メンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JAPAN MENSAの会員証

メンサ: Mensa)は、人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体である。高IQ団体としては、最も長い歴史を持つ。会員数は全世界で約10万人。支部は世界40か国。イギリスリンカンシャーにあるケイソープ英語版に、本部(メンサ・インターナショナル)を持つ。

設立[編集]

イギリス人科学者弁護士でもあるランス・ウェアと、オーストラリア人弁護士のローランド・ベリルによって、1946年10月1日にイギリスのオックスフォードで設立された。

組織[編集]

メンサの組織は、各国のナショナル・メンサとナショナル・メンサが存在しない国を統括するメンサ・インターナショナルからなる。各国のナショナル・メンサの代表者とメンサ・インターナショナルの役員とから構成される国際評議会(: International Board of Directors; IBD)において様々な方針を決定している。また資金管理団体としてメンサ・インターナショナル・リミテッドが存在する。

活動[編集]

一般会員向けの「International Journal」や、幹部会員向けの「Mensa World」、非会員向けの「Mensa Research Journal」などの発行が行われている。

各国の支部の下には、地方支部や SIG (Special Interest Group) と呼ばれる様々なテーマを持つグループが存在し、会合やニューズレターの発行などを行っている。

成績優秀な学生のための奨学制度、学校に適応できない児童の支援、会員向けの旅行案内、金融機関と提携したクレジット・カードの発行、レンタカーホテルの割引、パズルや書籍の販売、就職の斡旋などの活動を行っている支部も存在する。

入会資格・入会方法[編集]

人口上位2%(Stanford–Binet Intelligence Scalesでスコア132以上、Cattell Culture Fair IIIでスコア148以上)に属する知能指数を有することを、唯一の入会資格とする。各国基準が違い、それぞれの国の上位2%である。試験問題もアメリカのメンサと日本のメンサでは違う。Flynn effect(フリン効果)を考慮せず、違う年齢の人間を同じ基準で比較する。つまり20歳でも50歳でも、ある一定以上のスコアを出せば入会可能である。フリン効果とは、長期にわたるIQの上昇傾向のことを言う。例えばアメリカでは30年の間に、IQの平均が約10上昇している。また2回目にメンサの入会試験を受けたものは、1回目よりスコアが上昇するというデータがある。[1]つまりあらかじめ、似たような問題で対策をしておけば、何もしなかった時よりは高いスコアを期待できる。

入会資格を得る方法として最も一般的なものは、メンサの実施する入会テストに合格することである。なお、受験回数には制限が設けられており、半年の期間を空けて、生涯に3度までしか受けられない。また、医療機関などが発行する証明書を提出することによって入会することもできるところもある。日本はMENSAの試験のみで入会可能であるが、アメリカの場合は大学の統一試験やSAT、ロースクールの統一試験のLSATなど200あるテストのいずれかのスコアで入会可能である[2]。入会テストは有料で、15歳未満の者は受けることができず、テスト結果は知能指数の証明書として発行されるが、ジャパンメンサのように支部によっては入会の可否だけでIQ数値等は通知されないこともある。テストに合格しても会員となるわけではなく、入会する場合は年会費を支払う必要がある。ジャパンメンサのように支部によっては入会しなければ合格そのものが取り消されることもある。なお、ジャパンメンサの試験は、ウェクスラー成人知能検査などの一般的なIQテストではない。ウェクスラー式のIQテストでいうところの動作性知能のさらに行列推理しか実施しておらず、正式なIQ測定とは言い難い[3]

会員の種類[編集]

会員種別としては、支部(ナショナル・メンサ)に属するナショナル・メンバーと、支部が存在しない国ではメンサ・インターナショナルに属するダイレクト・インターナショナル・メンバーの2種類がある。

ナショナル・メンバーに対してはナショナル・メンサが会員証を発行しており、ダイレクト・インターナショナル・メンバーに対してはメンサ・インターナショナルが会員証を発行している。両方の会員権を同時に持つことはできない。

  1. ナショナル・メンサが存在する国の国籍を有しかつその国に居住する会員はその国のナショナル・メンバーとなる。
  2. ナショナル・メンサが存在する国の国籍を有しかつナショナル・メンサが存在する他国に居住する会員は国籍を有する国のナショナル・メンサのナショナル・メンバーとなるかまたは居住する国のナショナル・メンサのナショナル・メンバーとなるか選択権が与えられる。
  3. ナショナル・メンサが存在する国の国籍を有しかつナショナル・メンサが存在しない他国に居住する会員は国籍を有する国のナショナル・メンサのナショナル・メンバーとなるかまたはダイレクト・インターナショナル・メンバーとなるか選択権が与えられる。
  4. ナショナル・メンサが存在しない国の国籍を有しかつナショナル・メンサが存在する他国に居住する会員はダイレクト・インターナショナル・メンバーとなるかまたは居住する国のナショナル・メンサのナショナル・メンバーとなるか選択権が与えられ、その他の場合はダイレクト・インターナショナル・メンバーとなる。

国際評議会の承認が下りれば、当該国のナショナル・メンバーになることを希望しないメンバーが他国またはダイレクト・インターナショナル・メンバーの会員資格を取得しうる。

各国支部の会員数[編集]

ヨーロッパ[編集]

北米[編集]

中南米[編集]

オセアニア[編集]

アフリカ[編集]

アジア[編集]

メンサ・インターナショナル[編集]

  • ダイレクト・インターナショナル・メンバー 450人

著名な会員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.personality-and-aptitude-career-tests.com/iq-mensa-test.html
  2. ^ 米国メンサHP:http://www.us.mensa.org/AML/?LinkServID=005EB3F7-B83A-44BA-B4FFD5114A1AC31D
  3. ^ http://anond.hatelabo.jp/20141005023852
  4. ^ Mensa International. “National Groups” (英語). 2012年10月31日閲覧。
  5. ^ Japan Mensa. “mensaとは” (日本語). 2012年10月31日閲覧。
  6. ^ a b c お笑いワイドショー マルコポロリ!』2011/05/22放送
  7. ^ Markus Persson. “Notch!”. 2012年10月14日閲覧。
  8. ^ JAPAN MENSA. “JAPAN MENSA 概要”. 2012年5月2日閲覧。
  9. ^ とくダネ!』2012/10/1放送
  10. ^ webR25「MENSA会員が明かす意外な学びスタイルとは? 頭脳派モデル・岩永徹也の勉強術」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]