フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト
シーボルト肖像画(川原慶賀筆)
人物情報
生誕 フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト
1796年2月17日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国、ヴュルツブルク司教領、ヴュルツブルク
死没 1866年10月18日(満70歳没)
バイエルン王国の旗 バイエルン王国ミュンヘン
国籍 バイエルン王国の旗 バイエルン王国
出身校 ヴュルツブルク大学
学問
研究分野 医学
博物学
命名者名略表記
(植物学)
Siebold
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルトPhilipp Franz Balthasar von Siebold, 1796年2月17日 - 1866年10月18日)は、ドイツ医師博物学者高地ドイツ語のうち上部ドイツ語に属する上部フランケン語東フランケン語)の発音に近づけると、表記はズィーボルトとなる[1]。本人は現在のドイツ中南部にあるフランケン地方の東部出身であったため、自らの名を「ズィーボルト」と発音していた[要出典]

生涯[編集]

誕生[編集]

神聖ローマ帝国司教ヴュルツブルク[2](現バイエルン州北西部)に生まれる。シーボルト家はドイツ医学界の名門だった。父はヨハン・ゲオルク・クリストフ・フォン・シーボルト、母はマリア・アポロニア・ヨゼファ。シーボルトという姓の前にフォン(von)が添えられているが、これは貴族階級を意味し、祖父の代から貴族階級に登録された。シーボルト姓を名乗る親類の多くも中部ドイツの貴族階級で、学才に秀で、医者や医学教授を多数輩出している。

父親ヨハン・ゲオルク・クリストフは31歳で死去したが、ヴュルツブルク大学の内科学、生理学教授だった。妻マリア・アポロニア・ヨゼファとの間に2男1女を儲けるが、長男と長女は幼年に死去し、次男のフィリップだけが成人した。父の死は1歳1ヶ月のときである。以後、母方の叔父に育てられる。

大学時代[編集]

フィリップが9歳になったとき、母はヴュルツブルクからマイン川を半時間ほど遡ったハイディングフェルトに移住し、13歳でヴュルツブルクの高校に入学するまでここで育った。1815年にヴュルツブルク大学に入学した。家系や親類の意見に従い、医学を学ぶことになる。大学在学中は解剖学の教授のデリンガー家に寄寓した[3]。医学をはじめ、動物、植物、地理などを学ぶ。

一方で、大学在学中のフィリップは、自分が名門の出身という誇りと自尊心が高かった。またメナニア団という一種の同郷会に属し議長に選ばれ、乗馬の奨励をしたり、当時決闘は常識だったとはいえ、33回の決闘をやって顔に傷も作った。江戸参府のときに商館長ヨハン・ウィレム・デ・スチューレルが学術調査に非協力的だとの理由で彼に決闘を申し入れている。

植物学との出会い[編集]

デリンガー教授宅に寄宿し、植物学者のネース・フォン・エーゼンベック教授の知遇を得たことが彼を植物に目覚めさせた。ヴュルツベルク大学は思弁的医学から、臨床での正確な観察、記述及び比較する経験主義の医学への移行を重視していた。シーボルトの家系の人たちはこの経験主義の医学の『シーボルト学会』の組織までしていた[4]。各恩師も皆医学で学位をとり、植物学に強い関心をもっていた。エーゼンベック教授、デリンガー教授がそうであり、エーゼンベックはコケ植物、菌類、ノギク属植物等についてエーゼンベックは『植物学便覧』という著作を残している。

1820年に卒業したシーボルトは国家試験を受け、ハイディングスフェルトで開業する。しかし前述のように、名門の貴族出身だという誇りと自尊心が強く町医師で終わることを選ばなかった。

東洋研究を志したシーボルトは、1822年にオランダハーグへ赴き、国王ウィレム1世の侍医から斡旋を受け、7月にオランダ領東インド陸軍病院の外科少佐となる。

日本へ[編集]

長崎鳴滝における蘭医シーボルト先生宅址と肖像、手彩色絵葉書
長崎公園シーボルト記念碑、手彩色絵葉書
Flora Japonica

9月にロッテルダムから出航し、喜望峰を経由して1823年4月にはジャワ島へ至り、6月に来日、鎖国時代の日本の対外貿易窓であった長崎出島オランダ商館医となる。本来はドイツ人であるシーボルトの話すオランダ語は、日本人通辞よりも発音が不正確であり、怪しまれたが、「自分はオランダ山地出身の高地オランダ人なので訛りがある」と偽って、その場を切り抜けた。本来は干拓によってできた国であるオランダに山地は無いが、そのような事情を知らない日本人にはこの言い訳で通用した。

