魅惑の巴里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魅惑の巴里
Les Girls
監督 ジョージ・キューカー
脚本 ジョン・パトリック
原案 ヴェラ・キャスパリー
製作 ソル・C・シーゲル[1]
出演者 ジーン・ケリー
ミッツィ・ゲイナー
ケイ・ケンドール
タイナ・エルグ
音楽 コール・ポーター[2]
アドルフ・ドイッチェ(編曲・指揮)[2]
ソウル・チャップリン[1]
撮影 ロバート・サーティース
編集 フェリス・ウェブスター
製作会社 ソル・C・シーゲル・プロダクションズ
MGM
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年10月3日
日本の旗 1958年4月6日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

魅惑の巴里』(みわくのパリ、Les Girls)は1957年アメリカ合衆国ミュージカルコメディ映画

第15回(1957年)ゴールデングローブ賞作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ケイ・ケンドール)を受賞した他、第30回アカデミー賞ではデザイン賞オーリー・ケリー)を受賞した。

黒澤明の映画『羅生門』(1950年)と同様に、一連の事象が複数の登場人物それぞれの視点で語られる形式である[3]

ストーリー[編集]

元踊り子で現在はジェラルド・レン卿の夫人となったシビルが、かつての仲間だった元踊り子アンジェルに名誉毀損で訴えられる。理由は、シビルが自分の踊り子時代を綴った暴露本に、アンジェルについて事実無根の内容が書かれているからというもの。裁判でシビルとアンジェルの主張は真っ向から対立する。シビルは、アンジェルが現在の夫ピエールと婚約中だったにもかかわらず、座長でダンサーだったバリーと恋仲になり、三角関係のもつれでガス自殺を図ったと主張。一方アンジェルは、バリーと恋仲だったのはシビルであり、ガス自殺を図ったのもシビルであると主張する。

そんな中、3人目の証人としてバリーが現れ、シビルの主張もアンジェルの主張もどちらも正確ではないとし、シビルと結婚したいレン卿と、アンジェルと結婚したいピエールと3人で結託していた事実を明らかにする。それはバリーが重い心臓病を患っているふりをすることで、かねてより想いを寄せていた踊り子ジョイの気を引き、一方シビルとアンジェルに対しては、重い病のバリーを休ませるためという理由で一座を彼女たちの意思で自発的に解散させることで、結婚に至らせようというものだった。まんまと騙された3人とバリーの4人はサヨナラパーティを開く。そしてバリーは首尾よくジョイを自分の部屋に連れ込んで2人切りになるが、なかなか自分になびかないジョイに病気のふりをしていた事実をしゃべってしまう。怒って出て行くジョイを追って、パーティをした部屋に戻ると、そこにはガス管が外れたために中毒になったシビルとアンジェルが倒れていた。2人を病院に連れて行き、そのまま別れたが、そのことで2人がどちらも相手が自殺を図ったのだと思い込んだのだろうとバリーは証言する。

裁判はアンジェル側の告訴取り下げで終了し、シビルとアンジェルは仲直りをする。そんな2人を横目に帰途に着くバリーが乗り込んだ車にはバリーの妻となったジョイがいた。しかし、ジョイは一連の裁判で明かされたシビルとアンジェルの話があながち嘘ではないのではないかとバリーを冗談めかして責める。3者3様の物語の何が真実かは当人のみぞ知る。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b クレジットなし。Les Girls (1957) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2013年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 魅惑の巴里”. KINENOTE. 2013年1月22日閲覧。
  3. ^ Les Girls (1957) - Plot Summary” (英語). IMDb. 2013年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]