コイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コイ科
Blausteinsee Tierwelt 03.jpg
Rutilus rutilus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
英名
Carps
Minnows
下位分類群
本文参照

コイ科学名Cyprinidae)は、コイ目に所属する魚類の分類群の一つ。淡水魚のグループとしては最大のであり、コイやミノー(ヒメハヤ)など、およそ220属2,420種が記載される[1]

概要[編集]

コイ科魚類は北アメリカアフリカ大陸ユーラシア大陸に幅広く分布する一方で、南アメリカオセアニアには生息しない[1]。名称は古代ギリシア語コイを意味するキュプリーノス(κυπρῖνος)にちなむ。

最大種はパーカーホCatlocarpio siamensis)で、体長およそ3メートルに達するが、他の種は5センチメートルに満たないものも多い[1]。コイ目の魚は全て卵生であり、巣作りや卵を保護する習性をもつものも少数ながら存在する。

主な種として以下のものが挙げられる。

分類[編集]

コイ科には約220属2,420種が所属する。分類体系の構築は途上にあり、Nelson(2006)では暫定的に11亜科に細分されているものの、いずれの亜科にも含まれない位置不明の属も多数存在する[1]

ヒガイ亜科[編集]

ラスボラ亜科(ダニオ亜科)[編集]

ウグイ亜科[編集]

  • Margariscus
  • Meda
  • Moapa
  • Mylocheilus
  • Mylopharodon
  • Nocomis
  • Notemigonus
  • Notropis
  • Opsopoeodus
  • Oregonichthys
  • Orthodon
  • Phenacobius
  • Pimephales
  • Plagopterus
  • Platygobio
  • Pogonichthys
  • Pteronotropis
  • Ptychocheilus
  • Relictus
  • Rhinichthys
  • Richardsonius
  • Semotilus
  • Snyderichthys
  • Yuriria
  • Acrossocheilus
  • Bangana
  • Capoeta
  • Cirrhinus
  • Crossocheilus
  • Cyclocheilichthys
  • Cyprinion
  • Gibelion
  • Gymnocypris
  • Hampala
  • Oreinus
  • Phreatichthys
  • Poropuntius
  • Rectoris
  • Rohtee
  • Semiplotus
  • Tor
  • Varicorhinus

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.139-143
  2. ^ http://www.fish-isj.jp/info/list_rename.html

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]