ジョディ・フォスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョディ・フォスター
Jodie Foster
Jodie Foster
本名 Alicia Christian Foster
生年月日 1962年11月19日(51歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優・映画監督・プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1968年 -
配偶者 アレクサンドラ・ヘディソン(2014年 - )
家族 チャールズ (1998年生)
キット (2001年生)
主な作品
タクシードライバー
告発の行方
羊たちの沈黙
コンタクト

ジョディ・フォスター(Jodie Foster, 本名: アリシア・クリスティーン・フォスター、Alicia Christian Foster, 1962年11月19日 - )は、アメリカ合衆国女優映画監督映画プロデューサー

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスにて、4人兄妹の末っ子として生まれる。生まれる前に両親が離婚したため母親に育てられた。その後、父親は日本人と再婚。腹違いの妹エイミー・フォスターがいる。役者名の「ジョディ」は、彼女が母親のお腹にいるときから、兄姉たちが呼んでいた愛称である。二人の姉ルシンダ(1954年生)、コンスタンス(1955年生)と、兄ルシアス(1957年生)がいる。

高校時代はロサンゼルスリセに在籍し、バカロレアを取得。卒業後はハーバード大学コロンビア大学などを蹴って[1]イェール大学に入学した。アメリカ文学を専攻し、トニ・モリソンの論文で優秀な成績(Magna Cum Laude)で卒業した。

キャリア[編集]

子役だった兄の仕事場についていった際にスカウトされ、3歳よりコマーシャルに出演し、主にテレビドラマで子役として活躍、一家を経済的に支えるまでになった。

1972年に『ジョディ・フォスターのライオン物語』で映画デビュー。1976年公開のマーティン・スコセッシ監督作品『タクシードライバー』で12歳の少女娼婦アイリス役を13歳にして演じ、全米映画批評家協会賞助演女優賞や英国アカデミー賞 助演女優賞などを受賞、アカデミー助演女優賞にノミネートされ、高い評価を得た。しかし、この映画は同時に多方面に影響を与え、ジョディの熱狂的なファンを自称するジョン・ヒンクリーによって1981年にレーガン大統領暗殺未遂事件が発生。この事件に衝撃を受けたジョディは、一時期映画界とは距離を置いた。

1984年公開の『ホテル・ニューハンプシャー』で本格的にスクリーンへ復帰以降、1989年公開の『告発の行方』と1991年公開の『羊たちの沈黙』でアカデミー主演女優賞を受賞。人気・実力共にアメリカを代表する役者の地位を不動のものとした。

1991年に『リトルマン・テイト』で、映画初監督。自ら設立した映画制作会社エッグ・ピクチャーズ・プロダクション制作の第1回作品『ネル』(1994年)以降は、映画プロデューサーとして映画製作も行うなど活動の幅を広げている。

また、フランス語が流暢に話せるので、フランス語版の吹き替えはほとんど自身で行っている[2]。英語圏の女優達の中で、キャンディス・バーゲンジャクリーン・ビセットクリスティン・スコット・トーマスらと共に外国語(英語以外の言語)に堪能な数少ない女優の一人である。

私生活[編集]

未婚のまま1998年と2001年に男児を出産(父親の名前は公表されていない)[3][4]

2007年12月のロサンゼルスでの式典で、15年来の交際がある映画プロデューサーシドニー・バーナードについて、「いつもそばにいてくれる美しいシドニーに感謝」と謝辞を捧げたところ、「レズビアンであることをカミングアウトした」として一斉に報道された[5][6]。なお、2008年5月、破局したとの報道がなされた[7]

2013年1月の第70回ゴールデングローブ賞授賞式において、自身が同性愛者であることをほぼ公表した(正確には「カミングアウトすると思ったでしょ?」と発言しており、公には認めていない)。

2014年4月、パートナーの女性写真家アレクサンドラ・ヘディソン(Alexandra Hedison)と同性結婚した。[8]

