ピアース・ブロスナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピアース・ブロスナン
Pierce Brosnan
Pierce Brosnan
本名 Pierce Brendan Brosnan
生年月日 1953年5月16日(61歳)
出生地 アイルランド共和国の旗 アイルランドナヴァン
国籍 アイルランド共和国の旗 アイルランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 俳優、映画プロデューサー
活動内容 1995年:『007 ゴールデンアイ
配偶者 カサンドラ・ハリス(1980 - 91、死別)
キーリー・シェイ・スミス(2001 - )
主な作品
007シリーズ
『探偵レミントン・スティール』
備考
5代目ジェームズ・ボンド

ピアース・ブレンダン・ブロスナンPierce Brendan Brosnan OBE, 1953年5月16日 - )は、アイルランド出身の俳優、映画プロデューサーである。身長187cm。

略歴[編集]

アイルランド共和国ミース州ナヴァンで生まれ、10代でイギリスに渡った。1982年から1987年までアメリカNBCで放映されたテレビドラマ『探偵レミントン・スティール』で主役を演じ、有名俳優になった[1]

1995年に007シリーズ第17作『007 ゴールデンアイ』にジェームズ・ボンド役で主演した。1997年の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』では、サターン賞主演男優賞を受賞した。同年、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を獲得した[2]

2003年7月、英国への優れた貢献を認められ、エリザベス2世から名誉大英勲章第4位を与えられる[3]。ブロスナンはアイルランド国民なので、英国民にだけ与えられる「full honour」を受ける資格はない[4]

日本では『ゴールデンアイ』でボンドを演じる以前に、ボンド風のキャラクターでたばこ「LARK」のCMに出演していたことでも知られる。LARKのCMにはブロスナンより前に先代のロジャー・ムーアティモシー・ダルトン等も出演していた。この他1996年から1998年までエルセラーン化粧品のCMにも出演したり、また金融業のニッシンのイメージキャラクターとして登場したりしたこともある。

出演作の『ダイヤモンド・イン・パラダイス』は、『007』シリーズに入るものではないが、この映画の予告編では「あの007が今度は大泥棒に!?」と、いささか紛らわしいナレーションがある。

2008年の映画『マンマ・ミーア!』では、ゴールデンラズベリー賞最低助演男優賞に選ばれた[5][6]

日本語版の吹き替えでは、ソフト版を神谷明 横島亘、TV版を田中秀幸 江原正士が主に声を当てている。

5代目ジェームズ・ボンド[編集]

3代目ボンドのロジャー・ムーアがボンド役を引退したあとの1986年に、主演ドラマ『探偵レミントン・スティール』を終えたばかりだったブロスナンはボンド役のオファーを受ける。運よくドラマは視聴率低下で打ち切られるが、イオンがブロスナンに関心を持っていることが分かると、製作局のNBCはブロスナンとの契約オプションを行使する荒業に出る。『探偵レミントン』にテコ入れをしての再開が決まり、ボンド役を辞退しなければならなかった[7]。彼は当時33歳だった。ブロスナンをボンド役としてプロデューサーのアルバート・ブロッコリに推薦したのは、当時の妻のカサンドラ・ハリスだった[8]。ブロッコリはブロスナンがボンド映画前後に、ドラマ長編エピソードを数本撮影できる契約を取り付けようとするが、NBCと制作会社のMTMは拒否し、自身の条件を提示した。ここでブロッコリはブロスナン起用を諦め、ボンド役はティモシー・ダルトンに決まった。ダルトン主演で2つの作品が作られたが、2作目の『007 消されたライセンス』は、批評家からの高い評価にもかかわらず、興行的には期待外れの結果に終わった。1991年に007シリーズの著作権を巡って法的な争いとなり、次作の製作は6年間中断し、その間にダルトンは6年契約が終了した。1994年4月12日、ダルトンはボンド役の降板を発表し、イオンも受諾した。そしてブロスナンが1994年6月7日にボンド役を手に入れる[9]。最初にオファーされてから15年後のことである。

