ロザムンド・パイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロザムンド・パイク
Rosamund Pike
Rosamund Pike
2011年
本名 Rosamund Mary Elizabeth Pike
生年月日 1979年1月27日(35歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス

ロザムンド・パイクRosamund Pike, 1979年1月27日 - )は、イギリス女優

来歴[編集]

ロンドンにて生まれる。父親はオペラ歌手、母親はヴァイオリニスト[1]オックスフォード大学で英文学を学び[2]、優秀な成績で卒業している。両親の仕事の都合で7歳までヨーロッパ各地で育ったためフランス語ドイツ語を流暢に話し[2]ピアノチェロもたしなむという。

大学在学中にアーサー・ミラーシェイクスピアなどの舞台やテレビで活動、学生時代に来日しており大阪府吹田市にあるメイシアターで芝居の公演を行う。2002年にはハル・ベリーと共にボンドガールに選ばれた。

2003年に出演したウエスト・エンドでの舞台『Hitchcock Blonde』では、『ブルー・ルーム』のニコール・キッドマンのように裸で登場して話題になった[3]

2009年、ロンドンで上演された三島由紀夫の戯曲『サド侯爵夫人』で主演を務めた[4]

私生活[編集]

2007年には『プライドと偏見』の監督であるジョー・ライトと婚約した[5]が、2008年5月に行う予定だった結婚式を土壇場でキャンセルした[6]

2012年月に男の子を出産した[7][8]。父親は2009年より交際している16歳年上のビジネスマンロビー・ウニアック[9]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2002 007 ダイ・アナザー・デイ
Die Another Day
ミランダ・フロスト
2004 リバティーン
The Libertine
エリザベス・マレット
2005 プライドと偏見
Pride & Prejudice
ジェーン・ベネット
DOOM
Doom
サマンサ・グリム
2007 フラクチャー
Fructure
ニッキー・ガードナー
2009 17歳の肖像
An Education
ヘレン
大暴落 サブプライムに潜む罠
Freefall
アンナ テレビ映画
サロゲート
Surrogates
マギー・グリアー
2010 バーニーズ・バージョン ローマと共に
Barney's Version
ミリアム
2011 ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
Johnny English Reborn
ケイト・サマー
ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
The Big Year
ジェシカ
2012 タイタンの逆襲
Wrath of the Titans
アンドロメダ女王
アウトロー
Jack Reacher
ヘレン
2013 悪魔の秘め事
The Devil You Know
ゾーイ
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!
The World's End
サム
2014 A Long Way Down ペニー
Hector and the Search for Happiness クララ
What We Did on Our Holiday アビー
ゴーン・ガール
Gone Girl
エイミー

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cavendish, Lucy (2009年3月18日). “Rosamund Pike interview”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/4987005/Rosamund-Pike-interview.html 2010年5月22日閲覧。 
  2. ^ a b Judith Woods (2010年9月24日). “Rosamund Pike: From reluctant English rose to Britain's new screen queen”. Daily Mail. 2010年11月25日閲覧。
  3. ^ “Pike: undressed to kill”. Mail Online. (2003年4月7日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-175549/Pike-undressed-kill.html 2009年7月17日閲覧。 
  4. ^ Cavendish, Lucy (2009年3月18日). “Rosamund Pike interview” (英語). Telegragh.co.uk. http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/4987005/Rosamund-Pike-interview.html 2009年7月10日閲覧。 
  5. ^ BAMIGBOYE, Baz (August 31, 2007) Rosamund Pike gets a ring from Mr Wright, Daily Mail
  6. ^ Nicholl, Katie (2008年6月1日). “007 girl Rosamund Pike cancels her wedding” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1023411/007-girl-Rosamund-Pike-cancels-wedding.html 2009年7月10日閲覧。 
  7. ^ “『タイタンの逆襲』のロザムンド・パイク、男児を出産”. シネマトゥデイ. (2012年5月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0041830 2013年7月12日閲覧。 
  8. ^ Nicholl, Kate (2012年5月6日). “Baby joy for Bond girl Rosamund Pike as she gives birth to son Solo”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2140070/Bond-girl-Rosamund-Pike-gives-birth-baby-boy.html 2012年5月14日閲覧。 
  9. ^ Nicholl, Kate (2012年5月6日). “Baby joy for Bond girl Rosamund Pike as she gives birth to son Solo”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2140070/Bond-girl-Rosamund-Pike-gives-birth-baby-boy.html 2012年5月14日閲覧。 

外部リンク[編集]