ミセス・ダウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミセス・ダウト
Mrs. Doubtfire
監督 クリス・コロンバス
脚本 ランディ・メイエム・シンガー
レスリー・ディクソン
原作 アン・ファイン
製作 ロビン・ウィリアムズ
マーシャ・ガーセス・ウィリアムズ
マーク・ラドクリフ
出演者 ロビン・ウィリアムズ
サリー・フィールド
音楽 ハワード・ショア
主題歌 エアロスミス「DUDE」
撮影 ドナルド・マカルパイン
編集 ラジャ・ゴズネル
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年11月24日
日本の旗 1994年4月16日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $441,286,195[1]
テンプレートを表示

ミセス・ダウト』(原題:Mrs. Doubtfire)は、1993年アメリカ映画コメディ映画クリス・コロンバス監督、ロビン・ウィリアムズ主演で世界的に大ヒットした。

概要[編集]

ロビン・ウィリアムズが60歳近くの女性に扮し、特殊メイク担当のグレッグ・キャノンアカデミーメイクアップ賞を受賞した。ロビン・ウィリアムズの主演作品の中で最も人気の高い作品[2]で、2014年には続編の製作も発表されたが、主演のウィリアムズの死去に伴い実現へと至らなかった。

料理、洗濯、何でもござれ、いまどき珍しいお手伝いさん、けど何か変?(映画ポスターより)

ストーリー[編集]

サンフランシスコのとある街、失業した俳優、ダニエル・ヒラードは、3人の子どもが自分の全てというほどの、子煩悩な父親。しかし収入のない夫に代わって一家の家計を担っているやり手デザイナーの妻ミランダは、自分が連日疲れきって帰宅しても家事に全く協力せず子供達との遊びにかまけている夫や、自分だけが仕事に家事にと追われている事に強いストレスを感じていた。

長男クリスの誕生日、ミランダの留守中に自宅でパーティを開き、大騒ぎを起こしたダニエルは、堪忍袋の緒が切れたミランダからとうとう離婚の意思を告げられる。生活能力のないダニエルは養育権を奪われ、週一度限られた時間にしか子どもたちに会えなくなった。やがてミランダが仕事の忙しさで家政婦を募集していることを知ったダニエルは一計を案じ、メイクアップアーティストの兄の手を借りて、イギリスの老婦人ミセス・ダウトファイアにすっかり変身する。持ち前の演技力と女装で見事にミランダを騙し、家政婦として最愛の子供たちのそばにいられることになるが、それは同時にこれまで家事全般を省みた事のないダニエルの、抱腹絶倒の奮闘記の幕開けであった。

登場人物[編集]

ダニエル・ヒラード / ミセス・ダウトファイア
3人の子供に愛される父親。子供に対する責任感を持ち、自分の信念を曲げない性格。俳優声優として働いているが、トラブルメーカーでもあり自分の意見が合わなければすぐ仕事を投げてしまう、そのため家庭ではほぼヒモに近い生活を長い間続けて、楽観的な性格からついに妻ミランダから愛想をつかされて離婚する事となる。
子供のそばにいたい一心で、映画の特殊メイクの業界で成功していたフランクの力を借りお淑やかな英国老婦人に化ける。 “ダウトファイア” という名前の由来は、ダニエルが面接申し込みの電話中に妻から名前を聞かれたとき、偶然目にした新聞に放火の疑い(Doubt Fire:ダウトファイア)の記事からとっさに名乗ってしまったためである。ミセス・ダウトファイアとして生活する時は周りからは品格がある女性として好印象だが、失敗をしてダニエルの地が出るたびに強烈でユーモラスな印象を残す。ダウトファイアに変身してからはこれまでの自堕落な生活を一新して家事全般と子供の宿題や勉強に対して厳格になっていく、当初は今までのだらしない生活が災いしてか料理はおろか部屋の掃除すらままならない様であったが、家政婦としての役を追及していくうちに料理や家事を一から勉強していき、家族に無くてはならない存在へとなって行く。
ミランダ・ヒラード
ダニエルの妻でインテリアデザイナー。何事も深刻に考える性格で仕事が多忙なためヒステリックに成りがち、ダニエルとは結婚時は仲が良かったが仕事を失業してだらしない生活をしていく夫に我慢を抑えきれずに離婚の意思を告げる。離婚後も職がなくだらしなく生活を送っている夫に対して子供を遠ざけていた。家政婦の面接の際、家庭の事情を見抜いていたダウトファイアにすぐに好印象を持ち採用する。ダウトファイアが来てからは生活が楽になっていき次第に笑顔を取り戻していく。
スチュワート・ダンマイア
やり手のビジネスマン。ニックネームは「スチュー」。ミランダの大学時代の恋人。仕事でミランダと再会し再び付き合い始める。二枚目で全く非の打ち所がなく。家族に溶け込んで行くスチューにダニエルは劣等感を感じながらライバル視をし、ミセス・ダウトの姿を利用して嫌がらせを始める。当初は表と裏のある二枚舌な悪役として脚本に書かれていたが、監督が悪役にしたら作品に説得力が持てないと考え、ダニエルと対照的な聖人君子へと徹底的に書き換えられた。
フランク
ダニエルの兄。映画業界のメイキャップアーティスト。典型的なお姉系でありダニエルが女装する際、とても喜んでいた。フランクいわくダウトファイアは母親にソックリである。
ジョナサン・ランディ社長
ダニエルが雇われることになった放送局の社長。長年放送している子供番組視聴率が低いことに悩んでいる。
グロリア・チェイニー
ヒラード家の隣人。ダニエルとは犬猿の仲で、派手な誕生パーティをミランダに苦情をだしてして離婚の原因を作る。未公開シーンではガーデニングを趣味にしており、家族を奪われたダニエルは腹いせにミセスダウトに扮した際に肥料にとんでもない助言をして園芸を全て台無しにする羽目になる。
リディア・ヒラード
ダニエルの娘。長女。しっかり者で、父親のダニエルの事を心配しながら、離婚を告げたミランダを憎んでいた。離婚が原因で反抗的になりミセス・ダウトにさえも当初は冷たく当たっていた。
クリス・ヒラード
ダニエルの息子。サッカーが好き。勉強嫌いで成績が悪い事をミランダから心配されている。
ナタリー・ヒラード
ダニエルの娘。『スチュアート・リトル』の絵本が好きで、寝る前にダニエルに読んでもらうことを楽しみにしている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日 フジテレビ
ダニエル・ヒラード/ミセス・ダウトファイア ロビン・ウィリアムズ 山寺宏一 江原正士
ミランダ・ヒラード サリー・フィールド 小山茉美 佐々木優子 一城みゆ希
スチュワート・ダンマイア ピアース・ブロスナン 堀秀行 堀内賢雄 有本欽隆
フランク ハーヴェイ・ファイアスタイン 渡部猛 島香裕 玄田哲章
ジョナサン・ランディ社長 ロバート・プロスキー 阪脩 川久保潔 富田耕生
グロリア・チェイニー ポリー・ホリデイ 島美弥子
リディア・ヒラード リサ・ジャクブ 伊藤美紀 坂本真綾 渡辺美佐
クリス・ヒラード マシュー・ローレンス 石田彰 結城比呂 佐々木望
ナタリー・ヒラード マーラ・ウィルソン 渡辺菜生子 こおろぎさとみ 池上麻里子
家庭訪問員セルナー アン・ヘイニー 矢野陽子 京田尚子

リメイク[編集]

1998年にインドでChachi 420というタイトルでリメイクされた。主演はKamal Hassan(カマル・ハサーン)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]