1989年公開の『消されたライセンス』が興行的に失敗し、007シリーズの興行成績は一時衰えていた。しかし、ブロスナンが『ゴールデンアイ』でその人気を復活させ、批評的にも興行的にも成功、その後のシリーズの新たな道を開いた。ブロスナンのボンド像で特筆に値する点は、コネリーの渋みとムーアのユーモアさとをバランスよく体現し、そこにより紳士的な面とスマートさを加えて独自のボンド像を構築した点であろう。また、アクションシーンの体のキレの良さは歴代随一で、「ショーン・コネリー以来、最高のボンド」とまで絶賛された。また、作品自体も監督が毎回替わることで、シリーズ作品の宿命であるマンネリズムを回避した。2011年に全米誌で行われた歴代ボンド役の人気投票では初代のコネリーに次ぐ2位となった。

ブロスナンは、ジェームズ・ボンドを演じ続けることでイメージが固定してしまう危険に気付いており、ボンド役を引き受けたときに『007』シリーズに出る合間に他の映画にも出演する許可を製作会社イーオン・プロダクションに求めた。このため、『007』シリーズ以外のいろいろな映画に参加している(プロデュース作品も含む)。これらの作品で最も成功したのは『トーマス・クラウン・アフェアー』だった。

ダイ・アナザー・デイ』出演後もボンド役を続けることを切望していたが[10][11][12][13]、交渉で行き詰まり、2004年7月に自ら降板を申し出、MGMは慰留したが最後には同意し、[14][15]ダニエル・クレイグが6代目ボンドに起用された。初代のコネリーに次ぐ人気を博したが、出演したシリーズ作品は4作と、歴代で3番目に少ない[16]

映画以外にも『マペット放送局』に本人役でゲスト出演し、マペットキャラを相手に乱闘めいた寸劇を繰り広げるなどしてコミカルな一面を披露したことがあった。

私生活[編集]

1980年に最初の妻カサンドラ・ハリス(『007 ユア・アイズ・オンリー』のボンドガール)と結婚、1991年に死別[17]2001年キーリー・シェイ・スミスと再婚[18][19][20]2004年9月23日にアメリカの市民権を取得。3人のアメリカ国籍の息子を持ち、20年以上アメリカに在住。

子供は、義理の子供(カサンドラの連れ子)シャルロットとクリストファー、カサンドラとの間に生まれた実子ショーン、キーリーとの間に生まれた実子トーマスとパリスがいる[21]。シャルロットは俳優[22]、クリストファーは助監督や俳優として活動[23][24]。クリストファーはカサンドラの死によってアルコールに浸り、イギリスで飲酒運転により逮捕され、奉仕活動を科せられた。また、2001年8月に薬物依存でリハビリ・センターに入ったが、その後も薬物摂取によりロンドンの路上で昏倒し、2002年3月に再入院した[25]。2004年には、盗品の携帯電話を所持していた容疑で逮捕され[26]、2005年にはヘロイン所持の容疑で逮捕された[27]。ここに到って、ブロスナンはクリストファーを絶縁した[28]。また、シャルロットもコカイン依存でリハビリ・センターに入ったことがあり、2002年の9月には間に4歳の娘までいた同棲相手と別れた気鬱から3度目の入院をした[25]。その後、シャルロットは卵巣癌を発症して3年間の闘病生活を送り、2013年6月28日に41歳で死去した[29]

16歳の頃、自分をゲイだと思っていたことを告白している[30]

2001年から、ユニセフのアイルランド国内大使を努めている[31][32][33]。また、非営利環境保護団体シーシェパードを支持している[34]

作品リスト[編集]

映画[編集]