主な作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1968 Mayberry R.F.D. テレビシリーズ
1970 Menace on the Mountain スーレーン・マカイヴァー テレビ映画
1972 カンサスシティの爆弾娘
Kansas City Bomber
リタ
ジョディ・フォスターのライオン物語
Napoleon and Samantha
サマンサ 日本未公開
My Sister Hank ヘンリネッタ・“ハンク”・ベネット テレビ映画
1973 Rookie of the Year シャロン・リー テレビ映画
Alexander, Alexander スー テレビ映画
アダムス・ファミリー
The Addams Family
パグズリー 声の出演
テレビシリーズ
燃えよ! カンフー
Kung Fu
アレシア・パトリシア・イングラム テレビシリーズ:第11話:「真実は拳銃が知っていた」 ALETHEA
トム・ソーヤーの冒険
Tom Sawyer
ベッキー・サッチャー
リトル・インディアン
One Little Indian
マーサ・マカイヴァー
1974 アリスの恋
Alice Doesn't Live Here Anymore
オードリー
追跡者
Smile, Jenny, You're Dead
リバティ・コール テレビ映画
ペーパームーン
Paper Moon
アディ・ロギンス テレビシリーズ
1975 The Secret Life of T.K. Dearing T・K・ダーリング テレビ映画
1976 白い家の少女
The Little Girl who Lives Down the Lane
リン・ジェイコブス
フリーキー・フライデー
Freaky Friday
アナベル・アンドリュース ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
日本未公開
ダウンタウン物語
Bugsy Malone
タルーラ 英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
タクシードライバー
Taxi Driver
アイリス・スティーンスマ 英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
アカデミー助演女優賞ノミネート
別れのこだま
Echoes of a Summer
ディアドラ・ストライデン
1977 キャンドルシュー セント・エドモンドの秘宝
Candleshoe
ケイシー・ブラウン 日本未公開
ジョディ・フォスター/避暑地のラブ・ストーリー
Casotto
テレシナ・フェデリ 日本未公開
Stop Calling Me Baby! イザベル・トリスタン 日本未公開
1980 フォクシー・レディ
Foxes
ジャーニー
Carny ドナ 日本未公開
1982 ジョディ・フォスターのママはゴースト
O'Hara's Wife
バーバラ・オハラ
1983 Svengali ゾーイ・アレクサンダー 日本未公開
1984 他人の血
Le Sang Des Autres
エレーヌ・ベルトラン
ホテル・ニューハンプシャー
The Hotel New Hampshire
フラニー・ベリー
1986 ヴィクトリア
Mesmerized
ヴィクトリア・トンプソン 日本未公開
1987 シエスタ
Siesta
ナンシー 日本未公開
ファイブ・コーナーズ/危険な天使たち
Five Corners
リンダ 日本未公開
1988 告発の行方
The Accused
サラ・トビアス アカデミー主演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
君がいた夏
Stealing Home
ケイティ・チャンドラー
1990 ハートに火をつけて
Catchfire
アン・ベントン
1991 リトルマン・テイト
Little Man Tate
デイド・テイト
羊たちの沈黙
The Silence of the Lambs
クラリス・スターリング アカデミー主演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞受賞
1992 ウディ・アレンの影と霧
Shadows and Fog
娼婦
1993 ジャック・サマースビー
Sommersby
ローレル・サマースビー
1994 ネル
Nell
ネル・ケルティ アカデミー主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
マーヴェリック
Maverick
Mrs. アナベル・ブランスフォード
1995 バックトラック
Backtrack
アン・ベントン 『ハートに火をつけて』のデニス・ホッパー監督版
1997 コンタクト
Contact
Dr. エレノア・アロウェイ ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
The X-Files ベティ 声の出演
テレビシリーズ (ゲスト出演)
1998 The Uttmost 本人 ドキュメンタリー
日本未公開
Psycho 背景の女性
1999 アンナと王様
Anna and the King
アンナ・レオノーエンス
2002 パニック・ルーム
Panic Room
メグ・アルトマン
イノセント・ボーイズ
Dangerous Lives of Altar Boys
シスター・アサンプタ
2003 Abby Singer 本人 日本未公開
2004 ロング・エンゲージメント
Un long dimanche de fiancailles
エロディ・ゴルド
2005 フライトプラン
Flightplan
カイル・プラット
Statler and Waldorf: From the Balcony 本人 テレビ (ゲスト出演)
2006 インサイド・マン
Inside man
マデリーン・ホワイト
2007 ブレイブ ワン
The Brave One
エリカ・ベイン ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
2008 幸せの1ページ
Nim's Island
アレクサンドラ・ローバー
2009 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
マギー・シンプソン テレビアニメ(声のゲスト出演)
2011 それでも、愛してる
The Beaver
メレディス・ブラック
おとなのけんか
Carnage
ペネロピ・ロングストリート ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2013 エリジウム
Elysium
ローズ

製作[編集]

公開年 邦題
原題
備考
1986 Mesmerized 日本未公開
1994 ネル
Nell
1995 ホーム・フォー・ザ・ホリデイ
Home for the holidays
1998 The Baby Dance 製作総指揮
テレビシリーズ
1999 ウェイキング・ザ・デッド
Waking the Dead
製作総指揮
日本未公開
2002 イノセント・ボーイズ
Dangerous Lives of Altar Boys
2007 ブレイブ ワン
The Brave One
製作総指揮

監督[編集]

公開年 邦題
原題
備考
1988 Tales from the Darkside テレビシリーズ
1991 リトルマン・テイト
Little Man Tate
1995 ホーム・フォー・ザ・ホリデイ
Home for the holidays
2011 それでも、愛してる
The Beaver

CM出演[編集]

主な受賞[編集]

1989年3月29日、『告発の行方』で主演女優賞を受賞した第61回アカデミー賞の協会理事主催パーティーにて

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 今週のクローズアップ
  2. ^ "Jodie Foster: Hollywood fait confiance à mes choix." StudioMagazine.fr, October 3, 2007.
  3. ^ Jodie Foster”. TCM. 2009年8月16日閲覧。
  4. ^ Zaslow, Jeffrey (2002年3月3日). “Jodie Foster's Other Starring Role”. USA Today. http://www.usaweekend.com/02_issues/020303/020303foster.html 
  5. ^ “Jodie Foster comes out with emotional tribute to her girlfriend of 14 years”. Daily Mail. (2007年12月12日). http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/showbiz/showbiznews.html?in_article_id=501256&in_page_id=1773 2012年10月20日閲覧。 
  6. ^ サンスポ.COM (2007年12月15日). “ジョディ・フォスターが同性愛告白…噂される女性に謝辞”. 2007年12月16日閲覧。
  7. ^ ジョディ・フォスター、同性愛の恋人と破局?”. シネマトゥデイ (2008年5月19日). 2012年10月20日閲覧。
  8. ^ 米女優ジョディ・フォスターさんが同性婚”. CNN (2014年4月24日). 2014年4月24日閲覧。
  9. ^ 当初はシビックの4ドアセダンバージョンのフェリオのみに起用されたが、途中から3ドアハッチバックにも起用。

外部リンク[編集]