ヨハン・ヨーゼフ・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・ヨーゼフ・ホフマン(Johann Joseph Hoffmann、1805年2月16日 - 1878年1月23日)は、ドイツ生まれで、オランダで働いた言語学者である。日本語中国語の研究を行い、ライデン大学の初代の中国語・日本語担当教授となった。『日本語文典』("Japansche Spraakleer" )などの著作で知られる。西洋においての真の意味の日本学の始祖と考えられる[1]

生涯[編集]

ヴュルツブルクに生まれた。ヴュルツブルク大学[2]文献学を学んだ後、1830年7月、アントワープのホテルの食堂でフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトにたまたま出会った(同郷の訛りのドイツ語で東洋の見聞を話す人に「シーボルト博士をご存じないか?」と尋ねると「私だよ」と言われた)[1]ことから、東洋学者としての活躍が始まった。シーボルトの『日本』の著作に協力した。ホフマンの研究は東洋学者、スタニスラス・ジュリアン(Stanislas Julien)らから注目された。1855年にライデン大学の初代日本学教授に任じられた。1862年に日本のオランダ留学生、西周津田真道の世話役を務めた。1868年に『日本語文典』を出版し高い評価を得た。日本語研究として『日本研究』『日本書誌』(シーボルトと共著)がある。日本語辞典の編纂にとりかかったが未完で終わった。日本の地を終世訪れることはなかった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 山東功『日本語の観察者たち』(岩波書店 2013年pp.93-107)。
  2. ^ 山東功は『日本語の観察者たち』で「高等専門学校」を出て劇場歌手としてヨーロッパ各地を回っていて、歌手として回っていた時に出会ったとしている。

外部リンク[編集]