ヨーゼフ・ゲアハルト・ツッカリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flora Iaponica表紙

ヨーゼフ・ゲアハルト・ツッカリーニ(Joseph Gerhard (von) Zuccarini, 1797年8月10日 - 1848年2月18日)はドイツ植物学者ミュンヘン大学教授。フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトとともに日本の植物を研究・報告した。そのほかメキシコなどの植物についても詳細な研究を行なっている。

生涯[編集]

ミュンヘンで生まれた。エルランゲン大学で医学を学んだ。ミュンヘンに戻り、植物学者、フランツ・フォン・シュランク (Franz von Paula Schrank) の植物園で働いた。1823年にバイエルン科学アカデミー (Bayerischen Akademie der Wissenschaften) の講師、1924年にミュンヘン医学校の教師となった。1826年にミュンヘン大学の林業、農業、植物学の教授となった。1836年にミュンヘン植物園の学芸員になった。1820年からカール・フォン・マルチウス (Carl Friedrich Philipp von Martius) がブラジルで集めた植物や、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが日本で集めた植物の体系的な研究を行った。

著書(一部)[編集]

  • Monographie der amerikanischen Oxalisarten. 1825.
  • Flora der Gegend von München. 1829.
  • Charakteristik der deutschen Holzgewächse in blattlosem Zustand. 1823–1831.
  • Plantarum novarum vel minus cognitarum, quae in horto botanico herbarioque regio Monacensi servantur.
    • Fasciculus Primus. In: Abhandlungen der Mathematisch-Physikalischen Classe der Königlich Bayerischen Akademie der Wissenschaften. Band 1, München 1832, S. 287–396, Tafeln XII–XVII, (online).
    • Fasciculus Secundus. In: Abhandlungen der Mathematisch-Physikalischen Classe der Königlich Bayerischen Akademie der Wissenschaften. Band 2, München 1837, S. 309–380, Tafeln 1–9, (online).
    • Fasciculus Tertius. Cacteae. In: Abhandlungen der Mathematisch-PhysikalischenFetter Text Classe der Königlich Bayerischen Akademie der Wissenschaften. Band 2, München 1837, S. 597–742, Tafeln I–V, (online).
    • Fasciculus Quartus. In: Abhandlungen der Mathematisch-Physikalischen Classe der Königlich Bayerischen Akademie der Wissenschaften. Band 3, München 1843, S. 219–254, Tafeln 1–7, (online).
    • Fasciculus Quintus. In: Abhandlungen der Mathematisch-Physikalischen Classe der Königlich Bayerischen Akademie der Wissenschaften. Zweite Abtheilung. Band 4, München 1846, S. 1–35, Tafeln I–VI, (online).
  • Florae Japoniae familiae naturales. 1843–1846(シーボルトと共著)
  • Flora Japonica. 1835–1870(シーボルトと共著)

ウィキメディア・コモンズには、ヨーゼフ・ゲアハルト・ツッカリーニに関するカテゴリがあります。