出島内において開業の後、1824年には出島外に鳴滝塾を開設し、西洋医学(蘭学)教育を行う。日本各地から集まってきた多くの医者や学者に講義した。代表として高野長英二宮敬作伊東玄朴小関三英伊藤圭介らがいる。塾生は、後に医者や学者として活躍している。そしてシーボルトは、日本と文化を探索・研究した。また、特別に長崎の町で診察することを唯一許され、感謝された。

日本へ来たのは、プロイセン政府から日本の内情探索を命じられたからだとする説もある[5]

1826年4月には162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行、道中を利用して日本の自然を研究することに没頭する。地理や植生、気候や天文などを調査する。1826年には将軍徳川家斉に謁見した。江戸においても学者らと交友し、蝦夷地樺太など北方探査を行った最上徳内高橋景保(作左衛門)らと交友した。

徳内からは北方の地図を贈られる。景保には、クルーゼンシュテルンによる最新の世界地図を与える見返りとして、最新の日本地図を与えられた。

その間に日本女性の楠本滝との間に娘・楠本イネをもうける。アジサイを新種記載した際にHydrangea otaksaと命名(のちにシノニムと判明して有効ではなくなった)しているが、これは滝の名前をつけていると牧野富太郎が推測している。

1828年に帰国する際、先発した船が難破し、積荷の多くが海中に流出して一部は日本の浜に流れ着いたが、その積荷の中に幕府禁制の日本地図があったことから問題になり、国外追放処分となる(シーボルト事件)。当初の予定では帰国3年後に再来日する予定だった。

帰国とその後[編集]

1830年、オランダに帰着する。翌年には蘭領東印度陸軍参謀部付となり、日本関係の事務を嘱託されている。

オランダ政府の後援で日本研究をまとめ、集大成として全7巻の『日本』(日本、日本とその隣国及び保護国蝦夷南千島樺太、朝鮮琉球諸島記述記録集)を随時刊行する。同書の中で間宮海峡を「マミヤ・ノ・セト」と表記し、その名を世界に知らしめた。

日本学の祖として名声が高まり、ドイツのボン大学にヨーロッパ最初の日本学教授として招かれるが、固辞してライデンに留まった。一方で日本の開国を促すために運動し、1844年にはオランダ国王ウィレム2世の親書を起草し、1853年にはアメリカ東インド艦隊を率いて来日するマシュー・ペリーに日本資料を提供し、早急な対処(軍事)を行わないように要請する。1857年にはロシア皇帝ニコライ1世に招かれ、書簡を起草するが、クリミア戦争により日露交渉は中断する。

48歳にあたる1845年には、ドイツ貴族(爵位は持っていない、戦前の日本であれば華族ではなく士族相当の層)出身の女性、ヘレーネ・フォン・ガーゲルンと結婚。3男2女をもうける。1854年に日本は開国し、1858年には日蘭通商条約が結ばれ、シーボルトに対する追放令も解除される。1859年、オランダ貿易会社顧問として再来日し、1861年には対外交渉のための幕府顧問となる。1862年に官職を辞して帰国する。1863年にはオランダの官職も辞して故郷のヴュルツブルクに帰った。1866年10月18日ミュンヘンで死去した。70歳没。

日本学における貢献[編集]

シーボルト生誕200年を記念した日本の切手
シーボルト生誕200年を記念したドイツの切手

シーボルトは当時の西洋医学の最新情報を日本へ伝えると同時に、生物学民俗学地理学など多岐に亘る事物を日本で収集、オランダへ発送した。シーボルト事件で追放された際にも多くの標本などを持ち帰った。この資料の一部はシーボルト自身によりヨーロッパ諸国の博物館や宮廷に売られ、シーボルトの研究継続を経済的に助けた。こうした資料はライデン、ミュンヘン、ウィーンに残されている。また、当時の出島出入り絵師だった川原慶賀に生物や風俗の絵図を多数描かせ、薬剤師として来日していたハインリッヒ・ビュルゲルには、自身が追放された後も同様の調査を続行するよう依頼した。これらは西洋における日本学の発展に大きく寄与した。

