ダイアン・キートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアン・キートン
Diane Keaton
Diane Keaton
2011年撮影
本名 Diane Hall
生年月日 1946年1月5日(68歳)
出生地 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ダイアン・キートンDiane Keaton, 本名: Diane Hall、1946年1月5日 - )は、アメリカ合衆国女優カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

略歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスにて、ダイアン・ホールとして生まれる[1]。父親はアイルランド系カトリックの背景を持ち、母親はメソジストであった[2]

1963年に高校を卒業し、オレンジ・コースト・カレッジに通うが1年で中退してマンハッタンに移る[3]。俳優協会に加入する際、すでに「ダイアン・ホール」で登録があったため、母親の旧姓から「ダイアン・キートン'」で登録する[4]ニューヨークネイバーフッド・プレイハウスで演技を学び、ブロードウェイのミュージカル『ヘアー』に出演。1972年にはウディ・アレンの映画『ボギー!俺も男だ』にも出演し成功している。その後アレンとは公私にわたるパートナーとなり、彼の多くの映画に出演。1977年の『アニー・ホール』ではアカデミー主演女優賞を受賞した。

プライベート[編集]

ブロードウェイのオーディションを受けた時に出会ったウディ・アレンと交際するが後に別れる。1979年から『レッズ』で共演したウォーレン・ベイティと交際していた[5]。その後アル・パチーノとも交際していた事がある。これまで結婚歴はなく、50歳を過ぎてからとった養子が二人いる[6]

主な作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1970 ふたりの誓い
Lovers and Other Strangers
ジョーン
1972 ゴッドファーザー
The Godfather
ケイ・アダムス・コルレオーネ
ボギー!俺も男だ
Play It Again, Sam
リンダ
1973 スリーパー
Sleeper
ルナ
1974 ゴッドファーザー PART II
The Godfather Part II
ケイ・アダムス・コルレオーネ
1975 ウディ・アレンの愛と死
Love and Death
ソニア
1976 ダイアン・キートン 可愛い女
I Will, I Will... for Now
ケイティ・ビンガム
ニューヨーク 一攫千金
Harry and Walter Go to New York
リッサ
1977 アニー・ホール
Annie Hall
アニー・ホール アカデミー主演女優賞 受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
ミスター・グッドバーを探して
Looking for Mr. Goodbar
テレサ
1979 インテリア
Interiors
レナータ
マンハッタン
Manhattan
メリー
1981 レッズ
Reds
ルイーズ・ブライアント
1982 シュート・ザ・ムーン
Shoot the Moon
フェイス
1984 リトル・ドラマー・ガール
The Little Drummer Girl
チャーリー
燃えつきるまで
Mrs.Soffel
ケイト・ソフェル
1986 ロンリー・ハート
Crimes of the Heart
レニー
1987 ラジオ・デイズ
Radio Days
新年の歌手
赤ちゃんはトップレディがお好き
Baby Boom
J・C・ワイアット
1988 情熱の代償
The Good Mother
アンナ
1990 ゴッドファーザーPARTIII
The Godfather Part III
ケイ・アダムス・コルレオーネ
1991 花嫁のパパ
Father of the Bride
ニーナ・バンクス
立候補/ダーティ・トリックス
Running Mates
アギー・スノウ テレビ映画
1993 マンハッタン殺人ミステリー
Manhattan Murder Mystery
キャロル・リプトン
ベイビー・トーク3 ワンダフル・ファミリー
Look Who's Talking Now
ダフネ 声の出演
1994 ラストフライト
Amelia Earhart: The Final Flight
アメリア・イアハート テレビ映画
1995 花嫁のパパ2
Father of the Bride Part II
ニーナ・バンクス
1996 ファースト・ワイフ・クラブ
The First Wives Club
アニー・パラディス
マイ・ルーム
Marvin's Room
ベッシー
1997 イン・マイ・ライフ
The Only Thrill
キャロル・フィッツシモンズ
1999 カーラの結婚宣言
The Other Sister
エリザベス・テイト
2000 電話で抱きしめて
Hanging Up
ジョージア 監督兼任
2001 フォルテ
Town & Country
エリー
2002 クロスオーバー ふたりの女
Crossed Over
ベヴァリー テレビ映画
2003 恋愛適齢期
Something Gotta Give
エリカ・バリー ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
2005 幸せのポートレート
The Family Stone
シビル・ストーン
2007 恋とスフレと娘とわたし
Because I Said So
ダフネ
ママ男
Mama's Boy
ジャン・マナス
2008 デンジャラスな妻たち
Mad Money
ブリジット・カーディガン
2010 恋とニュースのつくり方
Morning Glory
コリーン・ペック
2013 グリフィン家のウエディングノート
The Big Weding
エリー・グリフィン

製作[編集]

公開年 邦題
原題
担当 備考
1987 ダイアン・キートンの ウェルカム・トゥ・ヘヴン
Heaven
監督 ドキュメンタリー
1991 ツイン・ピークス
Twin Peaks
監督 テレビシリーズ、Episode #2.15を監督
ワイルドフラワー
Wildflower
監督
1995 想い出の微笑
Unstrung Heroes
監督
2000 電話で抱きしめて
Hanging Up
監督・出演
2003 エレファント
Elephant
製作総指揮

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1978年 アカデミー主演女優賞:『アニー・ホール
ノミネート
1982年 アカデミー主演女優賞:『レッズ
1997年 アカデミー主演女優賞:『マイ・ルーム
2004年 アカデミー主演女優賞:『恋愛適齢期

英国アカデミー賞[編集]

受賞
1978年 主演女優賞:『アニー・ホール
ノミネート
1980年 主演女優賞:『マンハッタン
1983年 主演女優賞:『レッズ

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1978年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『アニー・ホール
2004年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『恋愛適齢期
ノミネート
1978年 主演女優賞 (ドラマ部門):『ミスター・グッドバーを探して
1982年 主演女優賞 (ドラマ部門):『レッズ
1983年 主演女優賞 (ドラマ部門):『シュート・ザ・ムーン
1985年 主演女優賞 (ドラマ部門):『燃えつきるまで
1988年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『赤ちゃんはトップレディがお好き
1994年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『マンハッタン殺人ミステリー
1995年 女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門):『ラストフライト

参照[編集]

  1. ^ Diane Keaton Biography (1946–)”. Filmreference.com. 2010年3月8日閲覧。
  2. ^ Stated in Then Again, by Diane Keaton, 2011
  3. ^ Diane Keaton: A Nervous Wreck on the Verge of a Breakthrough. Movie Crazed. 1974. Retrieved February 22, 2006.
  4. ^ Dominic Dunne. "Hide and Seek with Diane Keaton". Vanity Fair. February 1985.
  5. ^ Diane Keaton biography. The New York Times. Retrieved February 21, 2006.
  6. ^ Brad Stone. "Defining Diane". More magazine. July/August 2001.

外部リンク[編集]