ジェニファー・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jennifer Jones
ジェニファー・ジョーンズ
ジェニファー・ジョーンズ
慕情』でのジェニファー・ジョーンズ
本名 Phylis Lee Isley
生年月日 1919年3月2日
没年月日 2009年12月17日(満90歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州タルサ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州マリブ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1939年 - 1974年
配偶者 ロバート・ウォーカー (1939-1944)
デヴィッド・O・セルズニック (1949-1965)
Norton Simon (1971-1993)
家族 ロバート(息子)
マイケル(息子)
メアリー・ジェニファー(娘)
主な作品
聖処女
慕情
タワーリング・インフェルノ

ジェニファー・ジョーンズ(Jennifer Jones, 出生名: Phylis Lee Isley, 1919年3月2日[1][2] - 2009年12月17日[1][2])はアメリカ合衆国オクラホマ州タルサ出身。1940から50年代を代表するハリウッド女優[1][3]

来歴[編集]

本名フィリス・リー・イスリーとして生まれる。両親は巡業劇団を持っていたため、子供の頃から舞台に立っていた。

ノースウェスタン大学ニューヨークアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで学び、19歳の時に同じく俳優の卵であったロバート・ウォーカーアルフレッド・ヒッチコック監督の『見知らぬ乗客』が有名)と結婚[4]。夫がラジオの仕事を得、ジョーンズも端役で西部劇などに出演するようになる。

1940年代前半に映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックのスクリーンテストのためにハリウッドに移ったときに名前をジェニファー・ジョーンズに改名[2]。舞台のオーディションのためにのオフィスに行き、セルズニックに認められて彼の元で契約を交わすことになった。

その後、1943年『聖処女』に主演、アカデミー主演女優賞を受賞した。

1944年には最初の夫と離婚(離婚成立は1945年)、1949年にセルズニックと再婚し、彼の元で様々なジャンルの映画に出演、アカデミー賞に4度ノミネートされるなど高い評価を得た。1955年(昭和30年)1月30日、『慕情』の香港ロケへ向かう途中に共演のウィリアム・ホールデンと来日を果たしている。1965年のセルズニックの死後はほとんど引退状態であったが、1974年の『タワーリング・インフェルノ』に顔を出している。

『タワーリング・インフェルノ』以降は俳優活動を行うことが完全に無くなり、メディアへの露出も幾つかのドキュメンタリー番組に顔を出す程度であったが、1998年第70回アカデミー賞授賞式と2003年第75回アカデミー賞授賞式に登場し、健在ぶりをアピールする事もあった。

2009年12月17日カリフォルニア州マリブの自宅にて死去[2]。90歳没[1][2]。死因は老衰[1]

ロバート・ウォーカーとの間にもうけた2人の息子ロバート・ウォーカー・ジュニア(1940年 - )とマイケル・ウォーカー(1941年 - 2007年)も俳優になり、ロバートは映画『イージー・ライダー』やドラマ『ジェシカおばさんの事件簿』、『L.A.ロー 七人の弁護士』などに出演している。

セルズニックとの間に1954年に生まれた娘メアリー・ジェニファー・セルズニックは1976年にビルの20階から飛び降り自殺した。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1943 聖処女
The Song of Bernadette
ベルナデッタ・スビルー アカデミー主演女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) 受賞
1944 君去りし後
Since You Went Away
ジェーン・デボラ・ヒルトン
1945 ラヴレター
Love Letters
シングルトン
1946 小間使
Cluny Brown
白昼の決闘
Duel in the Sun
パール
1948 ジェニイの肖像
Portrait of Jennie
ジェニイ・アップルトン
1949 ストレンジャーズ6
We Were Strangers
ボヴァリー夫人
Madame Bovary
エマ・ボヴァリー
1950 女狐
Gone to Earth
ヘイゼル
1952 黄昏
Carrie
キャリー・ミーバー
ルビイ
Ruby Gentry
ルビイ
1953 終着駅
Stazione Termini
メアリー
悪魔をやっつけろ
Beat the Devil
グウェンドレン
1955 慕情
Love Is a Many-Splendored Thing
ハン・スーイン
美わしき思い出
Good Morning, Miss Dove
ミス・ドーヴ
1956 灰色の服を着た男
The Man in the Gray Flannel Suit
ベッツィー
1957 武器よさらば
A Farewell to Arms
エリザベス
1966 留学体験 霧の中でさようなら
The Idol
キャロル
1969 ザ・ダムド/あばかれた虚栄
Angel, Angel, Down We Go
アストリッド・スティール
1974 タワーリング・インフェルノ
The Towering Inferno
リゾレット・ミューラー

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 米女優ジェニファー・ジョーンズさん死去”. 朝日新聞 (2009年12月19日). 2010年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e Alan Duke (2009年12月17日). “Actress Jennifer Jones dies at age 90”. CNN. 2009年12月18日閲覧。
  3. ^ J・ジョーンズさん死去 米女優”. 共同通信 (2009年12月18日). 2010年2月24日閲覧。
  4. ^ Paul Green (12 September 2011). Jennifer Jones: The Life and Films. McFarland. pp. 13ff., 198ff. ISBN 978-0-7864-6041-0. http://books.google.com/books?id=VvdJdlLAXJIC&pg=PA198 2012年2月17日閲覧。. 

外部リンク[編集]