2005年にはライデンでシーボルトが住んでいた家が資料館として公開され、シーボルトの事跡や日蘭関係史を公開している。

生物学[編集]

生物標本、またはそれに付随した絵図は、当時ほとんど知られていなかった日本の生物について重要な研究資料となり、模式標本となったものも多い。これらの多くはライデン王立自然史博物館に保管されている。

植物の押し葉標本は12,000点、それを基にヨーゼフ・ゲアハルト・ツッカリーニと共著で『日本植物誌』を刊行した。その中で記載した種は2300種になる。植物の学名命名者がSieb.et Zucc.とあるのは、彼らが命名し現在も名前が使われている種である。アジサイなどヨーロッパの園芸界に広まったものもある。

動物の標本は、当時のライデン王立自然史博物館の動物学者だったテミンク(初代館長)、シュレーゲルデ・ハーンらによって研究され、『日本動物誌』として刊行された。日本では馴染み深いスズキマダイイセエビなども、日本動物誌で初めて学名が確定している。

献名[編集]

シーボルトに対する献名として、学名に"sieboldi"または"sieboldii"が命名されている生物は数多い。

植物
動物

親族[編集]

  • シーボルトの娘、楠本イネの子供に楠本高子(山脇たか)がおり、孫にあたる。手記が公開されている[6](シーボルト記念館ウェブサイト・長崎市)。
  • シーボルトの息子アレクサンダー・フォン・シーボルトは、シーボルト再来日時に日本に来ている。1859年(安政6年)以来日本に滞在、イギリス公使館の通弁官(通訳)を勤め、1867年(慶応3年)徳川昭武らのフランス派遣(パリ万国博覧会のため)に同行している。陸奥宗光井上馨などの明治元勲との付き合いも深く、後年は井上馨外務卿の特別秘書となる。日本語訳に『シーボルト最後の日本旅行』(斎藤信訳、平凡社東洋文庫、1981年)。
    2009年10月5日付けの産経新聞で、アレクサンダーが明治政府からの派遣団に同行し、偽札防止のための「小印紙」注文に関わったことを示す、アレクサンダーから伊達宗城に宛てた書簡が発見されたことを報じた[7]。なお、アレクサンダーは日本語を宇和島藩士から学んでいたようである。楠本高子の手記によれば、三瀬諸淵も日本語を教えている。
  • 次男ハインリッヒ・フォン・シーボルト(別名小シーボルト)も日本に滞在し、日本で岩本はなと結婚し1男1女をもうけた。またオーストリア=ハンガリー帝国大使館の通訳官外交官業務の傍ら、考古学調査を行い、考古説略を発表、「考古学」という言葉を日本で初めて使用する。なお、2008年はハインリッヒの没後100年で、各所において記念企画が行われ、3月に行われた法政大学での記念シンポジウムには、ハインリッヒの子孫でシーボルト研究家の関口忠志も招かれた。なお日本語訳された著書に『小シーボルト蝦夷見聞記』(原田信男訳、平凡社東洋文庫、1996年)がある。
  • 2010年12月から2011年1月にかけて、シーボルト記念館にて2008年ハインリッヒの没後100年展にて展示された資料を中心に企画展が開催、ハインリッヒ子孫の関口忠志一家が長崎を訪問した[8]
  • 従兄弟の娘に当たるアガーテ・フォン・ジーボルト(1835年 - 1909年)は、ブラームスの婚約者だったことで知られる。
  • ヴュルツブルクには、次女ヘレーネの末裔ブランデンシュタイン・コンスタンティン・ツェッペリン(次女子孫がツェッペリン伯爵家と婚姻)が会長を務めるドイツ・シーボルト協会が既に存在し、また日本では次男ハインリッヒの末裔・関口忠志や国内のシーボルト研究家が集まり、日本シーボルト協会の設立準備委員会が2008年に発足している。 
  • 動物学者のカール・テオドール・エルンスト・フォン・ジーボルト英語版は従弟にあたる。
  • 躰道選手で医師の堀内和一朗は、7代目の直系子孫にあたる[9]

主な日本語文献[編集]

