ヒンディー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ヒンディー語
हिन्दी
[hɪndiː]
話される国 インドの旗 インド
地域 南アジア
話者数 約5億人
話者数の順位 3-4
言語系統
表記体系 デーヴァナーガリー
公的地位
公用語 インドの旗 インド
統制機関 中央ヒンディー語理事会
言語コード
ISO 639-1 hi
ISO 639-2 hin
ISO 639-3 hin
Hindispeakers.png
話者分布(広義)
テンプレートを表示

ヒンディー語ヒンディー (हिन्दी) は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている。準公用語は英語。インドで最も多くの人に話されており、話者の数は約5億人に上る。日常会話の話者数では中国語の約14億人、英語の約5億1000万人に続き、世界で3番目に多くの人に話されている言語。

名詞は男性名詞と女性名詞から成る[1]

言語名[編集]

原語においては「ヒンディー (Hindi)」のみで言語を表すため、「語」を付する必要はないとも言えるが、カテゴリーを明示する日本語の慣習通り「ヒンディー語」と呼んでいる。その一方で、宗教を表す「ヒンドゥー」を用いた「ヒンドゥー語」という表記は不適切な用法であるといえる。日本語でインドの言語を表記する場合は一般に、サンスクリット以外は○○語、またはインド・アーリア語派では○○ィー語と書かれる。

なお、「ヒンドゥー」も「ヒンディー」も「ヒンド (Hind)」の形容詞形である。本来「ヒンド」とはペルシア(現在のイラン)の側からインダス河対岸一帯を指した地域名であったが、現在ではその実体は失われ、「ヒンドゥスタン (Hindustan)」(=「ヒンドの土地」の意)などの派生語が残るのみである。

系統と歴史[編集]

インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派に分類される。

隣国ネパールで話されるネパール語、及びインド国内とパキスタンで話されているウルドゥー語などとも近縁関係にあり、特に後者とは基本的な語彙や文法がほぼ共通しており、言語学的には同一の言語の変種である。そのため大抵の場合それぞれ互いに通じる。

歴史的にはサンスクリットプラークリットといった古典言語にアラビア語ペルシア語系の語彙が極めて大量に加わって成立したヒンドゥスターニー語ヒンディー語の前身であり、19世紀頃にウルドゥー語と不完全ながらも分化している(ウルドゥー語がさらに多くのアラビア語ペルシア語系の高級語彙を取り入れたのに対し、ヒンディー語は一定程度のアラビア語ペルシア語系の高級語彙をサンスクリット由来の高級語彙で置換させて成立した。ただし、基本語彙まで全て排除することは不可能であるので、現在でもヒンディー語にはかなり多くのアラビア語ペルシア語の語彙が残存する)。ヒンドゥスターニー語を構成する大きな要素であるアラビア語ペルシア語サンスクリットは全て古典語として洗練された言葉であり、高級語彙を提供しうる言語であったこともこのような分離が成功した要因である。但し政治的、宗教的な場を除く日常生活では、インドとパキスタンの庶民ともに実際は両言語の混交したものを使用しており、現代のそれらを総称してヒンドゥスターニー語と呼ぶこともある。

現代ヒンディー語インド英語とも影響し合って変化を続けている。

多言語国家のインドでは、インドの全公用語をヒンディー語とする運動を進めているが、別種の語族である南部のドラヴィダ語族が反発している。反対運動にともない死者を出す騒動も発生するなど、言語の統一の実現性は乏しい。

変種
  • 東ヒンディー語:ヒンディー語の主要方言の1つ。正統なヒンディー語とされており、ウッタル・プラデーシュ州を中心に話者人口も多い。
  • 西ヒンディー語:ヒンディー語の主要方言の1つ。東ヒンディー語よりも話者人口は少ないが、首都ニューデリーを含む地域で話されているため、その影響力は小さくない。

方言[編集]

文字[編集]

 The word हिन्दी
デーヴァナーガリー文字による「ヒンディー」

表記には主にデーヴァナーガリー文字が用いられる。インド国内の公共表示では英語アルファベットに準じたラテン文字表記も併用されることが多く、これはアラビア文字で表記されるウルドゥー語の話者と文書で意思疎通する際などにも多く用いられる。また、インド料理店などにおいて、ラテン文字をデーヴァナーガリー文字風に飾り付けした文字フォントが使われることもある。

デーヴァナーガリー文字での表記[編集]

ここでは、IAST京都・ハーバード方式による転写を併記する。

母音
अ 無 a आ ा ā, aa इ ि i ई ी ī, ii उ ु u ऊ ू ū, uu ऋ ृ ṛ, R ॠ ॄ ṝ, RR
ऌ ॢ ḷ, L ॡ ॣ ḹ, LL ए े e ऐ ै ai ओ ो o औ ौ au 無 ं -ṃ, -M 無 ः -ḥ, -H
  • 表内の左側が母音字(子音が伴わない)、右側が母音記号(子音に付属、M・Hは子音もしくは母音に付属)とする。
子音
無声・無気 無声・帯気 有声・無気 有声・帯気 鼻音
軟口蓋音 क ka ख kha ग ga घ gha ङ ṅa, Ga
硬口蓋音 च ca छ cha ज ja झ jha ञ ña, Ja
反舌音 ṭa, Ta ठ ṭha, Tha ड ḍa, Da ढ ḍha, Dha ण ṇa, Na
歯音 त ta थ tha द da ध dha न na
舌音 प pa फ pha ब ba भ bha म ma
半母音 य ya र ra ल la व va
歯擦音 श śa, za ष ṣa, Sa स sa
気音 ह ha

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]