ムーラン・ルージュ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムーラン・ルージュ
Moulin Rouge!
監督 バズ・ラーマン
脚本 クレイグ・ピアース
バズ・ラーマン
製作 フレッド・バロン
マーティン・ブラウン
バズ・ラーマン
出演者 ユアン・マクレガー
ニコール・キッドマン
音楽 クレイグ・アームストロング
マリウス・デ・ヴリーズ
スティーヴ・ヒッチコック
撮影 ドナルド・M・マカルパイン
編集 ジル・ビルコック
配給 20世紀フォックス
公開 オーストラリアの旗 2001年5月24日
日本の旗 2001年11月23日
上映時間 127分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $179,213,434[1]
テンプレートを表示

ムーラン・ルージュ』(Moulin Rouge!)は、2001年製作のアメリカ映画バズ・ラーマン監督。ラブ・ストーリーであり、ミュージカル映画

パリにあるキャバレームーラン・ルージュ」を舞台に、踊り子と若き作家のラブストーリーが、ビートルズエルトン・ジョンマドンナなどの曲に乗せてつづられる。

目まぐるしい映像と、有名な楽曲の使い方に関して好き嫌いが分かれるが、主演二人(ニコール・キッドマンユアン・マクレガー)の吹き替えなしの歌と、豪華なセット・衣装が話題になった。

キャッチコピーは「ふたりの愛、ひとつの運命。」「パリ、1899年この街で、最も愛された一人の女… 彼女の名はサティーン」

ストーリー[編集]

イギリスの上流階級出身の作家志望クリスチャン(ユアン・マグレガー)は、父親に反対されながらもボヘミアンな世界に憧れて華の都パリモンマルトルに出てきた。モンマルトル一角の安宿に部屋を取り、自由と愛についての物語を書こうと試みるが、いざ書こうとすると物語に出来るような恋愛経験が無い事に気付き、クリスチャンは途方に暮れた。

その時、天井を突き破って意識を失ったアルゼンチン人が落ちてくる。驚愕して穴の開いた天井を見上げると、キャバレームーラン・ルージュに雇われている作家のオードリーや新進気鋭の画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック達がクリスチャンの部屋を覗き込んでいた。オードリー達はアルゼンチン人の様子はどうだ、明日までの原稿は完成するのかと大騒ぎ。トゥールーズ=ロートレック達は、オーナーのジドラーが電飾に凝りすぎたせいで経営が傾いた「ムーラン・ルージュ」の新たなパトロンを見つけるために新しい舞台を考えていたが、披露する歌の歌詞が決まらず、喧々諤々の状態だった。セットの上で彼らのやり取りを見守っていたクリスチャンは、思わず知らずのうちに、彼らが披露するつもりであるショーに完全にマッチした歌を披露した。トゥールーズ=ロートレックらはこれほど完璧な歌を書ける人間はいないと絶賛し、オードリーに彼と一緒に歌を書いてくれないかと頼んだが、オードリーは見ず知らずの新人と一緒に書くことを拒否し出て行ってしまう。

これでクリスチャンを仲間に入れる障害がなくなったと見たトゥールーズ=ロートレック達は、クリスチャンにアルゼンチン人が持っている最高のスーツを着せて、ムーラン・ルージュの花形スターであるサティーンに取り込んで、オーナーのジドラーにクリスチャンを認めさせる計画を立てる。かくしてクリスチャンはトゥールーズ=ロートレック達と共に歌を書く事になった。クリスチャンは生まれて初めてアブサンを飲み、完全な酩酊状態でムーラン・ルージュのショーにもぐりこむことになった。

ムーラン・ルージュでは多くの着飾ったカンカンダンサーがショーを盛り上げ、そしてトリは勿論、花形スターのサティーン(ニコール・キッドマン)だった。サティーンは自分を本当の女優にしてくれると約束している公爵と二人きりで会うことを心待ちにしていたが、ちょっとした手違いから、クリスチャンを公爵だと勘違いしてしまう。クリスチャンはサティーンの目の前で自作の詩を朗読し、二人は恋に落ちてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サティーン ニコール・キッドマン 鈴木ほのか
クリスチャン ユアン・マクレガー 宮本充
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ジョン・レグイザモ 家中宏
ハロルド・ジドラー ジム・ブロードベント 辻萬長
ウースター公爵 リチャード・ロクスバーグ 山路和弘
ナルコレプシーのアルゼンチン人 ジャセック・コーマン
ニニ キャロライン・オコナー
オードリー デビッド・ウェナム
アブサンの妖精 カイリー・ミノーグ
アブサンの妖精(笑い声) オジー・オズボーン
マリー ケリー・ウォーカー 谷育子
ショコラ デオビア・オパレイ

メモ[編集]

劇中の主人公2人とその恋物語は『椿姫』や『ラ・ボエーム』などを元に創作されたが、ハロルド・ジドラーアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックエリック・サティ、キャバレー唯一の黒人男性ル・ショコラ、空中足のニニなどは実在した人物である。キャラクタの他にも、舞台や衣装は当時の写真や絵画を元に制作された。

音楽[編集]

ロマンティックで緩急に富んだ音楽はフィギュアスケートなどで使用されることが多く、高橋大輔キム・ヨナが公式大会のショートプログラムやエキシビジョン、アイスショーなどで使用したことがある。またファットボーイ・スリムの『Because We Can』は『M-1グランプリ』の出囃子や、阪神タイガース赤星憲広選手の入場テーマで使用されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Moulin Rouge!”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]