  • P. F. von Siebold Nippon1832-1882 『日本』- シーボルト著
『日本』 訳書は全9巻で雄松堂出版。 1978年ほか、岩生成一監修
『シーボルト「日本」の研究と解説』  講談社、1977年
  • 『日本及びその隣国属国の沿海地図』- シーボルト著
  • 『日本海国に関する蘭・露の活動』- シーボルト著
  • P. F. von Siebold and J. G. von Zuccarini Flora Japonica, Leiden, 1835-1870
『シーボルト日本植物誌 本文覚書篇』 八坂書房、2007年、「図録」は2000年
新版 『シーボルト日本植物誌』(ちくま学芸文庫、2007年)
  • 『シーボルト 江戸参府紀行』 斎藤信訳 平凡社東洋文庫
  • 『シーボルト最後の日本旅行』 斎藤信訳 (長男のアレキサンダーが記す) 東洋文庫。
  • 『シーボルトの日本報告』栗原福也編訳 (平凡社東洋文庫、2009年) 
  • 『参府旅行中の日記』- 斎藤信訳 、思文閣出版 1983年
  • 『シーボルト日記 再来日時の幕末見聞記』石山禎一、牧幸一訳(八坂書房、2005年)
  • 呉秀三『シーボルト先生―その生涯及び功業』全3巻 平凡社東洋文庫。
  • ヴェルナー・シーボルト、酒井幸子訳『シーボルト、波瀾の生涯』(どうぶつ社、2006年)

登場作品[編集]

関連
小説
漫画
テレビドラマ

シーボルトの名前を冠したもの[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中部ドイツ語(標準ドイツ語)も同様。低地ドイツ語ジーボルト、上部ドイツ語に属するバイエルン語では、スィーボルトとなる(シーボルトも参照)。
  2. ^ 1803年にバイエルン選帝侯領へ編入され、1805年にヴュルツブルク大公国の首都となった後、1814年からバイエルン王国に属するようになった。神聖ローマ帝国は1806年に滅亡した。
  3. ^ デリンガーは後にミュンヘン大学の教授や上級宮中顧問官になるなど、生理学者、比較解剖学者としてヨーロッパの学会に広く名を知られた人物だった。彼は医学だけでなく、自然科学全般に深い関心をもち、自宅に当時名高い多くの学者が集まり、様々な問題について議論をしていたといわれる。
  4. ^ シーボルトを教えた教授の中で特に賞賛されているのが、デゥトルポン産科学教授、テクストル理論外科学教授、そしてシェーンライン教授である。特にシェーンラインは特殊治療および臨床学教授でありシーボルトは多大な影響を受けている。自然史研究の方法論に似た、観察、記述、比較を重んじ、ドイツで初めて聴診、打診、血液や顕微鏡による観察と科学的分析を導入した
  5. ^ シーボルトが江戸で多くの蘭学者らと面会したときに「あなたの仕事は何ですか」と問われて、「コンデンスポンデーヴォルデ」(内情探索官)と答えたと渡辺崋山が書いている。
  6. ^ 本人の手記、2008年8月30日閲覧。
  7. ^ シーボルト長男、明治新政府の偽札防止に貢献 (産経新聞、2009年10月5日付)
  8. ^ [1](長崎市役所HP)
  9. ^ 道場生紹介”. 2012年9月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 呉秀三著『シーボルト先生―その生涯及び功業』平凡社、2008年(ワイド版東洋文庫 103,115,117)[=『シーボルト先生 : 其生涯及功業』吐鳳堂書店、1926年]
  • 板沢武雄『シーボルト』吉川弘文館、新装版1988年(人物叢書)
  • 宮崎道生責任編集「特集 : シーボルト」。日本思想史懇話会編集『季刊日本思想史』第55号、 ぺりかん社、1999年
  • 山口隆男「シーボルトと日本の自然史研究」季刊日本思想史』第55号、43〜68頁
  • M. J. P. ファン・オイエン著、平岡隆二訳『オランダのライデン国立自然史博物館に収蔵されるシーボルトの日本産魚類コレクション小史』長崎歴史文化博物館「特別企画展 シーボルトの水族館」 図録冊子(M. J. P. van Oijen: "A short history of the Siebold collection of Japanese Fishes in the National Museum of Natural History, Leiden, The Netherlands")
  • 石山禎一、沓澤宣賢、宮坂正英、向井晃 共編『新・シーボルト研究』八坂書房、2003年
  • 沓澤宣賢「シーボルト―西洋医学を日本に伝え、日本情報を西洋にもたらした医師」、『九州の蘭学―越境と交流』、200-207頁。(ヴォルフガング・ミヒェル鳥井裕美子川嶌眞人 共編(思文閣出版、2009年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記念施設
関連HP
著作
標本・展覧会