キッズ・オールライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キッズ・オールライト
The Kids Are All Right
監督 リサ・チョロデンコ
脚本 リサ・チョロデンコ
スチュアート・ブルムバーグ
製作 ゲイリー・ギルバート
ジョーダン・ホロヴィッツ
ジェフリー・レヴィ=ヒント
セリーヌ・ラトレイ
ダニエラ・タップリン・ランドバーグ
製作総指揮 J・トッド・ハリス
フィリップ・ヘルマン
ニール・カッツ
リヴァ・マルケル
アン・オシェイ
アンディ・ソーヤー
スティーヴン・サクストン
クリスティ・スコット・キャッシュマン
ロナルド・スタイン
音楽 カーター・バーウェル
ネイサン・ラーソン
クレイグ・ウェドレン
撮影 イゴール・ジャデュー=リロ
編集 ジェフリー・M・ワーナー
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年1月25日
(第26回サンダンス映画祭
ドイツの旗 2010年2月17日
第60回ベルリン国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2010年7月9日
(限定公開)
日本の旗 2011年4月29日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000[1]
興行収入 $34,705,850[1]
テンプレートを表示

キッズ・オールライト』(原題: The Kids Are All Right)は、2010年公開のアメリカ合衆国の映画である。

ストーリー[編集]

カリフォルニアに、レズビアンカップルと二人の子供たちで構成されたファミリーが暮らしていた。 ある日子供たちが、ふたりの母親に精子を提供した男性に会いに行ったことで、 家族に崩壊の危機が訪れる。

キャスト[編集]

製作[編集]

2004年後半にリサ・チョロデンコとスチュアート・ブルムバーグによる脚本執筆が始まった[2]。主要撮影は2009年7月にロサンゼルスで行われ、23日間で完了した[3][4][5]。製作費は400万ドルである[1]

公開と反応[編集]

2010年1月25日にサンダンス映画祭で上映されて好評を得て[6][7][8]、その数日後にフォーカス・フィーチャーズが480万ドルで配給権を手に入れた[9]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは、95%(190名中10名)の評論家が本作に肯定的な評価を下し、また平均点は10点満点で7.9点となった[10]Metacriticでの39のレビューのうち好意的なものが35で、平均点は100点満点中86点となった[11]

興行成績[編集]

2010年7月9日に北米7館で限定公開され、初週末に49万1971ドルを稼いだ[1]。最終的に994館まで拡大公開された[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e The Kids Are All Right (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年5月2日閲覧。
  2. ^ Horn, John (2010年6月17日). “'The Kids Are All Right' is an appropriate opener for the Los Angeles Film Festival” (英語). Los Angeles Times. 2010年6月17日閲覧。
  3. ^ Arguelles, Alannah (2010年7月2日). “All in the Family at The Kids Are All Right Premiere” (英語). Vanity Fair. http://www.vanityfair.com/online/daily/2010/07/last-night-on-houston-street.html 2010年7月2日閲覧。 
  4. ^ Phillips, Michael (2010年6月25日). “The woman behind 'The Kids Are All Right'” (英語). Chicago Tribune. http://articles.chicagotribune.com/2010-06-25/features/ct-ae-0627-lisa-cholodenko-20100625_1_high-art-tongue-story/3 2010年6月29日閲覧。 
  5. ^ Douglas, Edward (2010年7月6日). “Exclusive: The Kids Are All Right Director Lisa Cholodenko” (英語). ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=67453 2010年7月6日閲覧。 
  6. ^ O'Hehir, Andrew (2010年1月26日). “Sundance, "The Kids Are All Right": Scenes from a lesbian marriage”. Salon.com. http://www.salon.com/ent/movies/film_salon/2010/01/26/kids_are_all_right/index.html 2010年2月6日閲覧。 
  7. ^ Zeitchik, Steven (2010年1月26日). “Sundance 2010: 'The Kids Are All Right' becomes a Sundance sensation”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/movies/2010/01/sundance-2010-the-kids-are-all-right-becomes-a-sundance-sensation.html 2010年2月6日閲覧。 
  8. ^ Schwartzbaum, Lisa (2010年1月30日). “Sundance: 'The Kids Are All Right,' 'Winter's Bone,' and films from around the world”. Entertainment Weekly. http://movie-critics.ew.com/2010/01/30/sundance-the-kids-are-all-right-winters-bone-and-films-from-around-the-world/ 2010年2月6日閲覧。 
  9. ^ Swart, Sharon (2010年1月28日). “Flurry of deals take fest to finish”. バラエティ (アメリカ合衆国の雑誌). http://www.variety.com/article/VR1118014425.html?categoryid=13&cs=1 2010年2月6日閲覧。 
  10. ^ The Kids Are All Right Movie Reviews, Pictures” (英語). Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2010年12月4日閲覧。
  11. ^ The Kids Are All Right reviews at Metacritic.com” (英語). Metacritic. CBS Interactive. 2010年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]