出島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長崎港図に描かれた出島及び唐人屋敷(左)。シイボルト著『NIPPON』より
出島でバドミントンをするオランダの子ども
川原慶賀筆「唐蘭館図 蘭船入港図」
好奇心でオランダ人をみている日本人(北斎「画本東都遊」享和2年より)
現在の出島と江戸時代の出島

出島(でじま)は、1634年江戸幕府鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島型になっており面積は3969坪(約1.5ヘクタール)。1641年から1859年まで対オランダ貿易が行われた。「出島和蘭商館跡」として国の史跡に指定されている。

歴史[編集]

建造[編集]

出島は1634年から2年の歳月をかけて、ポルトガル人を管理する目的で、幕府が長崎の有力者に命じて作らせた。

築造費用は、門・橋・塀などは幕府からの出資であったが、それ以外は石嶺匠高島四郎兵衛などの長崎の25人の有力者が出資した。ポルトガル人は、彼らに土地使用料を毎年80支払う形式となっていた(初代のオランダ出島商館長となったマクシミリアン・ル・メールが交渉し、借地料は55貫、現在の日本円で約1億円に引き下げられた)。

鎖国[編集]

1639年、幕府がキリスト教の布教と植民地化を避けるためにポルトガル人を国外追放としたため、出島は無人状態となった。その後、出島築造の際に出資した人々の訴えにより、1641年平戸(ひらど、現在の平戸市)のオランダ東インド会社の商館がキリスト教に関する物があったことを口実にして、オランダ商館は平戸から出島に移され、武装と宗教活動を規制されたオランダ人が居住することになった。以後、約200年間、オランダ人との交渉や監視を行った。

原則として、日本人の公用以外の出入りが禁止され、オランダ人も例外を除いて狭い出島に押し込められた(医師・学者としての信頼が厚かったシーボルトなどは外出を許されていた)。

1651年長崎諏訪神社が勧請造営され、祭礼長崎くんちも始められると、中国人と共にオランダ人も桟敷席での観覧が許された。

開国[編集]

ペリー来航によって日本が開国されることになった翌年の1855年安政2年)に日蘭和親条約締結によってオランダ人の長崎市街への出入りが許可された。1856年には出島開放令と共に出島の日本人役人が廃止され、3年後の1859年には、出島にあったオランダ商館も閉鎖され、事実上「出島」としての存在意義は失われた。

明治以降[編集]

出島は、1883年(明治16年)から8年間にわたって行われた中島川河口の工事によって北側部分が削られ、1897年(明治30年)から7年にわたって行われた港湾改良工事によってその周辺を埋め立てられ、島ではなくなった。

1984年(昭和59年)から2年にわたって、かつての出島の範囲を確認する調査を行った。その調査によって東側・南側の石垣が発見されている。また、当時の出島との境界がわかるように、道路上に鋲を打った。

1991年(平成3年)には地元テレビ局・NIB長崎国際テレビが開局。情報発信拠点としても活躍している。

1996年(平成8年)度から長崎市が約170億円かけ、出島の復元事業を進めている。2000年(平成12年)度までの第1期工事で、商館長次席が住んだ「ヘトル部屋」、商館員の食事を作った「料理部屋」、オランダ船の船長が使用した「一番船船頭部屋」、輸入品の砂糖や蘇木を収納した「一番蔵」・「二番蔵」の計5棟が完成した。そして、第2期復元工事は2006年(平成18年)4月1日に完成公開、オランダ船から人や物が搬出入された水門、商館長宅「カピタン部屋」、日本側の貿易事務・管理の拠点だった「乙名部屋」(おとなべや)、輸入した砂糖や酒を納めた三番蔵、拝礼筆者蘭人部屋(蘭学館)など5棟を復元した。

長崎市のホームページ(外部リンク参照[1])によれば、中央、東部分の計15棟を復元したのち、周囲にを巡らし、扇形の輪郭を復元する予定である。GoogleMap 現在、筆者部屋他6棟の復元のため、発掘調査中である。市出島史跡整備審議会は2050年を目標に、かつて水に囲まれた扇形の島を完全復元するよう長崎市長に提言している。[2]

2010年2月18日スウェーデンにおいて出島が「体系的な生物学の起源」をテーマとする世界遺産暫定リストに掲載されたことが西日本新聞により報道された[3]。江戸時代中期に当地に滞在し研究活動を行った同国の植物学者ツンベルクの事跡に関連する遺産としての掲載であるとされている。

扇形の理由[編集]

出島が扇形をしている理由としては、以下のような諸説がある。

  • 長崎に新しく作る島の形について、当時の将軍である徳川家光に伺いを立てたところ、自らの扇を示し、見本にするように言ったという説。これは、シーボルトの著書である『日本』に書かれている話である。
  • 中島川の河口に土砂が堆積し、弧の形をした砂州がもともとあった。それを土台として、埋め立てたという説。
  • 海側の岸壁を弧状にすることによって、波浪の影響を少なくするために扇形としたという説。

意義[編集]

鎖国によって閉ざされた日本にとって、出島は唯一欧米に開かれた窓であった。

オランダ商館医師として赴任したケンペル1690年1692年滞日、主著『日本誌』)、ツンベルク1775年1776年滞日、主著『日本植物誌』)、およびシーボルト(1823年1828年および1859年1862年滞日、主著『日本』『日本植物誌』)らは、西洋諸科学を日本に紹介するいっぽう日本の文化や動植物を研究しヨーロッパに紹介した。上記3人は、「出島の三学者」と称されている。

享保年間、8代将軍徳川吉宗実学を奨励してキリスト教関係以外の洋書を解禁した結果、出島からもたらされる書物は、医学天文暦学などの研究を促進させた。蘭学を通して生じた合理的思考と自由・平等の思想は幕末の日本にも大きな影響を与えた。

交通アクセス[編集]

写真[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度44分36.67秒 東経129度52分22.87秒 / 北緯32.7435194度 東経129.8730194度 / 32.7435194; 129.8730194