日本語吹き替えは主に神谷明・田中秀幸がつとめる。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1980 クリスタル殺人事件
The Mirror Crack'd
ジェイミー
長く熱い週末
The Long Good Friday
1982-1987 探偵レミントン・スティール
Remington Steele
レミントン・スティール テレビドラマ
1986 ノーマッズ
Nomads
ジョシュア・ボミエ
1987 第四の核
The Fourth Protocol
アレクセイ・ペトロフスキー
1990 ジョンソンの生き方
Mister Johnson
ハリー・ラドベック
1992 バーチャル・ウォーズ
The Lawnmower Man
ローレンス・アンジェロ
1993 ミセス・ダウト
Mrs. Doubtfire
スチュワート・ダンマイア
ブロークン・チェーン
The Broken Chain
ウィリアム・ジョンソン テレビ映画
1994 めぐり逢い
Love Affair
ケン・アレン
1995 007 ゴールデンアイ
007 GoldenEye
ジェームズ・ボンド
テロリスト・ゲーム2/危険な標的
Night Watch
マイケル・グラハム テレビ映画
1996 マンハッタン・ラプソディ
The Mirror Has Two Faces
アレックス
マーズ・アタック!
Mars Attacks!
ドナルド・ケスラー
1997 ダンテズ・ピーク
Dante's Peak
ハリー・ダルトン
ロビンソン・クルーソー
Robinson Crusoe
ロビンソン・クルーソー
007 トゥモロー・ネバー・ダイ
Tomorrow Never Dies
ジェームズ・ボンド
1998 キャメロット
Quest for Camelot
アーサー王
1999 トーマス・クラウン・アフェアー
The Thomas Crown Affair
トーマス・クラウン 兼製作
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
The World Is Not Enough
ジェームズ・ボンド
2001 テイラー・オブ・パナマ
The Tailor of Panama
アンドリュー“アンディ”・オズナード
ザ・シンプソンズ
The Simpsons
声の出演
2002 エヴリン
Evelyn
デズモンド・ドイル 兼製作
日本未公開
007 ダイ・アナザー・デイ
Die Another Day
ジェームズ・ボンド
2004 ダイヤモンド・イン・パラダイス
After the Sunset
マックス・バデット
2005 ザ・スナイパー
The Matador
ジュリアン・ノーブル 兼製作
ゴールデングローブ賞 主演男優賞ノミネート
日本未公開
2006 セラフィム・フォールズ
Seraphim Falls
ギデオン 日本未公開
2007 あぁ、結婚生活
Married Life
リチャード
2008 トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン
The Great Discovery
英米版ナレーション
マンマ・ミーア!
Mamma Mia!
サム ゴールデンラズベリー賞 最低助演男優賞受賞
2009 オーシャンズ
Océans
英語版ナレーター 声の出演
2010 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief
ブルナー先生 / ケイローン
ゴーストライター
The Ghost Writer
アダム・ラング サテライト賞 助演男優賞ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞 英国助演男優賞ノミネート
リメンバー・ミー
Remember Me
チャールズ・ホーキンズ
2011 ケイト・レディが完璧な理由
I Don't Know How She Does It
ジャック・アベルハンマー
サルベーション
Salvation Boulevard
ダン・デイ
2012 愛さえあれば
Den Skaldede Frisør
フィリップ
2013 ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!
The World's End

コンピュータゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; MAN OF STEELE” (英語). ピープル. 2009年7月17日閲覧。
  2. ^ The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; STAR POWER” (英語). ピープル. 2009年7月17日閲覧。
  3. ^ “James Bond star awarded OBE” (英語). Mail Online. (2003年7月16日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-188699/James-Bond-star-awarded-OBE.html 2009年7月17日閲覧。 
  4. ^ P・ブロスナンに名誉大英帝国勲章”. シネマトゥデイ (2003年7月17日). 2009年8月5日閲覧。
  5. ^ “最低映画選ぶ「ラジー賞」、M・マイヤーズ主演作とP・ヒルトンが3冠達成”. AFPBB News. (2009年2月22日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2574217/3839904 2009年7月17日閲覧。 
  6. ^ “米最悪映画賞で「3冠」パリス・ヒルトンさん”. 産経ニュース. (2009年2月27日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090222/tnr0902221800008-n1.htm 2009年7月17日閲覧。 
  7. ^ The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; STAYING STEELE” (英語). ピープル. 2009年7月17日閲覧。
  8. ^ STAR CHANNEL総合プログラムガイド 2009年12月号56ページ「横森文のスター大捜査線」
  9. ^ “Timothy Dalton” (英語). BBC. (2003年1月). http://www.bbc.co.uk/derby/features/famous_derby/timothy_dalton.shtml 2009年8月5日閲覧。 
  10. ^ “ピアース・ブロスナン、「007」の思い出と、ボンドを離れる心境を語る”. シネマトゥデイ. (2005年4月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0006391 2009年8月5日閲覧。 
  11. ^ “ピアース・ブロスナン、電話1本でボンド役を降ろされる”. シネマ・トゥデイ. (2005年8月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0006951 2009年8月5日閲覧。 
  12. ^ “Brosnan: 'licensed for the sack'” (英語). Mail Online. (2004年3月26日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-227949/Brosnan-licensed-sack.html 2009年8月5日閲覧。 
  13. ^ “Brosnan waits for Bond call” (英語). Mail Online. (2004年4月23日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-259104/Brosnan-waits-Bond-call.html 2009年8月5日閲覧。 
  14. ^ “Is Brosnan too old to be 007?” (英語). Mail Online. (2004年2月5日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-207653/Is-Brosnan-old-007.html 2009年8月5日閲覧。 
  15. ^ Reynolds, Mark (2004年7月29日). “Brosnan's licence to quit” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-312007/Brosnans-licence-quit.html 2009年7月17日閲覧。 
  16. ^ ダニエル・クレイグは2013年時点で5作出演することが決定している。
  17. ^ “Cassandra Harris, Actress, 39” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1991年12月31日). http://www.nytimes.com/1991/12/31/obituaries/cassandra-harris-actress-39.html 2009年7月17日閲覧。 
  18. ^ “P・ブロスナン、アイルランドの大修道院で挙式”. シネマトゥデイ. (2001年8月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0000827 2009年8月5日閲覧。 
  19. ^ Boshoff, Alison (2001年8月4日). “Brosnan's wedding pictures” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-65190/Brosnans-wedding-pictures.html 2009年8月5日閲覧。 
  20. ^ The Sexiest Man Alive 2001: Pierce Brosnan; WEDDING BELLS” (英語). ピープル. 2009年7月17日閲覧。
  21. ^ Pierce Brosnan” (英語). Hellomagazine.com. 2009年8月2日閲覧。
  22. ^ Charlotte Brosnan - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  23. ^ Christopher Brosnan - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  24. ^ “Brosnan's son stars in Love Island” (英語). Mail Online. (2006年7月6日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-394213/Brosnans-son-stars-Love-Island.html 2009年8月2日閲覧。 
  25. ^ a b Graham, Carolin; Nicholl, Katie (2002年10月20日). “More pain for Brosnan as daughter checks into clinic” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-143617/More-pain-Brosnan-daughter-checks-clinic.html 2009年8月2日閲覧。 
  26. ^ (英語). Mail Online. (2004年7月15日). Brosnan's son held over theft 2009年8月2日閲覧。 
  27. ^ “ピアース・ブロスナンの息子、ヘロイン所持で逮捕”. シネマトゥデイ. (2005年6月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0006672 2009年8月5日閲覧。 
  28. ^ “ピアース・ブロスナン、薬物中毒の息子と絶縁”. シネマトゥデイ. (2005年11月16日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007368 2009年8月20日閲覧。 
  29. ^ ピアース・ブロスナンの娘が死去 41歳 卵巣がんのため シネマトゥデイ 2013年7月2日
  30. ^ Dougherty, Hugh (2002年8月29日). “'I thought I was gay,' says 007” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-135745/I-thought-I-gay-says-007.html 2009年8月2日閲覧。 
  31. ^ ユニセフ国内委員会大使”. 日本ユニセフ協会. 2009年8月2日閲覧。
  32. ^ Pierce Brosnan Becomes Agent for UNICEF Ireland” (英語). UNICEF. 2009年8月2日閲覧。
  33. ^ UNICEF Ireland Ambassadors” (英語). UNICEF Ireland. 2009年8月2日閲覧。
  34. ^ Sea Shepherd Advisors - Pierce Brosnan

外部リンク[編集]