長崎海軍伝習所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「長崎海軍伝習所絵図」鍋島報效会蔵

長崎海軍伝習所(ながさきかいぐんでんしゅうじょ)は、安政2年(1855年)に江戸幕府海軍士官養成のため長崎西役所(現在の長崎県庁)に設立した教育機関。幕臣雄藩藩士から選抜して、オランダ軍人を教師に、蘭学蘭方医学)や航海術などの諸科学を学ばせた。築地軍艦操練所の整備などにより安政6年(1859年)に閉鎖された。

沿革[編集]

黒船来航後、海防体制強化のため西洋式軍艦の輸入などを決めた江戸幕府は、オランダ商館長の勧めにより幕府海軍の士官を養成する機関の設立を決めた。オランダ海軍からの教師派遣などが約束され、ペルス・ライケン以下の第一次教師団、後にヴィレム・ホイセン・ファン・カッテンディーケ以下の第二次教師団が派遣された。さらに練習艦として蒸気船「観光丸」の寄贈を受けた。

当面の目標は、オランダに発注した蒸気船2隻(後の「咸臨丸」「朝陽丸」)分の乗員養成とされた。そこで安政2年(1855年)に第1期生として、幕府伝習生37名が入校した。さらに、長崎など開港地の沿岸警備要員の要請も急務であったため、翌安政3年(1856年)には第2期生として長崎地役人などからなる幕府伝習生12名が臨時に追加された[1]。その後、近代的な海軍兵学校においては若年の段階から士官養成をすべきとの方針から、第3期生として若手子弟中心の26名が入校した[2]

また、幕府伝習生以外に諸藩の伝習生の受け入れも行われた。安政2年(1855年)から、計128名(薩摩藩16名・肥後藩5名・筑前藩28名・長州藩15名・佐賀藩47名・津藩12名・備後福山藩4名・掛川藩1名)が伝習を受けた。「咸臨丸」と同型の「電流丸」を発注していた佐賀藩出身者が最も多く、活動も活発であった。

築地に軍艦操練所が新設されると、安政4年(1857年)3月に総監永井尚志はじめ多数の幕府伝習生は築地に教員として移動した。そのため、長崎海軍伝習生は45名程に減った。その後、江戸から遠い長崎に伝習所を維持する財政負担が大きいことが問題となり、幕府の海軍士官養成は軍艦操練所に一本化されることになった。安政6年(1859年)に長崎海軍伝習所は閉鎖され、オランダ人教官は本国へと引き上げた。長崎海軍伝習所の閉鎖後、練習艦「観光丸」は佐賀藩に貸与され、三重津海軍所で運用をつづけられた。長崎海軍伝習所の卒業生たちは、幕府海軍や各藩の海軍、さらには明治維新後の日本海軍でも活躍した。

長崎海軍伝習所の閉鎖後、幕府海軍では本格的な外国人教官からの伝習は行われなかった。「富士山丸」の配備に際してフランス軍艦乗員から一時的な指導を受けたり(別名:横浜伝習)、箱館奉行所が独自に外国人船員から指導を受けていた程度であった[3]。唯一、慶応年間になってイギリス海軍からの本格伝習が計画され、慶応4年(1868年)1月開始の予定でトレーシー中佐以下12名の教師団を招聘したが、大政奉還王政復古により実現せずに終わった[4]

教育内容[編集]

たんに軍艦の操縦などを学ぶだけでなく、造船や医学、語学などの様々な教育が行われた。例えば、ポンペ・ファン・メーデルフォールトによる医学伝習は、物理学化学に基礎を置く日本の近代医学の始まりとなった。派生した長崎養生所長崎英語伝習所は、後の長崎大学の基となった。

併設された飽浦修船工場長崎製鉄所は、長崎造船所の前身となった。

練習艦[編集]

練習艦としては、オランダから寄贈された「観光丸」を振り出しに、委託新造艦の「咸臨丸」「朝陽丸」も到着後に使用されたほか、帆船「鵬翔丸」も購入された。さらに、造船実習を兼ねて「長崎形」(瓊浦形、玉浦形、コットル船)と呼ばれる小型帆船も建造され、完成後は航海練習に使われた。なお、幕府伝習生が「長崎形」を建造したのに対抗するように、佐賀藩伝習生も同型船「晨風丸」を建造している。

人物[編集]

総監[編集]

教師[編集]

第1期生 安政2(1855)年[編集]

総監
永井尚志
教授
ペルス・ライケン
幕臣
勝海舟矢田堀景蔵永持亨次郎望月大象鈴鹿勇次郎中島三郎助下曽根信之佐々倉桐太郎石井修三小野友五郎春山弁蔵浜口興右衛門岩田平作山本金次郎金沢種米之助
薩摩藩
木脇賀左衛門(後権一兵衛)川村純義五代友厚 
佐賀藩
佐野常民真木安左衛門
津藩
柳楢悦
職人
上田寅吉(船大工)、鈴木長吉

第2期生 安政3(1856)年[編集]

総監
木村喜毅
教授
カッテンディケ
幕臣
伊沢謹吾(頭取)、榎本武揚肥田浜五郎伴鉄太郎松岡磐吉岡田井蔵勝海舟(継続)
佐賀藩
中牟田倉之助
砲術/通事
中村六三郎

第3期生 安政4(1857)年[編集]

総監
木村喜毅
教授
カッテンディケ、ポンペ(医学)
幕臣
沢太郎左衛門赤松大三郎内田恒次郎合原操蔵小杉雅之進田辺太一根津勢吉松本良順(医学)、勝海舟(継続)
佐賀藩
田中久重

脚注[編集]

  1. ^ 藤井(1991年)、20頁。
  2. ^ 藤井(1991年)、25頁。
  3. ^ 藤井(1991年)、150-151頁。
  4. ^ 藤井(1991年)、155頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯32度44分42.12秒 東経129度52分24.53秒 / 北緯32.7450333度 東経129.8734806度 / 32.7450333; 129.8734806