店舗案内
  10. ^ 長崎銀行店舗紹介
  11. ^ 長崎西彼農業協同組合 本・支所紹介
  12. ^ JFマリンバンク店舗紹介
  13. ^ 他に長崎市三重漁協、長崎市福田漁協、野母崎三和漁協、西彼南部漁協(香焼)がある。
  14. ^ 長崎中央郵便局内にゆうちょ銀行長崎店が併設されている。
  15. ^ 長崎市内の郵便局-日本郵便HP
  16. ^ 旧玉木幼稚園。
  17. ^ 子どもの保育所等への入所 –長崎市の福祉HP
  18. ^ 認可外保育施設一覧表(事業所内保育施設を除く) H26.6.1現在- 長崎市子育て応援ホームページ「イーカオ」
  19. ^ 長崎市内の図書館・図書室一覧 -長崎市立図書館HP
  20. ^ スポーツ施設一覧 – 長崎市ウェブサイト
  21. ^ 神戸行きの高速バス(神姫バス共同運行)も運行していたが、2011年(平成23年)6月1日より運休している。
  22. ^ 長崎の交通 乗合タクシー- 長崎市役所HP
  23. ^ 長崎名物の手漕ぎの船。太鼓の音にあわせて進み、順位を競う。
  24. ^ 作品の舞台は『加名見町』と言う架空の町であり、厳密にはその舞台のモデルとなったのが長崎市である。

関連項目[編集]

原爆関係


その他


外部リンク[編集]

行政