アダム・オズボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アダム・オズボーンAdam Osborne1939年3月6日 - 2003年3月18日)は、イギリス実業家

出身はタイバンコク。11歳までインドで過ごし、イギリスに帰国しバーミンガム大学に入学し化学工学を専攻。卒業後に渡米しデラウェア州にあるデラウェア大学大学院へ入学し化学工学博士号を取得しアメリカ国籍を取得した。博士号取得後にシェル石油に入社したがわずか3年で退職した。

退社後の1975年インテル製チップに関する解説本を出版。その売上金を元に、1980年にオズボーン コンピューター(Osborne Computer)社を設立。1981年、ポータブルコンピュータの先駆けとなる「Osborne 1」を発売し、これが大ヒットとなったものの、後継機種の発表戦略の誤りが買い控えにつながり(オズボーン効果)、1983年9月13日に倒産した。

会社倒産から翌年の1984年にペーパーバック・ソフトウエアという、安値のソフトウエア流通会社を設立したものの1987年ロータス社(当時)の「Lotus 1-2-3」の著作権を侵害しているとして、1990年に会社が訴えられると会社を辞めインドに戻っていった。

2003年3月18日、気質性脳症候群により死去。64歳没。

外部リンク[編集]